独立で話題になったスコットランドってどんな国? 「独立の未来」「首都は世界遺産」「スコッチとアザミ」

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1207
  • ありがとう数:0

はじめに

イギリスからの独立問題で揺れたスコットランド。世界中の注目が集まる中で行われた国民投票で今回の独立案は否決されました。「どういう国なのか」「独立問題が起きた理由」「独立したらどうなるのか?」「お土産・観光情報」など、脚光を浴びたスコットランドに関するQAをお届けします

なぜ今、独立という話に・・・?

1700年頃まではイングランドとスコットランドは別々の国家でした。イングランドがイギリス連邦を立ち上げることになり
スコットランドは経済的な利益が
見込めることが
あってイギリス連邦の一員になりましたがそもそも違う国です。

1970年に北海油田が発見されて年間1兆円の利益をもたらすことが判明したため、スコットランド独自で経済の切り盛りができる可能性がでてきたため独立の機運が芽生えてきました。

まずイギリス議会に地方分権の強化を成立させ、300年ぶりにスコットランド議会が活動をはじめたところです。
スコットランドがはたして自立できるのかは疑問もあります。

それはスコットランドは中央銀行を持たないため、独立した場合に通貨に価値がなく、経済破綻してしまうだろうとの見方があるからです。

そこで、スコットランド議会は独立の条件としてイギリスポンドを通貨として使えるようにイギリス政府に約束を取り付けようと動いていますが、現在のところイギリス政府はポンド承認はしない意向です。このポンド承認をしないと言う駆け引きがイギリス側から言えば、スコットランドの独立を思いとどませられる手段として有効と考えているので譲歩しない見通しです。

通貨の問題はスコットランドとしては、ポンドが駄目ならEUに加盟して国際的信頼度の高いユーロに移行して切り抜けるという選択肢も残されているのです。
ユーロ圏は全体経済となることから運命共同体になるのでスコットランドが経済破綻しても支援を取りつけられる魅力もあります。ですが中央銀行を持たないスペインが経済破綻したりユーロにより借金を重ねたギリシャが破綻したりしたように、たとえユーロに切り替えてもそれだけで解決するという話でもないのです。

独立投票はスコットランド民族の意向確認であって
すぐに独立承認ではありません。独立賛成という結果になった場合、今後、イギリス議会と様々な権益の移管問題を協議した上で承認となります。流れとすれば独立賛成が住民の意志であるのならイギリス政府は独立を認める方向性にありますが権益移管の協議においてスコットランドの権益が不充分だったり、通貨問題などの判断で独立が損であるとスコットランド議会が判断した場合にスコットランドの方から独立を取りやめるということはできるでしょうがイギリス政府からは独立は承認する方向でしかありません

この際、武力衝突は避けスコットランドの意向を反映するというのが
もっかのところのイギリス政府の立場です。

また、スコットランドが独立した場合、イギリスの持っていた貿易上の権益が撤廃され
スコットランドはそれぞれ別個に各国と貿易交渉を行わなければなりません。その場合、例えばスコッチウィスキーはスコットランドの収益の大きな部分を占めるのですがイギリス連邦に所属していれば各国は関税撤廃商品として扱いますがスコットランドが独立すると別問題なため
関税の撤廃品目として取り扱ってもらえないならスコッチウィスキーの売上を落とすことにもなります。

さらに、権益移管の懸念のひとつはスコットランドにイギリス海軍最大の基地であるクライド基地がある他、軍事面でスコットランドがイギリス連邦に委ねるのか、独自の軍隊を持つのかということです。イギリス連邦に委ねるのなら、スコットランドが選択しようとしているEU加盟にもイギリス政府の協力と承認が必要となり外交政策そのものが、イギリス政府の承認待ちという独自性を確保しにくい政権になります。そこでスコットランドが独自に軍隊を持ち独自性を維持しようとすれば、スコットランドはイギリス政府から基地を購入しなくてはなりません。この費用負担で北海油田の権益が飛んでしまいかねないことも懸念材料にあります。

また、イギリス政府はあらたな海軍基地などをイングランド領土に作る必要が発生するのでスコットランドに対して、無償とか割安で軍事基地を移管することはないと思われるため、スコットランドとしては頭の痛いとこです。

スコットランド独立の動きは世界で注目されていて
同じように
スペインのバルセロナを中心としたカタールニヤ地方やドイツのミュンヘンを中心としたバイエルン地方、ベルギーのアントワープを中心としたフランドル地方などが独立に対しての意欲を示しているようです。

独立は可能なんでしょうか? 独立した場合、イギリス国旗はどうなるのでしょう

EUで統合されて、西欧が一つにまとまるかと
思いきや、そうは簡単にいきません。

統合されれば、外国人と接する機会も多く
なり、逆に民族のアイデンティティが刺激され
るのです。

また、EUという大きな共同体の中で保護され
ますから、小さな国が独立してもやって
いけるのです。

スコットランドの独立運動は、こういう
大きな情勢をバックにしたものです。


”スコットランドはすんなり分離独立できるのだろうか?”
     ↑
そう、すんなりとはいかないと思います。
イギリス政府はウン、とは言わないでしょう。

スコットランドには、核基地があります。
また、年収1兆円といわれる北海油田があります。

独立させたらイギリスはこれらの利益を失うおそれ
があります。
やるとしても、この二つの問題を解決できてから
の話でしょう。


”ユニオンジャック(英国国旗)は、どう変わるのだろうか?”
     ↑
これは興味深い問題ですが、スコットランドの
部分だけ抜ける、となるのが自然ですね。

仮に投票で分離独立が決議されてもその瞬間に分離独立が発効するわけではありません。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM18034_Y4A210C1000000/
に議論されていますが、協議が必要なわけです。

英国のオズボーン財務相は「スコットランドが英ポンドを共通の通貨として正式に認めることには反対」「通貨は離婚する夫婦が分割する財産とは違う」と述べています。
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304408504579562793158450148
ユーロ諸国では多数の国が同じユーロを用いていますが、英国とスコットランドが同じポンドを用いるかどうかという問題です。英国側は反対の立場です。スコットランド行政府のサモンド首相は「(ポンドは)共に築いてきた財産である」と述べてポンドの継続使用を求めています。下記はこの件に関する解説記事です。
http://ecowww.leh.kagoshima-u.ac.jp/staff/nakajima/e-februar%2014/13.02.S.html

サモンド首相はEUにも加盟したいようですが、スコットランドのEU加盟は欧州委員会のバローゾ委員長が反対を表明しているようです。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N14VTI6KLVRW01.html

現在のところこれらが大きな問題になっています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/スコットランドの国旗
によるとスコットランド側ではもともと独自の旗があるので問題がありませんが、英国側は変える必要が出て来るかも知れませんね。どうするかはまだ決まっていないかも知れませんが。下記に議論されています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1279347182

イギリスが分裂した場合、日本に影響はありますか?

スコットランドが独立したらエリザベス女王はさぞ困るでしょう。何しろ夫は「エディンベラ公」、つまりスコットランド貴族ということになっていますからね。

さて、日本経済やアメリカ経済への影響ですが、中長期的にはほとんどありません。
国が分かれても、日本やアメリカからイギリスへという物理的な距離も変わりませんし、スコットランドが独立した後に鎖国をするわけでもないからです。

イギリスはGDPで10%程度を失い、また油田を失うため、イギリスとしてのGDPには大きなマイナスですが、スコットランドと合計した場合にはそれほど大きな違いはないでしょう。

短期的には、何が起こるかはかなり難しいところです。おそらくは住民投票で否決されて終わると思いますが、賛成した場合にはスコットランドの経済封鎖や、最悪の場合にはイギリス軍による軍事的な再占領もあり得ます。
軍事的再占領になった場合にはスコットランドに絡むだけではなくイギリスに絡むものまで全て影響を受けることが避けられません。
とはいえ、日本にとってイギリス全体であっても2兆円程度(GDP比0.5%以下)なので、全体としてみれば経済的な影響は軽微でしょう。

【スコットランドの裂け目】 地図で見るとスコットランドの北のほうに斜めの裂け目がありますが何でしょうか

大西洋側のローン湾奥のフォートウィリアムから、北海側のマリー湾奥のインヴァネスへ抜ける谷間ですね。ここはグレートグレン断層という地溝です。有名なネス湖やイギリス最大のローモント湖があり、それらをつないでカレドニア運河が作られています。

世界遺産の首都・エディンバラはどんな街ですか?

街の印象は「絵本の中の街のよう!」です。
ロンドンは近代的ですが、エジンバラは本当に昔のままのイメージでステキです。
レンガのブリックではなく、石のブリックの建物(石というと怒られますが^^;)が
並んでいるので、よけいに雰囲気があるのかもしれません。
よく街中にバグパイプの演奏をする人が出没します。
駅の近くに花のきれいな公園とエジンバラ城があります。

スコットランドの中では都会なので、田舎の親切なおじさん・おばさんがそこら中にいる
感じではありません。でも、インフォメーションの人はとても親切でした。
ホームステイ先のご夫婦もとても親切でした。
英語はなまってますので、???となることがあります。

中世の雰囲気が残る街です。
ロンドンとは違って本当に古都という感じ・・・ちょっと暗い感じはします。

街の中心を走るロイヤル・マイルの両端には、エディンバラ城とホーリールード宮殿があり、どちらも血なまぐさい歴史があります。
ロイヤル・マイルには「クロース」と呼ばれる細い路地がいくつもあって、思わぬところに出たりして迷路みたいで面白いです。
また、夜はゴースト・ツアーもやっています。心霊スポット多いんですよ。
昔は魔女裁判もやってましたしね。

ホーリールード宮の裏手には、小高い丘があって、そこからの眺めは最高です。
登るのはちょっと大変ですけど、ハイキングがてら・・・
または、カールトン・ヒルからの眺めもいいです。

旧市街と違って、新市街は明るくおしゃれな感じです。

エディンバラ城の前庭では、夏はミリタリー・タトゥという、国際音楽祭をやります。
バグパイプの演奏しながらの行進は見物でしょうね。

また、大晦日から元日はホグマニー・パーティという催しがあって、チケット買わないと会場には入れませんが、新年になった瞬間には城から花火が打ち上げられるのでそれだけ見ても盛り上がります。

スコッチウイスキーってお菓子の中にウイスキーが入っている物ですか? また、スコットランドの良いお土産があったら教えてください

ウィスキーです。ウィスキーボンボン(チョコの中にウィスキーが入っている)ではありません。
かなり癖のあるものが多いようです。
グレンフィディックが有名です。三角の瓶なのですぐわかるでしょう。似た形でグレンなんとかというのはかなり多種類ありますので混同しないよう。
私の好みはラフロイグ (Laphroaig) ですが、匂いが強烈で呑めない人もいるかも知れません。

スコッチはウィスキーの一種ですよ。
名産品です。
日本ではカティーサークなどが有名でしょうか。
個人的にスコッチの神髄はシングルモルトにあると思いますが、ブレンデッドにも美味しいものがあります。
*いわゆる原酒に近いのがシングルモルトで、これをグレーン(トウモロコシのウィスキー)とブレンドする事で味を均質化したものが一般的なスコッチと呼ばれています。

ブレンデッドはかなりの数が輸出されており、別にスコットランドまで行かなくとも手に入るものが大半です。
その土地ならではの味が欲しければシングルモルトが良いのではないかと思います。アイラ島はシングルモルトの原産地として有名な場所のひとつで、先の回答にもある「ライフログ」もそのひとつ。個人的には「ボウモア」の方をお勧めしておきます。

これ以外の名産と言って思いつくのは「タータン(チェック)」や「キルト」でしょうか。
後はグラスゴーがあるので、ロックのイメージもあります。ちなみに中村俊輔の移籍したセルティックもこのグラスゴーのチームですね。

スコットランド在住です。
スコッチウイスキー!ウイスキーですからね。まちがえないでくださいね。在住としては心が痛みます。とほほ。
さて、お土産ですが、お土産やさんで山のように積まれているのはショートブレッドです。棒状のものや、丸いもの、大きな丸いものを切ったタイプのもの、いろいろあります。ショートブレッドは簡単に言えばビスケットです。おいしいです。友達がくるとお勧めしています。
こちらでは家庭でお茶するといえばショートブレッド必ずでてきます。たぶんロンドンあたりのアフタヌーンテイーでもでると思います。
キルトも有名ですが、こちらでは男性の伝統衣装ですので、あまり女性用のものは見つけづらいかもしれません。
時期にもよりますがカシミアやウールのセーターもお勧めです。とても暖かいです。なにせこちらは寒いですから。
ネス湖のネッシーグッズもお勧めです。笑。私はグラスゴーの空港で売っているネッシーチョコレートがお勧めだと思います。めちゃめちゃばかばかしくておもしろいですが、他では見かけないので残念です。

ラグビーのスコットランド代表のエンブレムがアザミの花なのですが、どうしてですか?

アザミはスコットランドの国花です。

夜の闇にまぎれてスコットランドを攻撃しようと裸足で身を潜めていたヴァイキングたちが、アザミのとげを踏み、その痛さに思わず声をあげたことによって、スコットランドの人々が侵略の危険を察知した、という言い伝えがあります。

また、Flower of Scotlandと言う非公式国歌があり、ラグビーの国際試合でも歌われるそうですが、この花はアザミの事で、歌のモチーフとなったバノックバーンの戦いは、アザミの花の棘でイングランドのエドワード2世を退けたという故事があるそうです。

まとめ

必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ