クリーニングを上手に利用するガイド 上下スーツの上だけ紛失?等トラブル対処法も

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

今日はクリーニングの日。「ク(9)リーニ(2)ング(9)」の語呂合せから、全国クリーニング環境衛生同業組合連合会によって1982(昭和57)年に制定されました。


クリーニングとドライクリーニングって何が違うの?

事前に確認して~!とプロが嘆くクリーニングに出されたポケットのカオスな中身とは?

戻ってきた服が裂けてた!上下スーツの上だけ紛失、どうなるの?


といった今回は上手にクリーニングが利用できるようなお役立ちQAを集めました。

まずは基本、クリーニングとドライクリーニングの違いは?

クリーニング

クリーニングとドライクリーニングの違いはなんですか?

こんばんは。クリーニング屋です。
この質問を見たとき本職なのに「ドキッ!」としましたが、我々が3年に1回受講するときに使用する本には「溶剤または洗剤を使用して、衣類その他の繊維製品または皮革製品を原型のまま洗濯する事」がクリーニングとの記述があります。
「ドライクリーニング」とは♯1の方も回答されていますが水を使わない=溶剤によるクリーニングと言います。ちなみに温水を使う洗濯方法を「ランドリー」、ドライクリーニングすべきものを水洗いする事を『ウェットクリーニング』と言います。

ざっくり、洗濯することをクリーニングといい、ドライクリーニングはその洗濯方法の一つ、ということですね。

クリーニングに向くもの、向かないもの、見極めは?

毛皮や皮などは専門店でクリーニングした方が良いでしょうが、それ以外は自宅で洗った方がきれいになると思いますよ。
きっと水洗い可のマークが付いていたら自宅で洗って、ドライマークならクリーニング店でという場合が多いかと思います。でも、ドライクリーニングって油の溶剤で洗うので、水溶性の汚れって落ちないんですよ。水溶性の汚れは、たとえば汗とか醤油とか、つまり家庭の洗濯で落ちる汚れの事なんですけど。ドライだと衣類に負担が少なくて型くずれしにくのですが、襟元とか袖口の汚れは汗で染みこんだ汚れだからきれいに落ちなかったりして、時間がたつと変色して落ちなくなったり、カビが生えたりするんです。

汚れの種類と、生地のデリケートさと型崩れを比べて、より適した方を選ぶのが第一のようです。

こんなものまで出てくる? ポケットの中身

ご自身がきちんとポケットを確認するよう、クリーニング屋では注意喚起しています。
これに関しては自己責任です。
また、他のお客様の品物と洗うので、ペンなどが入っていたら大変です。品物に傷をつけたり、万が一にはインクが漏れて被害は甚大です。
ティッシュでもバカにはできません。
ご自宅で洗濯される際には確認はしますか?
しなかったらどうなるか…分かりますよね?

実家が個人のクリーニング屋ですが、必ず確認しています。
いろいろと出てきますよ。
ティッシュ・ハンカチ・ペン・ライターなんて当たり前。
お金・コンドーム・薬・定期券まで、本当に様々です。

間違えてティッシュを洗ってしまうと悲惨な目に・・・。


ご迷惑をかけないよう、とにかく確認、確認、です。

戻ってきた服が裂けていた!弁償は?

クリーニング屋です。原則として金銭的な弁償を行う場合は事故品は業者が引き取りします。但し、その他の理由で事故品を顧客が引き取る場合は顧客の同意を得て事故品の賠償額の一部をカットする事ができると「クリーニング事故賠償基準」で定められています。

基本、クリーニング店が裂けた服を引き取って弁償になるようです。

スーツの上だけ無くなった!揃っていてこそのスーツなのに、片方だけでどうしろと?

主人のスーツ上下をクリーニングに出したところ、
ジャケットだけ紛失されてしました。
やはりスーツは上下で購入していたので、スーツ代
(私は結婚してからのレシートは全てとってあるので)レシートをクリーニング屋に持っていった所、
スーツ上下での金額を頂きました。

私から金額を請求したわけではなく、クリーニング屋からそのような申し出がありました。

ワイシャツやネクタイなどの紛失はよくあるようです。
クリーニング屋からは何と言われていますか?

何も言われていないのでしたら、全額返金してもらうのが筋だと思います。

ニットアンサンブルのカーディガンを紛失されたということであれば、「2点以上を一対としなければ着用が著しく困難な物品についてはその一部にのみ損害が生じた場合でも、一対のもの全体を考慮して賠償額を算定する」と「クリーニング事故賠償基準」にあります。紛失は業者側の過失なので全額弁償を要求してもいいと考えます。業者側の言う事に納得できない場合は行政の「消費者相談窓口」へ相談されて仲裁に入ってもらうのも一つの考え方です

揃っていてこそ、の服は、一部紛失でも全体の保障が受けられそうです。

それでも対応に納得できない時の相談先

国民生活センターHP
http://www.kokusen.go.jp/ で「クリーニング」と検索していただくと参考になるものがあると思います。

pomme2007さんがお住まいの区や市の消費者センターでも相談できます。「○○市消費者センター」と検索かけてみてください。

クリーニングのトラブルは珍しいことではなく、何らかの保障はしていただけるお店のほうが多いようです。
相談窓口には、順を追って何月何日何時に預けてどのような対処だったとか、何月何日何時に引き取ったとか、異変にはいつ気がついたとか、すべて紙面メモを整理しておき、もちろんその後の対応(言われたこと)なども書き留めて、相談に持参しましょう。
また、クリーニング店には、他所へ相談に行く旨も伝えておきましょう。

第三者の意見が聞きたい時は、こちらへどうぞ。

まとめ

気持ちよくクリーニングを利用して、お気に入りの服をいつまでも。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ