「駐車違反」と気になる「反則金」とは!?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「ちょっとそこまでだから」とか「みんな止めているからいいじゃないか」という、そういう安易な気持ちで「駐車違反」をすると「反則金」を取られます。それどころか、違法駐車の車が原因で、思わぬトラブルを引き起こすかも! ここでは、駐車違反と気になる反則金について要点をまとめてみました。

STEP1まず「駐車」と「停車」の違いについて考えてみましょう。

「駐車」とは、運転手が車の近くにいないため、すぐに車を移動できない状態のことをいいます。ただし、車の近くにいても荷物の積み降ろしに5分を超える場合も対象になります。

「停車」とは、運転手が車の近くにいるため、すぐに車を移動させることが可能な状態のことをいいます。5分以内に完了する荷物の積み降ろしも対象になります。

これらのことから、より厳しいのは「停車」ということがわかりますね。

STEP2

「駐車違反」には「駐停車禁止場所等」と「駐車禁止場所等」の2種類があり、反則金にも反映されます。もちろん「駐停車禁止場所等」へ止めた場合の反則金のほうが割高になります。
また、車両の種類によっても、反則金が変わってきます。車両の種類・駐停車禁止場所等・駐車禁止場所等 の順に列記すると、次のようになります。

大型自動車・25,000円・21,000円
普通自動車・18,000円・15,000円
自動二輪・原付・10,000円・9,000円

STEP3

駐車違反の対象になる場所は「駐停車禁止」「駐車禁止」の標識や看板などがある場所です。

それらの標識や看板などがある場所でも、一定の条件を満たす場合は「駐車禁止除外指定車標章」の提示がある車の駐車は許可されます。標章をもたない人が「この車も止めてあるから、だいじょうぶだろう」と群集心理を働かせると反則金の対象になりますので、絶対に止めないでください。

また、高齢者や障害者(障がい者)、妊産婦などを対象とした「専用場所駐車標章」のある場所へ止めると、反則金はそれぞれ2,000円加算されます。

まとめ

ドライバーのマナーを守ることが大切です。 見つかる・見つからないの問題ではなく、安易な行動で他人に迷惑を掛けていることもあるのです。 また、公道以外の場所、たとえばスーパーなどの障害者用スペースは法的措置の対象にはなりませんが、他の駐車スペースの有無にかかわらず、安易な利用は絶対に避けてくださいね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

ドライバーとしての自覚

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ