絵本の選び方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子供に絵本を読み聞かせたい、絵本によって感性を磨いてあげたい。 そう思う親の心は共通ですね。 でもいざ絵本を買おうと書店へ行っても、たくさんありすぎて、どれがいいのかわからない。 そんな経験、ありませんか?

STEP1◎絵本の選び方

 
まずは絵本の選び方ですが、基本的に、まず自分が好きな本(お話)であることを基準にします。
とはいえ、好きな本なら何でもよいという訳にはいかないようです。

STEP2◎絵本の評価

 
自分の絵本に対する見方を高めるには、出来るだけ多くの絵本を知る必要があります。
評価をする自分自身の一人よがりにならないためには、感性とともに、良いものをみきわめる能力を養い、優れた絵本に数多く接するという経験が大切でしょう。

具体的には、幾世代にもわたって読みつがれてきた古典的なものや、評価の定まった絵本にふれることにより、よい絵本というものについての知識や感性を養うことができるでしょう。
新しい本を評価する際も、それを優れた絵本と比べてみると良いでしょう。

STEP3◎絵本の見方

① 本の外観・・・紙質、印刷、大きさ、装丁、造本、形態、などの適否
② 内容やテーマ・・・子どもの経験を広げることのできるもの、
           子どもの生活経験に近いものなど。
③ 表現・・・子どもに適切な方法で内容が提示されているか。文章と絵の一体化。
        絵の連続性。 簡潔でわかりやすい文章、絵など。
④ 構成・・・起承転結。簡潔性。同じような出来事が少しずつ変化をつけて繰り返され、
       そこにリズム感がある。
⑤ 本を作る側の姿勢・・・出版社・作家
⑥ 子どもの反応内容の正確なもの
⑦ 子どもの理解できる範囲のもの
⑧ 子どもが理解できるように表現されているもの
⑨ 子どもに興味をもたせるような工夫がされているもの

STEP4◎子どもにすすめたくない本

①古典、名作のダイジェスト版
②昔話、民話のいいかげんなもの

STEP5★以上を踏まえて選ぶポイント

① 遠目が効くこと
  本の大きさ、絵柄の大きさに留意し、
  最後の列の子どもも見えるかどうか、前もって離れて見ておく。

② 文と絵の割合が良いこと
  ひとつの絵に対して文の量が多すぎないこと。
  一場面に対する文の量はできるだけ少なく、
  子どもの心の動きと場面の変化のペースがあっていること。

③ 場面割が適切であること。
④ 見開きに一場面が望ましい。
⑤ 上記の条件を満たした上で、読み手が好きな本。

まとめ

自分が選んだ中から、子供が特に気に入ったものを購入すると きっと宝物になっていくことでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ