甘いものを摂りすぎると糖尿病になるの?糖尿病の基礎知識

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成
11月14日は「世界糖尿病デー」です。

糖尿病とはどんな病気なのか。どういったことに気をつければいいのか、糖尿病について知識をつけられるQAを集めました。

糖尿病ってなにが原因でなるんですか?

糖尿病とは膵臓の病気です。
膵臓には内分泌ホルモンが2種類あり、インシュリンとグルカゴンです。糖尿病の場合はインシュリンの不足により発症する病気です。インシュリンは我々が食物を摂取したカロリーに応じ分泌されます。個人により能力に差があり、分泌量が少ない方が「遺伝」と言われ、同じような体格で、同じような運動量、同じような摂取量なのに発病する方です。遺伝以外の場合は、もし、貴方のインシュリン分泌量が100とします、毎日大量にカロリーをとりインシュリンの分泌が120と過剰労働させられることにより、後に分泌が減少し摂取したカロリーを体内で処理ができなくなり、血液中にブドウ糖があふれ、血管があたかもシロップ漬けのようになり、血管が脆くなりあわせて神経障害も生じます。
まずは、末梢血管や脳、心臓、腎臓などの血管に障害が起こります。基本的には体全体の病気です。
体が痩せるのは、一杯食べてもインシュリン不足により体に必要なエネルギーは尿中に出てしまうので、皮下脂肪から脂肪を分解しエネルギーとして使われるため、幾ら食べても痩せてしまいます。

糖尿病の症状は?

糖尿病になると以下のような症状があると言われています。

・口が渇き、常にのどが渇いたような状態になる
・排尿の回数と量が増える
・手足に「痺れ」を覚える
・便秘になる
・立ちくらみ
・味覚が弱くなる
・虫歯が多くなる
・視力が低下してくる

糖尿病は血糖値を測ればすぐに診断ができるので、一度病院に行かれてみてはいかがでしょうか。

糖尿病はどれほど危険?

糖尿病で怖いのは、糖尿病によって発症率が高くなる合併症の存在です。

1.急性合併症
 高血糖を放置しておくと、糖尿病性昏睡という状態になる場合があります。また、低血糖でも昏睡状態になることがあります。

2.慢性合併症
(1)眼の障害→糖尿病性網膜症
 時には網膜はく離などの重大な障害を引き起こし、失明する場合もある。

(2)腎臓の障害→糖尿病性腎症
 症状が悪化すれば、人工透析が必要になる場合があります。日本における透析導入の原因疾患の第1位は糖尿病です。

(3)神経の障害→糖尿病性神経障害
 足の神経障害が進み、壊疽という状態になれば、最悪、足の切断が必要になる場合があります。

(4)心臓の障害→狭心症、心筋梗塞
  動脈硬化の進行により、発生する場合がある。

(5)脳の障害→脳梗塞
  動脈硬化の進行により、発生する場合がある。

(6)足の障害→閉塞性動脈硬化症

(7)その他
 高血糖の影響で、細菌に対する抵抗力が落ちており、肺炎、結核、水虫、歯周病、膀胱炎などの感染症が治りにくくなる。
 また、EDになる場合もある。

本当に完治は無いのでしょうか?

完治という言葉はありませんが...

II型糖尿病に限って言いますと

どんな人でも太れば糖尿病になります。ただ、ちょっとの肥満で糖尿病になるか、超肥満でしか糖尿病にならないか、その程度の違いだけです。一見、BMI20くらいの人でもII型糖尿病の人がいて肥満ではないのにII型糖尿病の人がいますが、話をよく聞くと、昔はBMI18くらいで、以前より太ったという人が多いです。

完治という意味が、暴飲病食をして超肥満になっても糖尿病にならない..という意味なら、完治はありません。そういう意味ではすべての人が糖尿病で、食生活のコントロールが良好なだけ..という話になります。

II型糖尿病は、きちんと食生活を維持できれば、薬を飲む必要はなくなります。きちんと食生活を守る気持ちと食欲を満足させたい気持ちとの戦いです。

完治という言葉の定義を何にするのか、どんなに超肥満になっても糖尿病にならない事をさすのか、それておも薬を飲まないでいられる状態をさすのか、それによって、答えは違います。

甘いものを摂りすぎると糖尿病になるの?

甘い物を摂るから糖尿病になるのではありません。

糖質(炭水化物)は食後血糖値を上昇させますが、これも同様です。ご飯100gに含まれる糖質(炭水化物)なんて、36.8gです。

1型糖尿病は自己免疫異常でインスリンが分泌されなくなるために、

2型糖尿病はインスリン抵抗性やインスリンの分泌低下を招く遺伝因子に、過食や運動不足といった環境因子が加わってインスリンの作用不足を起こして発症します。

甘い糖質(炭水化物)は結合が小さく、消化吸収が早いので血糖値を上げやすいことは確かです。

糖尿病にならないためには、亜鉛を含む食べ物をたべるといい?

糖尿病はある意味で栄養不足という話しはあります。
とくに、胃酸不足や、膵臓消化酵素の不足などにより、ミネラル成分の不足が関係あるそうです。
 ですから、糖尿病予防にどれくらいなるかはわかりませんが、亜鉛の多い食品をとることも大切かと思います。糖尿病になると傷が治りにくいといいますが、亜鉛不足も関係あるかもしれません。
 亜鉛は細胞分裂に関係するミネラルで、皮膚、髪、精子、舌、などで多く使われます。
 また亜鉛は膵臓でインスリンの製造にも関わっているようですので、糖尿病にいいといわれるミネラルです。一番亜鉛の多い食品は桁違いに多いものは牡蠣(カキ)です。

 ただし膵臓でインスリンの製造に関わるとは言うものの、インスリンの量だけが糖尿病の原因ではありませんので、糖尿病予防の一つにはなるかもしれませんが、全ての糖尿病の方に当てはまるとは限りません。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ