生活保護を受けると 車の所有はどうなるの?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1254
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by love-syoko
「生活保護」は「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するための制度です。その概要はよく知られていますので、ここでは「車の所有」についてまとめてみたいと思います。

STEP1

車の所有については、行政間のばらつきがありますので一概にはいえませんが、原則として所有が禁止されています。
また、他人の車を運転することもできなくなります。(私の市の場合)

STEP2

その理由は、車に必要な経費や交通事故を起こした場合の補償などが関係してくるからです。
ちなみに、生活保護費には、生活・教育・住宅・医療・介護・出産・生業・葬祭の8種類の扶助がありますが、車を所有するための費用は対象外になります。 

STEP3

ただし、費用面の扶助はありませんが、車の所有が認められる場合もあります。

たとえば、自営業に使用する場合や障害者(障がい者)の通勤用として使用する場合などです。(私の市の場合)

また、公共交通機関利用の困難な地域に住んでいる場合や、通勤に不便な地域にある職場の場合、夜勤の場合にも車の所有が認められるなどがあります。

そのほか、125cc以下のオートバイや原付も日常生活用品としてテレビ等と同様に所有が認められています。もちろん、自立を促すためという目的があってのことです。

まとめ

一部の心ない人による不正受給があるために、ほんとうに生活保護が必要な人が遠慮してしまうという深刻な事態になっています。

車の所有も含め、生活上での心配事は、管轄内の福祉事務所に遠慮なく照会することをお勧めします。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ