乾燥肌を防ぐちょっとしたコツ!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3902
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

冬になると乾燥する肌!乾燥肌を防ぐためにちょっとした工夫をするだけで、改善するかもしれません!

乾燥肌や保湿に関するQAをあつめてみました!ぜひ参考にしてみてください!

肌の保湿って?

お肌のとしくみからのお話をしますね。
肌表面には、皮脂膜という保湿成分がのっています。
これは、汗や毛穴から分泌される皮脂が混ざって乳化したものです。
この皮脂膜がお肌の乾燥から守っているものです。
しかし、肌質により、冷暖房などの外気の環境により、年を重ねていくうちに
この皮脂膜がお肌の乾燥を守れなくなったりします。
また、夜のメイク落としや洗顔をすることで一緒に落としています。
そこで、自分の分泌する保湿成分の代替えをすることを
「保湿する」といいます。
では、化粧品メーカーにより様々ですが
皮膚理論的に一般的なものとして
水分補給が化粧水(ローション)
脂分補給が乳液(ミルクタイプ)
これが皮脂膜のようになり潤いとなっています。
さらに、夜のケアをしたならば朝までこのつけたときと変わらぬ
保湿効果を保つため、蓋をして蒸発を防ぎさらに栄養分を入れるということで
クリームをつけます。
美容液というものもあり、この基本ケアに不足するものを補ったりします。
たとえば、美白効果やシワたるみなどの予防など・・・

一つで全てを補えるようなものがありますが基本保湿とはこんな感じのことです。

保湿すると毛穴が広がる?

美白物は基本的には肌が乾燥するそうですよ。

それに化粧水をたくさんつければ保湿されるって訳でもないと思います。表面に化粧水をつけていても肌の内部が乾燥しているインナードライの状態ではないかと思います。

そもそも化粧水とは肌に浸透する物ではありません
お風呂の水などが肌の中に入ったら大変ですよね、、、長時間お風呂に使っていてフヤケル部分。表皮を潤すだけの物です。

ですので化粧水をがむしゃらにつけてても殆ど蒸発してるようなもんです。ある程度時間をかける→コットンなどに含ませパックしてあげるといいと思います。

そして、肌のもっと奥に浸透する物は美容液になりますので、一番いいのは美容液を美白物にするといいんじゃないかな?と私は思いますよ!

化粧水が今、美白の物で乾燥するなら、美容液を保湿の物にする。
コットンパックなどで3分は置いてあげる。
クリームや乳液できちんと水分が蒸発しないように蓋をしてあげる等を
試してもまったく変わらないようなら

美白用は避ける!

洗顔後すぐに保湿!

お風呂上りが一番肌が潤っていますが、お風呂を出るとその瞬間からすぐに乾燥が始まります。
(お湯の温度が熱いほど早く乾燥します。プールなんかは、水から上がってもすぐにぱきぱきと乾燥する!というようなことは少ないと思います)
なので、お風呂上りはまず湿気のある浴室内で化粧水をつけることが一番です。
汗ばんでクリームがつけにくい季節でしたら化粧水のみで、外に出て着替えて汗が引いてから、もう一度化粧水を重ね付けしてからクリームをつけるといいです。

お風呂の温度はもちろん、シャワーや、洗顔に使うお湯の温度も熱すぎると肌に必要な油分まで奪い、これも乾燥を招きます。
顔や体だけでなく頭皮だってもちろん乾燥します。

また丁寧な洗顔は角質を取り除き、肌の代謝を良くしますので、メイク落とし・洗顔は必須ですが、洗いすぎ(特に擦りすぎ)は角質を痛めますので乾燥やしわを招きます。
洗い過ぎの観点からW洗顔はだめだとおっしゃる美容関係の方もおられますが、これは好き好きだと思います。
水は皮脂を柔らかくしてくれないイメージがありますので(個人的なイメージです)、ぬるま湯で、丁寧にが基本だと思います。
その後のスキンケアはもちろんですが、肌をプルプルにさせたいのなら、まずはお湯の温度や洗顔方法から見直してみるといいと思います。

洗顔のし過ぎに注意

朝起きて、べたつきが気にならないのであれば、ぬるま湯(人肌)ですすぐくらいが良いです。
乾燥する時は、洗顔料でさらに油分を取ってしまうのはあまりよくないと思います。
表示指定成分ってご存知ですか?アレルギーや皮膚炎を起こす可能性等がある物質で、人によっては
刺激(ピリピリ感)や湿疹・かぶれを引き起こします。お肌や唇があまり丈夫ではなさそうに思われるので
そちらにも気を配ってみるのもいいかもしれませんよ。代表的な刺激成分は、エデト酸塩(EDTA)という
酸化防止剤です。今お使いのものに入ってはいませんか?
http://www.hearts.jp/hair&skin/good_shampoo/sitei_matome.html
http://www.primaryinc.co.jp/main/seibun2.html
シャンプー等も関わってる可能性もありますが、ちょっとそこまで気をつけるのも大変ですしね(;^-^;)
洗顔には、#5さんのおっしゃる通り、表示指定成分の入っていない98%以上石鹸素地が使われているもの
(弱アルカリ「純石鹸」)を泡だてネットでまふまふに泡立てて、泡を転がすように優しく洗います。
石鹸にも、合う・合わないがあるみたいなので、自分に合うものを見つけてくださいね。
アルカリなので、20秒くらい洗えばいいみたいです。洗いすぎもよくありません。
お肌に優しいのは弱酸性と言われていますが、汚れを落とすには弱アルカリがいいそうです。
そして十分にこれまた優しくすすいだら、今度はお肌に優しい弱酸性の化粧水でたっぷり水分補給して下さい。
化粧水や保湿ものは、オイルフリーが毛穴汚れにはいいらしいです。酸化せずに汚れがつまらないから。
既出ですが、お風呂上り等は水分が逃げないうちに即効で化粧水をつけた方が私もいいと思いますよ。

洗顔のし過ぎで油分をとりすぎてしまうことも!

オイルフリーのものがケアなの汚れにはお勧め!

内側から保湿!

インスタント製品やファーストフードを極力さけ、不足しがちな栄養分であるカルシウム・ビタミン(B・E・C)やコラーゲンをとり(食品からが望ましいが難しければサプリメントで)、冬期は加湿器を置く。

バランスのよい食事も乾燥肌を防ぐひとつのほうほう!

冷え性などにも気をつけましょう!

環境改善

周りの環境ですが、一日中空調(冷暖房)の流れにあたっていたりしますと乾燥肌がより進んでしまいます。
肌に関する改善ははっきり言ってすぐには効果は出ません。戦いは長く、根気が必要です。長く付き合っていく、と言った方がいいかもしれません。

空調の流れが強い箇所には気をつける。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ