玉の輿に乗る人はどんな人!?実際にあった玉の輿エピソード!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

1月20日は「玉の輿の日」です!

玉の輿にのれる人なんているの!?と疑いたくなりますが、Q&Aにはたくさんの玉の輿エピソードが!うらやましいですね!

玉の輿の由来

玉の輿の由来に1つとされているのは
5代将軍綱吉の生母桂昌院から取られているといいます。
この桂昌院は若い頃お玉という名で
八百屋の娘でしたが当時の将軍家光の乳母であった
春日局に目をつけられて
また同じくその時期に家光の側室であった
お万の方の部屋子にめしあげられたのですが
お万の方に子が宿せなかったため
その部屋子から側室を出すこととなり
お玉に白羽の矢が立ったわけです。
そして無事に男の子を出産し
しかも将軍生母となったということで
お玉の輿入れで玉の輿
元の身分が低かった物が身分の高いものと結婚することで
自分の身分までもが高くなるということ

玉の輿に乗るのはどんな人?

私の知る限り、それに該当する人は以下の2つのタイプしかいません。

1)玉の輿など考えたこともなく、好きな人と結婚したら、結果周囲からは玉の輿だと言われる人。

2)玉の輿に乗るまであきらめなかった人。

いずれにも共通しているのは、美人で教養がある人(学歴関係なし)です。

玉の輿の定義?

私も年収だけではないと思います。
いわゆる、地域の名士と知り合いになれるような社交の場に参加する機会があり、ブランドの洋服を普段着にでき、ちょっとそこのスーパーに買い物行くにも高級車に乗り、子供は私立の幼稚園から行かせ、小学校ももちろん私立。習い事はバイオリンに個人レッスンの英会話。
そこで知り合った奥様方の会話に参加できるだけの上品な言葉遣いができ、ボランティアに参加するだけの心の余裕のある生活をする。
それが玉の輿の結婚だと思います。

いわゆる上流社会は現代においても存在するわけで、
そういう世界に入っていけることが条件でしょうね。

本当にいらっしゃるのか!!玉の輿に乗った方!!

私の女友達でいます。
でも、ちょっと普通の玉の輿とはパターンが違って、旦那さんははじめは普通のサラリーマンでした。
収入も、共働きでなんとかという感じでした。
実家も、両親は定年退職し、年金で暮らしていました。

ところが、結婚10年目にして、突如金持ちになったのです。
というのは、旦那さんのおじさんに、会社を経営している半端じゃない金持ちがいて、そのおじさんが余命数ヶ月のガンを宣告されたのです。
おじさんは独身で子供もおらず、後継者も育てていませんでした。
おじさんというのは、母親の兄弟らしいのですが、母親の兄弟の子供は友達の旦那さんだけでした。
そこで、突如として白羽の矢が立ったわけです。
その後、会社を継ぎ、おじさんは亡くなったそうで、今では彼女は、資産ウン百億円の社長夫人になったのでした。
彼女は、旦那さんの親戚にそんな金持ちがいるとは知らずに結婚したので、タナボタ玉の輿といったところでしょうか。

こんにちは(^-^)
私のお友達なのですが、とっても綺麗な子です。
普通の家庭で育ち私のような普通の友達を持っている…。

旅行で飛行機に乗ったとき、ホテル経営の社長さんと出会い
一目ぼれされ何度も口説かれたけど
その社長さんはハゲてて太ってて小さくて
ずっとお断りしてたんですが(^◇^;)
すごく優しい人なので押しに負けて結婚しました。

結婚式も引くほど豪華。
親族が泊まるホテルを、ひとり一棟ずつとってました。
一部屋じゃなくて一棟。
意味あんの!?って思ったけどお金持ちの思考ってちょっと変ってるのかも・・。

今はお子さんが二人います。
友達は旦那さんの愚痴はよく言っていますが案外幸せそうです。

玉の輿、やっぱり外見必須なのかも~って思います笑

こんにちは、私自身のことでもよろしいでしょうか!

はじめに、私と主人のスペックを

【私】
19歳 不細工(中・高といじめられるほど)
身長165cm ややぽっちゃり
専門学校中退(結婚したので辞めました)

【主人】
29歳 男前(待ち合わせで立っていたら逆ナンされる程度)
身長190以上 脚が長くスマート
外資系企業勤務 年収1000万円以上
バツイチ

です
出会いは、私が専門学生時代のアルバイト先です
個人経営の和食居酒屋 でしたので、社長さんとの距離がとても近く、主人は社長さんのご友人でした
私が一目惚れをし、社長さんのご協力のもと見事に成就
と言っても、はじめは10下の子供に興味はないとスルーされていました
その時主人は離婚したばかりだったらしく、女性にあまりいい印象を持ってなかったらしいです

社長さんに言われ、無理矢理LINEを教えていただきまして
返信は全くこなかったですが、それでもと送り続けていたら
ある日主人から、付き合おうとLINEがきました
私はとても嬉しくて、もちろんOK

ですが、デートは仕事が忙しいからと一度もしませんでした
私の友達に話すと「それ付き合ってるって言わない」と、みんな口をそろえて言いました
ですが私は、もともと「付き合っていると言う事実で満足するタイプ」でしたので、会えなくても幸せでした

そして、一度も会わずに6ヶ月
私の誕生日の前日に、主人からLINEがきました
内容は、私の誕生日も会えない、というものでした
普通の女性なら、この時点で嫌になるらしく、別れを切り出すはずでしたが
私は全く問題なく「わかりました、お仕事頑張ってください!」と返信しました
どんな内容であれ、相手からLINEが届くのが嬉しかったんです
いつもならそこでLINEは終了しますが、主人から「誕生日もあってくれない恋人でいいのか?」とLINEがきました
私はその時、きゃ~~~〇〇さんからLINEキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!とはしゃいだのを覚えています笑

どうやら主人は、私を諦めさそうと
わざと仕事を理由に一度も会わなかったそうです
そして、誕生日という大きなイベントにも仕事を優先し、恋人である私をないがしろにし、私から別れを切り出させるつもりだったそうで
ですが、私が普通とは違う反応をしまくってしまい、根負けしたそうです

先ほど申し上げましたが、私は付き合っていると言う事実で満足するタイプですし
LINEを知っているということでも騒いでましたし、ましてや少しずつ増えてきたLINEの返信に一人でカーニバルするくらい単純な女なので
「〇〇さんとお付き合いしているというだけで満足なんです~~~!!」と返信しました
すると、主人から電話がかかってきました
私は飛んでいきそうなくらいはしゃぎました、ジャンプしてたので翌日苦情がきました
「うほっ!〇〇さんのお声が耳元に!」とか思いながら電話に出たところ
主人は笑っていました( ´・ω・` )
主人は社長さんに、私がどうやったら諦めるかを相談したところ
付き合っている酷い男を演じろと言われたそうで、実際にやってみたそうです
ですがその時に社長さんが、それでも好きでいてくれるならほんもんやで、と言ったそうです
で、私の反応です、これで主人のハートを射止めました!笑

そこから、正式にお付き合いをはじめました
そして1ヶ月で結婚しました
母親に専門学校辞めて結婚したいと言ったところ、結婚はいいけど奨学金はどうするの?と言われました
すっかり忘れてまして、やっぱり卒業して奨学金を全部返してから結婚したいと主人にお願いをしました
すると主人は、それくらい払ってやる、と、奨学金をいっぺんに返済してくれました
なんでそんなにお金があるの?と疑問に思い、社長さんに伺うと
なんと主人は外資系企業勤務の年収1000万円以上の高スペック男性だと言うことが判明しました
離婚の理由は、そんな高スペック男性を捕まえた奥様が、私すごくいい女!と調子に乗って
家事を全くしない、ブランドものばかり買いあさり散財ばかりして、主人が愛想をつかしたそうです

私は、主人の年収や地位や名誉を気にせずに主人のことを本気で好きになりました
お金なんか関係ない!愛があればいい!あなたさえいればいいの!というスタンスでした
社長さんは、そんな私の好意を主人はとても喜んでいた
でも、バツイチの29歳と付き合うなんて、私の未来を壊すわけにはいかない、と相談を受けていたそうです

私は初めから、玉の輿をしようと思っていたわけではなく
好きになった方が、たまたまお金持ちだっただけです
去年の11月に結婚をし、今は何不自由のない専業主婦生活をしています
周りは、「無欲の勝利だね」と言います笑

以上です
とても長文ですし、素敵なエピソードでもありませんが
これが私のシンデレラストーリーです笑

玉の輿とまでは言わないかもしれませんが
友人の知り合いと食事をする事があり冗談半分に「いい人紹介してくださいよ~」と言っていたら後日連絡があり本当に紹介してくれたのが今の主人。

最初の印象は最悪で、いかにも軽そうで趣味はスノボーらしく服装も30才すぎなのに今どきの格好。
絶対に女遊びとか派手で金使いもあらそうだから貯金もないなと思い彼とは付き合うことはないと思っていたんですが何故か彼に気にいられ毎日のようにメールと電話攻めそんな彼に惹かれていって出会って2週間で「結婚して下さい」とプロポーズ。
金もなさそうな彼だったけどその頃には運命を感じていた私はOKしました。
そして彼の両親に初めてお会いするために実家を訪問した時にビックリ!!
スゴイ豪邸なんです!!そこで初めて彼の父親が某大手企業の取締役だと知りまたビックリ!
彼は勉強のため外に出て仕事をしていただけで将来はお父様の仕事を継ぐと聞いてまたまたビビックリ!!!
そういう訳で優しい両親にかわいがられ幸せな日々を過ごしています。

玉の輿ってそんなに良いですか?

玉の輿ってそんなに良いですか?

玉の輿ってそんなに良いですか?

世間の婚活している人、私の友人も含めて
玉の輿婚を目標にしている女性は多いですが、
そういう人ってお金だけが目当てなのでしょうか?
お金さえあれば、あとはどうでも良い??

勿論、お金を持っていて深い愛情も与えてくれる男性も
いるとは思いますが。
そういう方を結婚相手として探しているのでしょうか。

私の相談事なのですが、
私が今交際している彼は、経営者でありお金持ちでもあります。
実家も色んな事業を手広くやっており裕福なようです。

彼はもともと遊び好きなほうだと思います。
接待で飲み事が多いですが、クラブで気に入った子がいると
ゴルフへ行ったり、プレゼントを贈ったりしているようです。

そのことを問い詰めたりすると、逆切れしたり、
「これも仕事のうちだ」と言い切られるので喧嘩にしかなりません。

去年のクリスマスに、
私には100万ほどの時計をプレゼントしてくれました。
クラブの子にプレゼントしただろうレシートが2枚出てきました。
それぞれ10万ほど(アクセサリー)でした。

彼からすれば、
お前にはそれ以上の(高価な)ものをあげたんだから文句ないだろ?
そんな言い分だと思います。
世の中こんな男性ばかりではない事は分かっていますが、
彼自身と、彼の周りの経営者仲間も独身気分で遊んでいる方の方が
多いので
彼には罪悪感のようなものは一切ありません。それどころか、
「お前は幸せだな~」が彼の口癖です。。

その時計に気付いた私の妹や友人(既婚)は
「羨ましい~!」「さっさと結婚しちゃいなよ!」なんて言います。
(周りに彼の女性関係の話はしていません)
私が、お金があってもねぇ・・・と言うと、
「ないよりいいって!!」
「お金で喧嘩するようになるんだから!」と言います。

私も32歳なので、結婚を考えなくもないのですが、
彼の女性関係にこの先ずっと目を瞑ってまで結婚すべきなのでしょうか。

ただの遊びなだけ、と割り切れる自分もいるのですが
(私に対して愛情もくれるため)
なんとなく踏み切れない自分もいます。

私と同じような状況で、結婚された方っていらっしゃいますか?

>やっぱり既婚者の意見が正しいのかなぁ・・なんて・・。
お気持ちは分らないでもないです。(^^;
人の意見に耳を傾けることも大切だと思いますし。

その上で、大切なのは質問者さんの心にとって「何がいいか、何を求めているか」ですね。

「ずっと一緒に居たい人」を求められているのか、
「生活を安定してくれる人」を求められているのか、
「子供を産める環境」を求められているのか、
「楽できる場所」を探しているのか。

一度自分に自問してみるのもいいかもしれません。
紙を使って「私はは愛情をもとめているの?」「お金をもとめているの?」「子供が欲しいの?」「私が一番ほしいものはなに?」という風に。
※いっぺんに質問せずに、1つ1つ優しい問いかけるだけでも、十分に自分が求めているものというのが分かってくるかと思います。

「ずっと一緒に居たい人」を求められていたとするのなら、彼の場合は前述の通り望みが薄いです。何より「周囲の人を大切にしてもらうところから初めていかないとそれは少し難しい」と思われます。(不可能と言っている訳ではありませんが・・・。)

「生活を安定してくれる人」のであれば結婚されてもいいのではないかなと思います。
ただお話に挙がっている通り、彼の心はビジネスとしては現在成功しているかと思いますが人間面については非常に心が不安定な面が見受けられます。

例えば仮にお子さんができたとします。
その時、質問者さんへの優しさも欠乏されてそうなその方が子供に十分な愛情を注いでくれる保証はありません。。。
(酷く聞こえてしまったら申し訳ありませんが、どうも話を聞いていると彼の良い印象が伝わってこないというか、感じた印象はうぬぼれという感も^^;)

まあその点は私にはそうだけれど、近所の子供にも優しいし大丈夫だと思われるみたいな面があるのならまた話は変わってくるかもしれませんけれど。

後はこの点「彼が理由を“しごとだから”」と言う言い分で“納得がいくまで話してくれない様子”から他の人と浮気して離婚ということも考えられなくない可能性もついてまわると思います。


>「今更別れてどうするの?子供欲しくないの?もう33になるんだよ?」
結婚をした人が成功しているか?と聞かれたら果たしてどうでしょう?
結婚も重要視されますが人生は結婚だけという訳でもないですからね。

独身でも自然の風景が好きで結婚以上の幸せを満喫している人もいれば
ずっと趣味に没頭してそれをただ只管と追う人もいるように“本人が自分の心の喜びになること”を得ていけるのが一番なんだと思います。

心が一緒に居る事を求められているのであれば、特別「結婚」でなくても「同棲」でも「ましてやずっと一緒に居なくても居たいときに一緒に居るだけでもいい」訳ですから。
結婚は物理的、社会的な「結び」を誓い合うだけであって「心で繋がっているかどうかというのは、結局はお互いの愛情次第」という訳です。

失敗してもそれを恐れずに楽しんで糧として進む力さえ身に付けていれば、きっと結婚しても、しなくても、人生楽しんでいけると思いますよ。

そういう意味では結婚もしてみてもいいかもしれません。
ただ前述の通り彼には人間性の優しさや愛情としてとして不安定な面があるのでそういった一面を把握した上で付き合っていくことが必要かと思われます。

まあ大事なのは
お金があるのかどうなのかとか
結婚していた方が安定であるかどうかとか
既婚者の人がそういっているかどうかであるとかではなくって

「質問者さんの自身の心が欲しいものは何であるのか」だと思います。
焦らなくてもいいと思いますので、落ち着いた中で自分の心が何を求めているのかの答えを出してみてください。

お金だけがすべてではない?

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ