映画『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』をサントラで楽しむガイド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3744
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OKWAVE Stars

2014年10月11日公開の映画『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』は、チェロを愛する17歳の高校生ミアが交通事故によって遭遇する、生死の選択をめぐる感動の物語。
本作の重要な要素となっている音楽について、サントラ楽曲を紹介します。

サントラ収録曲ガイド

Photo by OKWAVE Stars

1. "Who Needs You" – The Orwells

1曲目を飾るのはイリノイ州シカゴ郊外にあるエルムハースト出身のロックバンド。キャッチーなギターと歌が素敵なバンドです。

2. "Until We Get There" – Lucius

幻想的な楽曲に味のあるギター、そして女性ツインボーカル!ビジュアルも個性的です。

3. "I Want What You Have" – Willamette Stone

Willamette Stoneってどんなバンドだっけ?知ったかぶりしてはいけませんよ(笑)
Willamette Stoneはアダムのバンド。つまり、この映画の中に存在する架空バンドなんですが、映画内で使われている楽曲がちゃんとあるのです。

Willamette Stoneはインディーズ・ロック・シーンで注目を集めつつある存在ということで、ギター主体のサウンドが特徴。ぜひこの機会にジックリ聴いてみるのも良し。アダム役のジェイミー・ブラックリーなかなかの歌い手です。

4. "All of Me" – Tanlines

ジェシー・コーエン(シンセ)とエリック・エム(ギター/ボーカル)からなるニューヨーク/ブルックリンのダンス・エレクトリック・バンド。このサントラの中で唯一のダンスチューンですね。

5. "Promise" – Ben Howard

イギリス出身の注目株シンガーソングライター。繊細でアコースティックな佳曲。

6. "Never Coming Down" – Willamette Stone

Willamette Stoneの2曲目はパワーポップ風ロックチューン。ノリノリですね♪

7. "Halo" – Ane Brun & Linn?a Olsson

Ane Brunは北欧ノルウェー出身のシンガーソングライター。いい声です。
Linn?a Olssonはスウェーデンのギタリスト。本作では繊細なアコギを披露していますが、本来はヘビーなギターを弾かれる方のようです。

8. "I Will Be There" – Odessa

キャッチーで浮遊感のあるサウンドが素敵です。この方は日本語の情報が無いですね。こういった方と出会えるのもサントラならではの楽しみですね。

9. "Mind" – Willamette Stone

Willamette Stoneの3曲目はスウィートなギターリフのパワーポップ・チューン。いかにもインディーズ・シーンを席巻してそうですね。

10. “Morning” - Beck

Beck6年ぶりのアルバム『モーニング・フェイズ』(MORNING PHASE)(2014)収録の美しいバラード。アコースティックギターと歌がキラキラしてます。まさに“Morning”。

11. “I Never Wanted To Go” – Willamette Stone

Willamette Stoneの4曲目はアコースティックギターの弾き語り風の佳曲。映画の中ではWillamette Stoneの練習スタジオでのシーンの楽曲ですね。

12. “Karen Revisited” – Sonic Youth

インディーズ・シーンに大きな影響を及ぼすSonic Youthの『ムーレイ・ストリート』(Murray Street)(2002)収録の楽曲。全体で11分あるわけですが、3:30以降はキターって感じで嬉しくなっちゃうのは私だけでしょうか?
映画の中ではアダムがSonic YouthのTシャツを着ているシーンにも注目ですよ。

13. "Today" – Willamette Stone

ミアの家でのホームパーティでアダムをはじめ、Willamette Stoneのメンバーたちと、ミアのチェロとで共演する名シーンで使われているのがこちら。素敵な曲です。

14. "Heart Like Yours" – Willamette Stone


アダムがミアに歌いかける涙モノのシーンで使われるのがこの曲。歌詞にも耳を傾けよう。

15. "Heal (If I Stay Version)" – Tom Odell


イギリスのシンガソングライター、トム・オデールの素敵なピアノバラード。オリジナルアルバム『ロング・ウェイ・ダウン』(LONG WAY DOWN)(2013)収録とは別バージョン。

16. Suite No. 1 in G Major for Solo Cello, BWV 1007: Prelude (composer: J.S. Bach)

バッハ作曲の「無伴奏チェロ組曲」ですね。タイトルは知らなくても、出だしのチェロの旋律はみんな聴いたことあるはず。

17. Cello Concerto in A Minor, Op. 33 (composer: Camille Saint-Sa?ns)

「チェロ協奏曲第1番 イ短調」(作品33)は、カミーユ・サン=サーンス作曲による最初のチェロ協奏曲。短いながらもドラマチック。

18. Sonata in B Minor for Solo Cello, Op. 8 (composer: Zolt?n Kod?ly) - performed by Alisa Weilerstein

ミアとアダムの“初デート”のチェロのコンサートで演奏されるのがこの「無伴奏チェロソナタ-第1楽章」。アリサ・ワイラースタインは注目のチェリストとのこと。

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』映画公開情報

Photo by OKWAVE Stars

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』

2014年10月11日(土)新宿バルト9 梅田ブルク7 他ロードショー

監督:R・J・カトラー
原作:『ミアの選択』(ゲイル・フォアマン・著、三辺律子・訳、小学館刊)
出演:クロエ・グレース・モレッツ、ミレイユ・イーノス、ジョシュア・レナード、ジェイミー・ブラックリー、ステイシー・キーチ
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.ifistay.jp

? 2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights Reserved.

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』特集!プレゼント企画も!

Photo by OKWAVE Stars
OKWaveでは『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』公開を記念して、特集ページを用意しました。試写会ご招待企画(※終了/鑑賞いただいたOKWaveユーザーの感想コメント掲載中)、主演クロエ・グレース・モレッツのサイン入りポスターのプレゼント回答企画(※終了)を実施しました。

☆『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』公開記念OKWave特集

http://entame.okwave.jp/ifistay-movie/

Photo by OKWAVE Stars

まとめ

Photo by OKWAVE Stars

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』見どころ


交通事故で家族を失い、自身も昏睡状態という主人公ミアが、ベッドに横たわる自分の姿と幸せだったこれまでの人生、そして、彼女を死の淵から呼び戻そうとする人々の姿を見つめ、人生の大きな決断を下す…

ミアと家族の物語。ミアとアダムをつなぐ音楽と愛。それぞれに漂う空気感をぜひ感じ取っていただきたい。どこかに自分の姿が見つかるはず。


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

サントラはiTunes Storeや全国の輸入盤販売のお店で♪

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ