喪中にお歳暮は贈っても良いの?お歳暮にもらって嬉しいもの、困るもの!お歳暮特集

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by イラストAC

12月は感謝の気持ちをこめてお歳暮を送る時期ですね。 
お歳暮はどうしてはじまったのか、お歳暮の送り方、断り方、などお歳暮のやりとりを行う際に気になるQAをまとめました。

お歳暮は,何のために行なうのか

〔お歳暮の起源〕
日本独特の「お歳暮」という慣習は、お正月に祖霊(先祖の霊)を迎え御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本古来の習わしが、起源とされています。嫁いだり、分家した人が親元へお正月になると集まり御供え物を持ち寄ったのが始まりのようです。

元来、お歳暮に使う品は年越しに必要な御供え物を贈ることから、塩鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなど食料品を送る風習でした。

現代ではそういうことにはこだわらず、さまざまな品物が贈られていますが、昔は新年の準備を始める12月13日から20日までに贈られたそうです。今では、日ごろお世話になっている方々への年末のあいさつになり、贈答儀礼に変わりつつあります

お歳暮を送る時期は,だいたい決まっているのかどうか

〔贈る時期〕
季節のあいさつなので、贈るタイミングをはずさないように。正式には「事始めの日」というお正月をお祝いする準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在では11月末頃から贈られる方も多いようです。

地域によって若干異なり、関東では12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされています。

いずれにせよ、暮れも押しせまった忙しい時期に届いても迷惑なので、できれば20日くらいまでが無難でしょう。

しかしながら、お正月用の生鮮食料品を贈る場合は反対に遅めの方が親切ということもあります。

お歳暮でもらって嬉しいもの

私が頂いて嬉しいのは、自分で選べるギフトカタログか、
ずばり商品券ですね。
嗜好品は、相手の好みがはっきり分かっていない限り、送らないで欲しいと思います。

一番嬉しいのは、ビールです。これは大歓迎です。

次いで嬉しいのは、使用できる店の多い商品券です。一つの店でしか使えないのは、あまり行かない店だと使いづらいので。

お歳暮に限らず、もらって嬉しいのは
消費できて無くなってしまうもの(食品等)

理由は、
本当に欲しいものは、自分にしか判らないので
自分でお金を出して買います
もらっても趣味に合わないものは、捨てずらく
物置行きになって、結局捨てるしかないから

お歳暮でもらって困るもの

(困るもの)
気に入らない洗剤のセット(もったいないので使いましたが)
使い切れないほどのダシ用鰹節・乾燥ワカメセット(毎年もらうので大変なことになってます)
コーヒー(本格派の豆なのですが、私はインスタントじゃないと夜眠れなくて。。)
趣味のあまりよくないタオル
海産物(カキ・シャコ・ブリの解体に泣きました)

困るもの:
ハンカチ・タオル→何年分?ってくらいあります。 消耗品とはいえ、そんなに減るもんじゃないし…。
ハゼ(?)の甘露煮→毎年いただくんですが、嫌いじゃないんですが 量多すぎ(1キロ)。 せめて詰め合わせにするか、量を減らして。
食器や飾り物→もらった時は嬉しかったりもするんですが、結局使わないことが多くて。

【困ったもの(重症)】
趣味の合わない飾り物…どひゃ!という感じだったのに、送る方は、シンプルだから飽きが来ない(?)という感覚だったようです。
洗剤…合成洗剤は年に1本も使いませんし、貰っても使いません。
石けん…これも市販の合成石けんならば、貰っても使いません。香料も入っていて困るので、どなたかにあげるまで家に置くことも大変迷惑なので、ソッコー袋に入れて縛って「どなたか使ってください」と貼ってゴミ置き場に置きに行く。

【困るもの(軽傷)】
タオル…毎日使うものは本当に質の高い気に入ったものを使いたいので、市販の薬剤漬けのタオル(白いタオルでも最低7回薬剤を使うから、柔軟剤を使わないとゴワゴワするのです)は雑巾としてしか使わない。
タオルケット…これも一般的ではない、気に入ったものを使いたいので誰かにあげる。
男性用靴下セット…大抵ロゴ入りでしょう?色もマチマチ。皆さん洗濯したけどちぐはぐで履くのが無かった経験ありませんか?うちはシンプル生活したいので、仕事用は全部黒で同じ種類を半ダース買って、どれでも合うようにしてます。
ワイン…絶対飲まないわけじゃないけど、大して飲みたくもないので、それにこれって結構ダブる贈り物ですよね。
ストッキング…足型になっていないものは、足首が細いのでブヨブヨに余ってみっともないから履かない。それに年配の方は今時には「?」な、妙に白っぽい肌色のを下さる。

喪中のお葉書を戴いたのですが、お歳暮は贈っても良いのでしょうか。

1.贈っても大丈夫。お歳暮は日ごろお世話になった人への感謝であり、お祝い事ではないから。

2.先方のお身内が亡くなってから日が浅い場合には49日を過ぎてから。

3.紅白の水引はかけず、白無地の短冊などに「お歳暮」と書いて贈る。

お中元・お歳暮のやめ方

実質的な仲人ではなくて、結納や結婚式の媒酌だけをお願いした、いわゆる頼まれ仲人の場合、一般的に盆・暮れの挨拶は3年でよいとされています。
先方もそのことをご承知の上で、三年目に「今後はお気遣いなく」と仰ったのだと思います。

もちろん、今後もお付き合いを続けたいと考えているのであれば、贈り続けることは構いません。
ただ、中元・歳暮は、半年間お世話になったことに対する感謝を表すために贈るものです。
そのため、あまり世話をしていない相手から贈られることに負担を感じる方もあります。お仲人さんも、何もしてあげていない相手から贈り物をされることを、心苦しく思われたのでしょう。決して、あなたからの贈り物を迷惑とか不要だとか感じられたわけではないと思いますよ。
贈り物が負担だと感じられた場合、贈られた品物と同程度かそれ以上の値段の物を、中元・歳暮として贈り返し、「今後お気遣いは無用に」という内容の送り状を添えて、断りの意を表す方法もあります

お歳暮が年内に届けられない時どうすれば?

 12月31日を過ぎ、お歳暮が年内に届けられない場合、「お年賀」として贈ります。また、お年賀で贈れない場合には「寒中御見舞」として松の内(通常1月7日)が過ぎてから立春(2月4日頃)までの間に贈るそうです。

 12月31日を過ぎ、お歳暮が年内に届けられない場合、「お年賀」として贈ります。また、お年賀で贈れない場合には「寒中御見舞」として松の内(通常1月7日)が過ぎてから立春(2月4日頃)までの間に贈るそうです。

お中元やお歳暮のギフトの金額を少しずつ下げていくコツ

だいたい送り先が決まっていると贈る商品も決まっています。

我が家は必ず3000円のものにしますが、取り扱っているお店でビミョ-に割引が違います。
だけど、スーパーで買うよりもデパートの方が何だかお高いものをいただいた気持ちになっていただけるかと勝手に思っています(笑)。

なので送り先には必ずデパートからネットで注文しています。
早割を利用すると10%~15%オフ、ものによると20%オフもあります。

チラシによく酒屋さんとかギフトショップが出ていますが、どうも安く見えてしまうんです。
(間違いなく私の思い込みですけど…)

お値段を下げることを考えるよりも、よい品物を安く買う方向にしてみてはどうでしょうか?

まとめ

Photo by OたすK隊

 Q&Aサイト「OKWave」には、お歳暮に関する質問が多数投稿されており、特にマナーについて悩んでいる人が多いことがわかりました。

実際のお悩みとその解決法をチェックして、気持ちよく年末を迎えましょう♪


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ