ビールが飲めるようになる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 表示名がユーザ名です
付き合いで一杯♪なんてときに「とりあえずビール!」と みんなと同じように言いたいですよね。 「お酒は好きだけど、ビールはダメ」という方に 自主練習を重ねて飲めるようになった私の方法を教えます。

STEP1まずは楽しい状況、且つ、喉が渇く状況を作りましょう。

・夏の夕方
・友人や同僚とスポーツの後
・お風呂上り
・野外
・仕事終わり

など様々です。
脱水症状になるほどの準備をしてはいけません。

STEP2

お店でビールを注文するときはグラス(少量)でもいいのでまずは頼んでみましょう。友人から一口もらうだけでもいいです。

味に関しては
・ビールより発泡酒が苦くない
・キリンよりアサヒが苦くない
・ベルギービールは飲みやすい

などなど言われていますが、味覚は人様々です。
自分で口にして味を確かめてみてください。

STEP3

家でお酒を飲みたいときに、缶(瓶)ビールを買ってみましょう。

いつものチューハイやカクテルに加えてビールを買ってみましょう!
残してもいいのです。まずはビールを飲みたい、という気持ちを大事にしてください。(残ったら料理に使うことも出来ます)

135ml缶や250ml缶という小さな缶を売っているスーパーもありますので、何種類か買ってみて自分にあった味やメーカーを探すこともできます。

STEP4大勢で飲みましょう。

自主練習を重ねても、大勢で飲むビールに敵うものはありません。
自主練習の時の何倍も飲めるようになります。

しかし、まずは1杯で充分。
当分の間、2杯目以降はいつも飲んでいるお酒にして、酔っ払いすぎないようにしてください。
「ビールが原因で酔っ払った。みんなに迷惑をかけた」と思うとビールが嫌いになってしまうからです。

まとめ

苦味は大人になると子供の頃よりも感じにくくなるそうです。なのでビールが飲めるようになるのは私は慣れだと思っています。 体質的にアルコールがダメな方はムリをしないでください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

友人や同僚と一緒に飲む機会

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ