飲み会前に必見!飲む前、最中、直後、思ったときに出来る二日酔い予防法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6094
  • ありがとう数:0

はじめに

クリスマスパーティー、忘年会に新年会。これからの時期は何かとアルコールを飲む機会が増えますよね。


気分よく飲んでいたはずなのに、翌日の気分は最悪・・・の二日酔いさえなければと思っているあなた。


今回のQAは、飲む前はもちろん、飲んでいる途中、思った以上にペースが早い、しまった!と思ってからでも間に合う二日酔い予防法満載です。

飲む前に出来る二日酔い予防

経験上、液体キャべジンかソルマックをお酒を飲む少し前(30分から1時間前)に飲んでおくと楽しく酔えるし、量も行けるし、二日酔いは無いわで重宝します。調子に乗って飲み過ぎないことがPOINTです。

事前に
ソルマック
を飲む
という意見に1票!

飲んだ後にも1本飲むと更に良し。

私は飲む前に、牛乳を飲みます。

後は、ウコンやしじみのドリンクかな?

普段から身体を鍛えて強くしておくと酔いにくい身体になると私は思います。同じ身体への負荷でも、筋骨たくましい人の方が酔いづらいと感じております。

事前の胃腸薬ドリンクは必須ですかね。


当日あわてない、日ごろの鍛錬も必要のようですが、こちらの用意はままならない・・・かも。

飲んでいる最中に出来る二日酔い予防

昔、上司がやっていた技ですが、お酒を飲むときは必ず水を同時に頼むんです。
お酒とお水を交互に飲んでおくと、肝臓への負担を軽くして
二日酔いを防ぐことができますよ。
水を飲む分お腹がいっぱいになるので、
アルコールの飲みすぎ防止にもなるという一石二鳥です!

わたしが1番はじめに注文したいおつまみといえば「枝豆」!
枝豆はビールに合うだけでなく、二日酔いを防ぐ優れもの。
ビタミンCが豊富でアルコールの分解途中でできる
酔いの原因物質アセトアルデヒドの分解を促進するんです。必ず頼みます!

1.最初のうちに乳製品(チーズ系)のつまみを
食べておく(なんとなくお酒の吸収が悪くなってくれそうなので)

2.飲みだしてからは、あまり塩気のあるつまみは
食べないようにする(酒が進みすぎる)

3.ちゃんぽんはさける(味が変わるとガンガンいってしまうので)

4.同じお酒の味に飽きたら違うもの注文する前に
意識的にトークで時間をつぶす(飲みすぎ防止)

5.ビールの飲みすぎに気をつける(ビールの二日酔いは地獄です:頭の中を着物を着た松平健が刀を
振り回しながら馬で走り抜けていくくらい痛いです)

6.状況が許せば、眠くなったらとっとと寝ちゃう
(無理して起きていて酒を飲んでも、結局もっとひどい
状況になってから寝ちゃうんだから)

あまりチャンポンをしない事です.果糖が悪い成分を分解してくれますので,焼酎のグレープフルーツ割りはお薦めです.お酒を飲むときには同じく水も飲む事です.如何にアルコール総量を減らすかです.
薬類などは効きません.チーズ,牛乳も吸収を遅らせるだけで総量は同じなら症状は出ます.しゃべる,つまむとお酒を口に運ぶ回数を減らす算段をします.

良いお酒(高いお酒)は悪酔いしませんので、コストが許すのであれば、上等なお酒をチビチビ飲んでください。

飲み方を工夫するだけでも効果アリ!


おつまみの選び方も工夫して、楽しみながら予防しましょう

しまった、思ったより飲みすぎた!と自覚してから出来る二日酔い予防

シメにカレー。
カレーの成分が、いいそうです。
成分の中には、ウコンと同じ成分もありますから。

帰宅してからでも遅くはないので胃の中のものを全部吐いて、大量のぬるま湯を飲んで寝るのが一番ですよ。

どのぐらい効くかは個人差や体調にもよると思いますが、「ビタミンCをたくさん摂る」と私にはいいようです。
飲みすぎたかな?と思っても、途中からビタミンCを摂りはじめるようにすると、翌日引きずりません。

ドラッグストア等に売られている、安価なビタミンCのサプリメントを、お酒を飲んでいる途中に数粒服用するだけです。

これを知る前は、寝る前に、100%のオレンジジュースやグレープフルーツジュースを多め(コップ2杯ぐらい)飲んでました。これもけっこう効きましたよ。

アルコールの分解を促進させることが一番なので、
以下のものを摂取してください!

グレープフルーツ
カフェイン
水(大量)←これが一番効きます。

あっ!ビタミンがアルコール分解により欠乏するので、
ビタミンも忘れずに♪

柑橘系のジュースや水分を大量に取る、シメにカレーなど取り掛かりやすいものから強制排除まで。


しまった、と思わない程度で済めば、それが一番なのは分かっているのですが。

それでも二日酔いになってしまったらこちら・・・

二日酔いにきくツボがあるんです!
人によって効果に差はあると思うんですが。

「期門」というツボが両乳首の真下へ下がった線と肋骨の下(第九肋骨)が
交わるところにあるんですが、
肝機能を調整する働きがあるそうです。

右側の「期門」を両手を重ねて包み込むようにして、
下から上にゆっくり押し揉んでください。
からだを前屈みにして、息を吐きながら押すとさらに効果的です。
「期門」を、だいたい20~30回程度押し揉むといいですよ。

本当に裏技なのですが、二日酔いのときに船酔いの薬を飲むと楽になります。
錠剤よりドリンクタイプの方が効きます。

ただ、アルコールという薬物を酔い止めの薬物で抑える理屈なので体には負担がかかるでしょう。
自己責任でお試しください。

寝てはダメです。

寝てると肝臓がアルコールを分解するスピードが半分になるそうです。

そして一番重要なのは水分(スポーツ飲料・お茶・ミネラルウォーター等)をたくさん捕っておしっこに行く事です。

私は二日酔いの朝は味噌汁を必ずとります。

具が「しじみ」ならなおいいでしょう。

決してサウナに行ったり運動するのはやめましょう。

逆効果です。

確実に効くのは、病院に行き、お医者さんに事情を話して「点滴」、もしくは「注射」して貰うコトですね。

飲みすぎたときに、胃薬は効果があります。

本当にひどい二日酔いになってしまったら正直ちょっとおさまるのを待つほかないのではないでしょうか

ただ、対策としては水分補給をすることだと思います
スポーツドリンクが理想のようです

タウリンもよいかもしれません
肝臓の働きを助けます

しじみの味噌汁が二日酔いによいといわれるのはタウリンを含んでいるからです

水分を取りつつ、タウリン、薬、つぼ押しを駆使して、結局はおさまるのを待つ・・・。やはり日ごろの鍛錬が重要かもしれません。

まとめ

楽しく、お酒は飲みましょう!


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ