取り戻せる税金は取り戻そう!医療費控除お助けガイド

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

確定申告の時期ですね。

どんな人でも病気や怪我で病院のお世話になる可能性はある!去年は沢山お世話になりました・・・という方、医療費控除で税金が返ってくるかもしれません。

・医療費控除ってどういう仕組み?

・市販の薬は対象になる?

・レーシックしたら?

・人間ドックや検診の費用は?

・病院に行く時の交通費は?

等、医療費控除の疑問を解決するようなQAを集めました。

医療費控除って、医療費がもどってくるの? どういう仕組み?

医療費は戻ってはきません

10万円を越えた医療費にかかっていた所得税を免除するだけです

源泉徴収票を見て 所得税額がゼロでなければ還付の可能性はあります

平成24年1月1日から12月31日に支払った医療費の請求書を整理してください
その合計が10万を超えていれば、その支払を一覧表にして整理した領収書と対応できるようにします
そして確定申告書作成です
国税庁のサイトの確定申告書作成ページで紙の申告書作成(e-taxではない)を選択し、必要事項を入力します ほとんどは源泉徴収票の転記です
医療費控除の項目に前記の支払った医療費の総額を記入します
それで 所得税額が計算され農夫済みの額と精算され還付額が表示されます
あとは 住所氏名や還付金を振り込む口座を入力し 印刷します
それに源泉徴収票と領収書を貼付し、税務署に郵送するだけです(持参してもかまいません)
控えの用紙と切手を貼った返信用の封筒を同封すれば受理印を押して返送してくれます

なお還付の申告ですので、確定申告の期日には制約されません、5年以内ならいつでも可能です

医療費控除
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

 医療費控除は税控除のひとつです。
 医療費ー10万=医療費控除額

 医療費控除額×所得税率 が還付される税金の額です。
 ですから、税率が高い(収入が多い)人ほど還付金は多くなります。

 10万円ぎりぎりの場合、例えば105000円だった場合、控除額は5000円となり税率が10パーセントなら500円ということになります。

 医療費控除の申請は、ご質問のとおり、1月1日から12月31日までを区切りとして計算します。
 ○年分、○年分と年毎の申請になります。

 面倒くさいように思いますが、慣れてしまえば簡単です。
 国税局のHPから申告書を作成しておいて、まとめてプリントアウトするようにすると、良いと思いますよ
 https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm

 書面提出にすれば、カードリーダーなども必要ありません。

 ちなみに、確定申告期間は2月16日から3月15日が原則なのですが、還付申告(税金が戻る場合)は、1月4日から(土・日は除く)受け付けています。

5年間、大丈夫だそうです。漏れがないようにしたいですね。

市販の薬は何が対象になるの?レシートはいる?

・医薬品の購入費用は、医師の処方や指示がなくても医療費控除の対象となります。
 インフルエンザ予防接種や酔い止め等の予防薬に該当するものはだめです。
 目薬は治療目的ならOK(リフレッシュする目的のはだめ)

・交通費はメモを控えておけばOKです

・置き薬は厳密に言えばだめですが、よく使うのならいいのでは?(もちろん治療目的用の薬に限る)

・レシートをなくしたらメモで代用しましょう

最終的に判断するのは税務署なので申告して判断を任せてみてもいいかもしれません。

NO3です。

 レシートと領収書について。

 要は、医療費の証明書類ですので、レシートであっても、必要な項目が記載されていれば大丈夫です。

 医薬品に関しては、販売者(店)、品名(医薬品と判断できる)、購入年月日、金額 がわかるものです。
 例えば、レシートに「きゅうり」と表示してあればよいけれども、「お買い得品」などではだめですよということです。
 反対に領収書でも、「医薬品その他」などと書いてあると認められないことがあります。

 また、介護用のオムツについては、誰が使用しているか名前を記載されているものでなければなりませんので、レシートでは不可になってしまうということになります。

まずは、しっかりと取っておくのが吉のようです。

レーシックは対象になる?

レーシックは医療費控除の対象になりますか?

昨年レーシック施術を受けたのですが、レーシックは医療費控除の対象になりますか? クリニックさんに聞く質問ではないかもしれませんが…。もうすぐ確定申告ですし、ちゃんとした知識を持っておきたいので、教えていただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

レーシックは、眼の機能を医学的な方法で正常な状態に回復させるものであり、それに係る費用は、医師の診療又は治療の対価と認められますので、医療費控除の対象となります。

参考URLは、国税局の「医療費控除」が説明されているページです。
申請される際には、領収書が必要になります。

お高いですから、助かりますね。

人間ドックや検診にかかった費用は?

医療費控除の対象になりません。
いわゆる人間ドックその他の健康診断は疾病の治療を伴うものではないので、その人間ドック等の費用は、医療費控除の対象とはなりません。
  ただし、健康診断の結果、重大な疾病が発見され、引き続きその疾病の治療を行った場合には、その健康診断は、治療に先立って行われる診察と同様に考えることができますので、その健康診断のための費用も、医療費控除の対象に含まれます(所得税基本通達73-4)。

ドック費用そのものは「予防のための検査」だから「治療ではない」ので医療費控除の対象外です。
ただし、その検査がそのまま治療に繋がった場合には医療費控除額にいれましょう。というわけです。
次回の検査時にはこのメニューも入れるようにというのは、治療が始まったわけではないので、対象外でしょうね。
継続検査を支持された項目のみを再検査した場合は医療費控除対象だと思います。
他に回答がされて、どう回答されるかを待ちたいところですね。

ところで、医療費控除については年を経て考え方が変わってるのは、周知のとおりです。
かっては「妊娠、出産は病気ではないので、医療費控除の対象に元々ならない、異常分娩のときにどうのこうの」という話でしたが、現在は「全部、オッケー」です。
そのうちに人間ドック費用も医療費控除の対象になるのでないかと思います。

 歯科医への定期検査の受診費用は人間ドックと同じ扱いになり、そこで虫歯が見つかったような場合には医療費に入れることができます。
 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122_qa.htm#q1
 歯の矯正などは対象になる場合とならない場合があります。

 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

治療に結びつかない時は、駄目なようです。


歯科矯正も、内容をよくチェックする必要がありそうですね。

病院に行った交通費は?

あなたの病状などから考えて、
1人で通院することが危険なときには、
あなたの交通費のほかに付き添いの介助者の交通費についても、
「通常必要である」と認められれば、医療費控除の対象になります。

遠隔地に通院する場合は、
「そこの病院でなければ、どうしても必要な治療ができない」など、
「特殊な治療が必要である」という理由が認められれば、
これも医療費控除の対象になります。
しかし、近所の病院でも治療が可能であるのにもかかわらず、
わざわざ遠隔地に通院しているような場合には、認められません。

そのほか、かかりつけのお医者さんに至急で往診してもらい、
たとえば、往診してもらった時間が深夜などで、
お医者さんがタクシーを使わざるを得なかったような場合には、
そのタクシー代をあなたが負担した場合は、医療費控除の対象です。

一方、自家用車(あなた自身の車、あなたが運転する車)の場合、
通院の際のガソリン代や駐車場代は、医療費控除の対象になりません。
「通院に関係して誰かに何かをしてもらい、その費用を払った」場合に
その費用が医療費控除の対象となるのですが、
ガソリン代も駐車場代も
「誰かに何かをしてもらった」というわけではないからです。
近所の人や知り合いの人の車に乗せてもらった、
というようなときも同じです。

どうしても、という納得できる理由がある場合は、大丈夫だそうです。

人工妊娠中絶の場合は

医療費控除

去年人工中絶をしたので、確定申告で医療費控除をしようと思っているのですが、人工中絶でも医療費控除はうけれますか?手術代金は保険適用外で自費です。

妊娠中絶の場合は母体保護法により医師の認定があり行われた場合に医療費控除の対象となります。

医師が必要と認めた場合、認められるようです。

インフルエンザの予防接種は?

インフルエンザの予防接種代金は医療費控除の対象になるのでしょうか?

インフルエンザの予防接種代金は医療費控除の対象になるのでしょうか?

治療目的の医療費だけが控除対象なので、予防は対象外です。

ただし、何らかの病気で治療中で体が弱っており、万一インフルエンザにかかると死んでしまうとかの恐れがあるという医師の指示の元での予防接種だと、その病気の治療の一環と認められるかもしれません。

残念ながら、予防に関しては対象外みたいです。

まとめ

戻ってくるお金は、しっかりと取り戻しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ