10月からはメバルシーズン!メバル釣りガイド

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに


10月下旬ぐらいから4月ぐらいまではメバルが釣れるシーズンですね。

メバルは食べてもウマイ!

ぜひメバルを釣りに行きましょう!

Fish&Eat!!

初心者さん、基本

初めてのメバル。基本を教えてください。

先程、『初めてのサビキ釣り』という質問をさせていただいたものです。
やはり、今の時期は厳しいみたいですね。初夏まで待つ事にします^^;
今の時期はメバルがつれると聴いた事があるんですが、
やはり、メバルもまったくやったことがなくて…。
餌ではなくて、ワームで釣ろうと思ってるんですが、
バスのライトロッドでも使えますかね?
3グラムくらいが限界の竿だと思うんですが。
メバルは夜釣りが基本だと思うんですが、
昼間はまったくつれませんか?出来れば朝~夕方くらいまでにやりたいと思ってるんですが。
後、基本的な釣り場や、ポイントなど教えてください。
宜しくお願いします。

メバルはバスロッドで十分です。私は冬メバル狙いする際は(あっもう春か)ブラクリを使います。エサはイソメ、ゴカイかワームを使います。で、岸壁で上下に揺らしていると食いつくことがありますよ。メバルは目がいいので夜の方がつりやすいです。でも昼間でもいますけどね。できれば夜がいいのかもしれません。(メバルだけを狙わなくても何かかかるかもしれませんよ)場所は防波堤で十分と思います。ちなみに昼間釣られるなら・・・カサゴ狙いがおもしろいですよ。エサはイソメかゴカイで適当な仕掛けでも釣れたりします。メバルよりおいしいし。

メバルは、名前の通り大きな目をした、非常に目の良いさかなで、基本は夜釣りです。

但し、エサとりの活性の高い朝夕のいわゆる「まづめ」時も、チャンスです。

また、船などで、深場をねらうなら、昼でもOKです。

ワームでも、サビキでも釣れるときは釣れますが、青イソメや、生き小エビなどの生きエサが、活性は高くなります。基本的には周遊魚ではなくイソに付くサカナですから、今の時期は全くダメということでもありません。

バスのライトロッドで充分です。昼間でも全く問題ありません。むしろULでも良いくらいで、ライト以上のロッドを使うと“釣り味(ウォーッ、引くぅ!という感覚)”は激減します。

メバルは夜積極的に泳ぎ回りますが、日のある明るいうちはストラクチャー(障害物や物陰)に隠れて近くに来たものを捕食します。従って夜のほうがテキトーに投げても釣れる・とても釣りやすい、というだけで昼間でも暗い所・陰になっている所を集中的に狙えば釣れますよ。また“メバル=ワームでないと釣れない”と勘違いしている人がかなり増えているようですが、ミノーでもしっかり釣れます。いや、むしろミノーのほうが釣れます、基本です(断言)。マスの管理釣り場用ミノーを色違いでたくさん持っているだけでガンガン喰ってきます。特に昼間の場合ミノーのほうが効果的だったりします。

コツは、他のルアーフィッシング同様、常に“フレッシュな”ルアーを見せてやること…1箇所で10投もしたら充分なのでガンガン投げてガンガン移動する、もしくはルアーをガンガン交換するのが釣果を上げる基本です。ポイントは港湾部の杭やゴロタ底など“影”が生まれやすいところです…全国共通です。

おおー、すごくいい回答がついてますね!

メバリングは楽しい!

メバルを初心者です。

ジグヘッドで狙っているんですが、誘い方が分かりません。シャクる時は、エギングのようにシャクるのですか?基本的な誘い方を教えてください。

1.真下に落として底まで沈める。2.ラインを張ってからゆっくりリールを巻いていく。(只巻き)3.水面まであがって当たりがなければ1m位移動して1から繰り返す。注意点は当たりがあっても合わせないことです、そのまま巻いていると勝手に針にかかります。

投げて釣る場合も同じです。タナをとってからゆっくりと只巻きです。ジグが重いと沈んでしまうので1g~1.5gまでがいいと思います。初心者ならロッドはメバル用のソリッドティップがオススメ。わたしはソルティストST-RF862XとインフィートRF-76を使ってます。

メバリングはとても簡単で2g前後ジグヘッドにメバル用ワーム(とりあえずスクリューテールグラブのグローホワイトだけあれば十分です)を取り付け、なるべく遠投して着水と同時に巻取りを開始します。底に沈める必要は有りません。ロッドはルアーに向かって真っすぐに構え、立てておく事が重要です。そうしないと遠投した時はジグが沈みやすくなります。表層の水面直下をなるべくゆっくり巻いてこればそれだけでOKです。この時、アクションは要りません。タダ巻きが一番です。慣れてくれば巻取り中、一瞬止めてみたり(ホントに一瞬だけ)するのも有効ですが、下手に動かせば余計に喰わなくなりますのでくれぐれもタダ巻きが一番最強だと覚えておいて下さい。

メバルは基本的に常に表層を意識している魚ですので水面直下が一番反応が良く、アタリが無ければ徐々に下の層に探りを入れるのがコツです。表層をトレース出来る最も遅いスピードでタダ巻きしていれば「クンッ、クンッ!」と穂先を振わすアタリが出ますで、軽くアワせてやれば良いです。それと大型のメバルになればなるほどモゾモゾとした、何かジグに海藻でも引っ掛ったかの様な重くなる前アタリが出やすくなるので、この前アタリをフッキングに持ち込むと大型が釣れます。

あわせを入れて釣りたいのであればチューブラーティップの竿がいいです。ただ、合わせ損なうとスレさせてしまい危険信号を発するのでその場合は大きく移動かワームのカラーチェンジした方がいいです。

メバルは基本的に漁港内の静かな水面で明かりが有る所がポイントになります。メバルは比較的小さい魚ですがれっきとしたフィッシュイーターで、小魚やエビ類を好んで食べます。夜間、照明に照らされた漁港内などはこういった小魚やエビ類がその光によって集まり易く、その集まってくるベイトを捕食する為に常に表層を意識して待ち構えています。 なのでジグも表層をトレースしてくるのがセオリーな訳です。あと、明かりに集まってきたベイトを少し暗い所で待ち伏せしている為、明るい部分と暗い部分の境目が一番アツいポイントであるというのも知っておいた方が良いでしょう。


これといったシャクリなどのアクションはいらない、ただ巻きでOK!

ガシラ(カサゴ、背びれに注意)も同じように釣れる!

ルアーor餌?水温は?

メバルはルアーかエサ釣りか?水温は?

お世話になります。たまの遊びで年に2-3回メバルを青イソメで夜釣りする普段は休日クロダイダンゴ釣り師です。最近メバルのルアーが熱く紙面をにぎあわせますがそこで質問です。1.その日の潮状況やメバルの気分にもよるのでしょうが、全般的確率から行くとルアーと電気ウキのイソメはどちらに分がありそうですか?例えばルアーは数が釣れるが小物でイソメのほうが数が少ないが大物とか、その逆とか、関係なさそうとか。2.メバルは半ヒロとか1ヒロでウキ下喰ってきますが、そうすると寒い冬の夜のこと、日によって海水表面温度は気温の影響が大きい気もしますが。やはり急に冷え込む夜はだめですか?ほんと年数回の釣りなので、できれば効率よく確率高く釣行しようかなぁと。メバル愛好家のご意見お待ちいたしております。

単純には言えないが、トータルで餌かな?日中は断然餌、夜はワームかな。私はルアーマンなので餌釣りするとしてもジグヘッドかダウンショットに海老か烏賊短冊ですが、夜はグロー系のグラブかシュリンプを使うと結構いいですよ。

餌を用意しなくてもいいので
仕事の合間(昼休み)や通勤途中にでもできる。
とゆーことで、
ルアー(ワームなどのソフトルアー)に
少しだけ分があるように思いますす。

友人とイソメで対決したことがありますが
数・大きさともに互角でした。(腕の差=釣歴は同じくらい)

ハードルアーを使ってのメバル釣果は
あまりよくありませんが…。

あくまで私の経験則ですが、釣方はルアーメインで餌少々です。餌 - 昼間の穴撃ちメイン、桟橋の下や藻の影に隠れている魚体を    狙いますが、大きさを選べません。(藻エビ)疑似餌 - 夜間の常夜灯周りやハードプラグでの遠投で狙います。      ルアーのサイズで大きな魚体を選別して釣れます。

メバル狙いの場合、ワームは1~3インチがメインになります。絶対的なおすすめはバークレイのガルプシリーズですが、これはもう餌なので賛否両論あると思います。ジグヘッドは状況に合わせて0.5~3g程度が標準でしょう。フックはシャンクが長くてゲイブの浅いものの方が感度が良く釣果に結び付くように感じます。場合によっては飛ばし浮子やスプリットショットでのノーシンカーも有りですので色々試してみて下さい。専用の飛ばし浮子も売っていますが、磯用の水中浮子の0~00を代用した方が大きさも小さくて巻き抵抗が少ないので扱い易いと思います。

メバルを狙うなら圧倒的に餌(活きエビ)のほうが数釣れます。活きエビを軽く撒いてから、エビの頭に針を刺して、電気ウキなり長い竿でミャク釣りなりで釣ります。良いポイントなら一晩で50はいっちゃいますね。その中でデカいのだけを持ち帰れば良いでしょう。型はルアーの場合はルアーの種類で選ぶことはできますが、餌の場合は選ぶことができません。ただ、渡船とかで出て沖磯で釣る場合、大きいのがよく釣れるそうです。その辺は船頭がよく知ってます。

ルアーでの欠点はスレが早いことです。同じコースを3回ぐらい通すと見向きもしなくなります。なのでルアーの色を変えたり、暫く休ませたり、他のポイントに行ったりとあの手この手で考えながら釣ります。逆に活きエビは1つの場所でじっくりコンスタントに釣れます。特に沖磯なんかは簡単に移動できないのでメバルをスレさせないようにしないといけないですね。逆にルアーの利点はあっちこっち移動しやすいって事ですね。それとルアーのほうが餌より目立つから釣れるのが早いってことかな。(その分スレも早い)

ワームに対するスレに関しては、同じ場所をスローに攻めすぎているように感じます。 スローであれば見切られる可能性も高いですし、ポイントの見極めにも時間がかかります。私の場合は大場所なら5投、小場所で10投程度をメバルにしてはやや早巻きのスピードで周りながら時間を変えて同じ場所に何度も入り直して釣りをしています。

水温との関係ですが、私の感覚では秋の潮で水が入れ替わって澄み潮の冷水期に入ってから食いが立つように感じます。関東での釣り時期としては10月後半~4月中旬といった感覚でしょうか。シーズン後半ほどサイズが小さくなっていくのは、シーズン前半で大型の魚体が結構抜かれてしまってる所為でしょうか・・・

雪がパラつく今でも釣りに行ってますが、常夜灯下はメバルがよくライズしてますよ。外海が大荒れの時にも釣りましたし、そこはシビアにならなくても良いかと思います。ただ、雨の日はちょっと悪いですね。


エサのほうが釣れるような気もするが、ルアーのほうが楽しい。

メバリング用の手ごろなロッドとリール

個人的には、プロックス 三代目 根魚権蔵の方が、軽いジグヘッドを使用しやすそうなので、こちらのほうがいいと思います。長さは、足場が高いので長いほうが有利です。こちらも参考になります。ダイワの解説ページです。それと、メバル以外にロックフィッシュもしたいですという考えで、混乱してわからなくなるのかと思います。
http://all.daiwa21.com/fishing/information/mebaring/index.html

メバルは英語でrockfishですな。

ロッドとリールで2万円でおさえたいところ。

それで充分。

メバリング用でいいものを揃えたい場合のロッドとリール

アジング・メバリングを今度初めようとロッド・リールを揃えようと思います

アジング・メバリングを今度初めようとロッド・リールを揃えようと思います。ただ素人の為にロッドとリールのどちらにこだわった方が良いか分かりません。リールはエギングにも使いたいので2500番あたりで考えてます。せっかく買うので予算は4万位で永く使えるものと思いますので宜しくお願いします。

メバリングの竿はチューブラー、ソリッドと2種類があります。どちらも穂先が細く、扱いが悪いと破損させる可能性が高いです、なので最初は1万円台までの竿にした方が良いです。メジャークラフトのクロスステージシリーズは種類が豊富です。長さは使う場所によっても違うと思いますが最初は7フィート~7フィート6インチが良いと思います。チューブラーは掛け調子、ソリッドは乗せ調子とよく表現されています。掛け調子のチューブラーはメバルのバイトをはじいてしまいますが、吸い込みアタリを取れるようになれば積極的に掛けていけます。乗せ調子のソリッドは、ただ巻いているだけでもメバルが違和感なくワームを加えて針がかりします。最初はソリッドの方が良いと思いますが、釣り歴が長ければチューブラーの方がいろいろ出来るので楽しめます。プラグやメタルジグ、アイスジグなどジグヘッドワーム以外での釣りも考えていればチューブラーの方が良いです。

竿の扱いに慣れたらブリーデンの68ストレンジを一押しとします。感度を超えた感度で1gのジグヘッド単体でメバルやアジの吸い込みを感知できます。

エギングを考えると出来れば軽い方が良いです。竿が1.5万円とするとリールは2.5万円でしょうか。そのクラスならダイワならルビアス2506W、シマノでしたらセフィアCI4C3000SDHになると思います。メバリングもエギングもWハンドルが最近のはやりです、あとで買い足すと高いので最初からWハンドルの物がお買い得です。同時期にメバリングをするなら替えスプールを用意すると良いです。レアニウムCI4の2500S、C3000S。アルテグラアドバンスの2000S、2500S。セフィアBBの2500S。ソアレBBの2500Sなどが使えるようです。高くても5000円です。

メバリングやアジングのラインはフロロカーボンの2~3lbがおすすめです。メーカーはやはりクレハ系のものが良いみたいです。初めてだからと4lb位から始めると逆に扱いにくくて釣りが楽しめないと思います。3lbクラスのラインで60cmとかのシーバスが外道でくることもあります。ドラグ性能の良いリール(スプール)を選んでおけば取れる確率は非常に高いです。

リールは以前からバス釣りをしていたのでそれの使い回しです。価格は\4,000-弱でした。2500番です。シマノやダイワなら安くても海水対応ですし。私は行って月1くらいでしたのでナイロンの1.2号を巻いていました。フロロで使わない期間が長いとラインに癖がついてしまい軽いルアーやワームを使う際に少々難ありです。頻繁に行くならラインの性能からしてもフロロのほうがいいのですが…

慣れて買い替えを検討するころには自分の好みとかはっきりして来るのでそれが分かるまで安竿で修行ってのが個人的にイイかなと思います。

竿はメバリング用に最初クロスステージを買いましたが、3回ほど使っただけでほかの物に替えました、メジャークラフトのエアロックS732MLやダイワ 月下美人ソルティスト 8102XT、862X、73X-Tなど家に眠ってます。現在はメインではブリーデン 68ストレンジ、74エレクトロ、83ディープの3本を使ってます。とりあえずの一本目は折れても後悔がない物を選択した方が良いと思います。

ラインもブリーデンのものを使ってます。2.28lbや3.11lbのものです。1000m(8千円くらい)巻きがお得です。

PEを使うのもOKです。ただ、風が吹くとつらいので替スプールの用意をした方が良いです。ツインパワーMgの替えスプールは10000円、ツインパワーの物なら8500円位(ちょっと重い)です。互換性はあります。ダブルハンドルは各メーカーから出てますので好みで選んだらよいと思います。

スピニングリールは07ステラが2台(C3000、2000、2000S、2500Sスプール+夢屋Wハンドル1コ)、08ツインパワーが1台(2500S、2000Sスプール+夢屋Wハンドル1コ)、06ISO-Z2500LBD、エアリティー2000(ルビアス2000スプール、ブリーデンWハンドル)、イグジスト2000(現在OH中、ハイパーカスタム化)、10セルテート2500、カルディアKIX2000、04ステラ1000Sかな。使ってきた感想ですが、230g~250gのリールがシーバスやエギング、メバリングロッドとのバランスが取りやすいです。スプールはメバリングでも2500(2500Sや2506)以上がお勧めです。2年使った07ステラのOHには3500円+ベアリング1個の交換でしたが、メバリングで1年も使ってないイグジスト2000はバリアギアか何かの交換が必要とかで1万円を超えるためハイパーカスタム化をお願いしました。2万円ほどかかります。

エギング、シーバス、メバルのロッドの違い

エギングロッド、シーバスロッド、メバリングロッドの違い

こんばんは。
先ほどの質問に引き続いてもうひとつ質問します。
竿の購入も検討しているのですが、タイトルの竿はどこが違うのでしょうか?
今は投げ釣りもしていて、シーズンも終わりですがエギングもし、今からはメバリングもはじめようと考えています。
これらを一本の竿でするのは無理があるのでしょうか?
違い等ご教示いただければ幸いです。

結論から言いますと、エギングとメバルを一本でこなすのは無理と思います。

エギングロッド・シーバスロッドとメバルロッドではまずパワーが違います。メバルの仕掛けはとても軽いので、エギングロッドとかだと飛ばないし、フッキングも極端に悪くなると思います。エギは2.5号でも十数gの重さがありますが、メバルのジグヘッドやルアーはせいぜい3gまでです。ただ、エギング竿でなくてシーバスロッドのULくらいの物なら、メバルに流用できるかも知れません。

エギングロッドとシーバスロッド(ML程度)は、パワーが似たようなものなので流用できます。違いは何か?となると、エギングロッドはシャクリが前提なのでライントラブルの回避や軽さを重視している反面、ファイトは単純だからタメの性能とか、バイトも口でなく抱きなので感度やフッキング率性能の優先順位は低い、と思われます。私はエギングロッドで普通に魚も狙ってます。ちなみに、エギとメバルではラインも強度で3倍ほど違います。糸を巻きかえるとかしないのなら、それぞれにリールか替えスプールが要ると思います。

1)メバル1gから3gまでのジグヘッドで飛ばします。釣る魚はほとんどが手のひらサイズであり細いラインを使います。(フロロなら4lbなど)このことから固い竿ではゲーム性にも欠けワームも飛びません。むちゃくちゃ柔らかい竿が適してます。似た竿として管理釣り場のトラウトロッドなど。長さは6ftから7ft。

2)シーバス少し重いルアーを投げるのである程度しっかりしている竿が必要です。ピンポイントで攻める事も多いので投げるコントロールが必要になります。このことから竿先は極端に柔らかい竿は適しません。どちらかというと胴調子っぽい竿がほとんどです。陸っぱりでは7から9ftぐらいがメインです。

3)アオリしゃくってしっかりエギを動かすため胴は比較的しっかりしてます。ただ、フッキング時に身切れしないように竿先は少し柔らかめとなってます。(シーバスに比べて)しゃくるためガイド絡みが発生しやすく専用のガイドが主流です。当然この様な特徴上、飛距離、ピンポイント性はシーバスより劣ります。長さは8ft程度。

・ケンクラフトかどっかの堅めのトラウトロッド。メバルはもちろんアオリ、シーバス、タチウオ、キスのちょい投げやってました。キスとメバルが適してました。・ダイワのソルティストST-BJ601。完全なオールラウンダー。これで船からのキャスティングで鰤まであげました。(当然無理はありましたが)1ピースでパワーがあるが先端がソリッドで繊細な釣りにも向いていた。ただ、長さが6ftなのでエギ、シーバスでは少し不利でしたが存命の時は必ず車に入ってました。・がまかつ暫鱸(ざんろ)メバルはあきらめてますが使えない事もないです。6.6ftなのでかろうじて陸っぱりシーバスもアオリも....。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ