足元の友人「靴」特集!「一生履ける靴はある?」「ローテで寿命延長」「靴ヨゴレ客には融資しない?」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

今日はくつの日。登山靴やブランド靴の知識。キツイ靴のサイズを変える方法や臭気対策。その他、靴で人間が判断される?など靴にまつわる様々なQAをまとめました。今後の充実した靴生活にぜひお役立てください

一生、履ける女性用の靴ってありますか?

リーガルはお勧めですよ!!
さすがに一生は無理ですが、メンテナンス次第では長く履けると思います。

私は、リーガルのパンプスとロングブーツを持っていますが、すごく履きやすいし丈夫で愛用してます。
以前は安い靴を履いてましたが、すぐにダメになって・・・(-_-;
やっぱり、長く履けるものを選ぶようになりました。
ちなみに、私の彼氏も仕事用の靴はリーガルを好んで履いてます。

個人的には、クラークスとかトリッペンも好きです。

女性ものということですぐ浮かんだのは、すでに出ていますが「ミハマ」ですね。
幅広い年代が履いていてもおかしくないようなデザインで、私はとても素敵だと思います。
私は25歳ですが、母が持っていたミハマの靴(私より年上?)を引き継いで履いています(笑)
ただ、デイリーユーズすればやはり寿命は短くなると思います。
リーガルも同様で、母が履いていたものを現在共有しています。
ハッシュパピーもこの2つと同じくらいの価格帯で、長持ちしていますね。
ワシントン靴店のアウトレットで激安になってた革のブーツも、かれこれ10年履いています。高校時代に買ってもらったので…
なので値段(ある程度はもちろん大事ですが)よりも、自分の足に合って、きちんとメンテナンスしてあげればかなり長持ちする靴って多いと思いますよ。

私もほとんどの靴を「一生履く」くらいのつもりで、毎年メンテしてもらっています。
(私はメーカーではなく修理屋さんに出していますが…)
修理代の方が新しく買うよりはっきり言ってかかっています(笑)

女性用の靴で一生履けることの出来るものというのは、なかなか難しい
のではないかと思います。元来女性ものに関しては、男性ものに比べて
流行のサイクルが早く、そのため特に既製品に関しては数年で履き捨て
ることを前提にしたものも多く、熱しやすく冷めやすい、または
飽きやすいという下層中流マーケット主体の日本人の気質にはそれが
良いという声もあるほどです。従って大変残念ながらその作りにおいて
長い年月の使用に耐えるようになっていないものも多いのです。
 しかしながら、逆にそのようなことを逆手に取られて うまく御自身
の、ファッションではなく、独自のスタイルを表現されておられる
女性もたくさんおられます。日本人はファッションの言葉の正しい意味
を理解しておらず、とにかく衣装服飾全般のことをファッションという
一言で済ませている人がほとんどですが、基本的に”ファッション”と
は流行という意味が、その第一義なのです。”空気”を読まないと仲間
はずれになるような感じ、という人も多いようですが、ここはひとつ
流行は流行、自分のスタイルは自分のスタイルと割り切ってみるのも
良い考えかもしれませんよ。
 リーガルも確かに長い歴史を持った良い靴屋だと思いますし、また
スタイルの好みもあるかと思いますが、横浜にはミハマという有名な
靴屋さんがあり、修理のサービスがとてもしっかりとしています。
また実際靴をオーダーされたみたいということであれば、ホソノという
靴さんも昔から定評がある靴屋さんです。
 ニューヨークの女性の中には、黒のプレーンなピンヒールのパンプス(踏まれると最高に痛いのですが...)に強いこだわりを見せる方も
多いように思います。将来チャンスがあれば、ニューヨークの靴屋
や、もしくはフィレンツエのフェラガモなどで そうしたパンプスを
オーダーされて大切にされるのも良いのではないでしょうか。また
日本においては山口千尋(やまぐち ちひろ)さんという方が、ギルド オブ クラフツという靴の製造販売の会社をされており、大変注目を
されておられ、銀座や浅草などにお店を出されておられます。婦人物
も作られておられますので、一度尋ねられて話を聞いてみるのも良い
のではないでしょうか。
 ファッション・即ち流行とはどちらかと言えば女性のものですが、
その中で靴は健康、ひいては寿命にも関係するものですので、一生物
とまで行かなくても修理をして長く履ける物を、という考えは大切な
ことだと思います。(文中記したお店等については、全てグーグル等
で検索すれば、すぐに出てくると思います。)

■たしかに女性は流行に敏感なので難しいかもしれませんね。男性ならある程度長く履ける靴はありそうです

登山用の靴はどういうものを買えばいいですか?(初心者)

近場のハイキング程度なら
運動靴程度でもかまいませんが、

それなりの傾斜がある山にいくなら、
できれば、
・自分の足にあったもの
・底がそこそこ硬くて滑りにくいソールのもの
・くるぶしを確実に覆ってくれているもの
・ちょっとした雨なら防いでくれる防水機能のもの
・贅沢を言えばゴアテックス素材のもの

まずは登山用品店で店員さんのアドバイスを聞きながら
予算にあわせて選ぶといいでしょう。

最初~3度目ぐらいの経験では靴が足に合って
いるか自分で分りませんので、お近くのABCストアでも、ジャスコ
でもかまいませんので5000円未満のハイキング・トレッキング
用と書いてある靴を買ってください。
普段履いている靴より1サイズ大きなものを選び、同時に登山用の
厚手の綿じゃない靴下も購入します。
その靴+靴下で歩行3時間ぐらいの山を何回か歩いてください。
そうすれば靴に対する不満が出るとともに、つぎにはこんな山に
登りたいと言う個人的希望も出てきます。
そういう状態になって、登山を今後も続けるのであれば好日山荘
のような専門店に行って靴を選んでください。

個人的感想ですが、一回で山はこりごりって人も多いので
最初から1~2万円もする登山靴を買うのは冒険が過ぎると
思います。

■お試し靴・お試し登山で見極めてから、ということですね

靴ブランドのカルミナとチャーチはどちらが有名ですか?

チャーチの歴史は古いですよ

イギリス、ノーザンプトンの工場で作っています

カルミナはスペイン製ですね

スペイン靴は、スペイン他国にある程度靴を作らせ、仕上げをスペインで行うシステムが多いです

でも、知名度に関係無く、物の質と足形のマッチングで買いましょう

どちらが有名と言えば、歴史が古いチャーチでしょうね

私はチャーチを10年くらい前に6足ほど買って、いまだに履いていますから知っていますがが、カルミナという靴は知りませんでしたから、チャーチの方が有名だと思います。
ちなみに私が購入した頃のチャーチは4~5万円くらいでした。
それから、ピアース・ブロスナンが007のとき履いていた靴もチャーチでした。

■007が履いている靴というのは憧れます

靴のローテーションをすると寿命は延びますか?

もちろん、履き回すといっても履き方・保存方法や状態・ケアーなど靴への
接し方により左右されるものですが、回して履くことは、靴の寿命を延ばす
ことにつながります。

靴の大敵は、雨や汗の水分です。例え雨が降らなくても一日使用された靴は
多くの汗を含んでいます。この汗が乾かない内に履くと、通常の使用より
あらゆる部分の消耗が増加します。例えば、3足で3日のサイクルをまわす
ようにすると、連続で履き続けるより消耗を防ぐことにつながります。

確かに、毎日同じ靴を履いてると、靴の形が崩れるのが早いと思うよ。
足の裏から出ている汗って、かなりの量らしいし。

でも、靴も流行り廃りがあるから、3年も4年も、同じ靴を履いてるってこと、少ないと思うんだけど。

そりゃ、フェラガモとか、デザインが変わらないけど、他のメーカーって、デザイン変わっちゃって、あまりにも古い靴履くの、ちょっと恥ずかしいしね。

いわゆる「革靴」を前提にした場合ですが、うまくケアすればちゃんと「寿命が延び」ます。もちろん、同じ靴を続けて履かずに休ませるのもケアの一部です。
一日履いた靴の汗を乾燥させるには、シューツリーなどをこまめにい入れておかないと、靴底まで反り返ってきます。
(勿論定期的に手入れをした上で)そこまでこまめにやれる前提なら、トラッドで流行廃りにあまり関係のない靴を履きまわすのもいいと思います。

私は10年くらい前に買った某ブランドの靴を修理しながら、今も履いています。
足型がついていまや手放せません。育てる楽しみ、といったところでしょうか。
その代わりいい靴でないとそんなにもちません。値段もそれなりにしますけれど。

■一応ローテを心がけていますが、つい気に入っている靴を続けて使ってしまいます

買った靴がキツめでした。自分で広げる方法はありますか?

こういうのを使うといいんですかね?
(実際にはスプレーくらいしか使ったことはないんですが)

http://www.rakuten.co.jp/actika/408468/
http://item.rakuten.co.jp/sunstone/c/0000000132/

ステレッチャーぐらいでしょうか
あとは靴の修理屋でもやってくれるお店もあります
ただ、ストレッチャー等で大きくすると形が崩れる場合もあるので慎重にやったほうがいいと思います。

■こういう道具があることは知りませんでした

靴が臭います。対策はありますか

10円硬貨を靴に入れておく。
銅イオンの殺菌効果で、バクテリアの増殖をおさえ、においを抑える働きがあります。

靴の材質でにおい具合が違うと聞きました。皮革より合成皮革の方が匂うそうです。皮革はま・生き物の皮ですからね。

におい対策としてはANo.1の方のでよろしいかと思いますが、安価でゆくと「新聞」が良いのでは?それで駄目な場合カイロということで^^新聞は丸めて先に詰めて(かさっと全体に詰める)置き場所は乾きやすそうな暖かい場所がよいと思います。

通気性が悪いと匂う場合もありますので、とにかく換気を良くすることをおすすめします。その日履いた靴は次の日は履かずにゆっくり休めましょう。何足か追加で買ってきて、ローテーションで履いていくのもいいと思います。
あと、足が濡れたまま靴を履いたことはございませんか?特に雨で濡れたあとはしっかり乾かしてから履きましょう。

■10円消臭は手軽でいいですね。試してみます

「靴を磨いていない客には融資するな」

靴を磨く余裕もない人間は返済能力もない、ということだと思います。

きちんとした人間か、だらしない人間かくらいは想像できそうですね。
私は、身なり・手・書く字等を見て、その人の年齢・職業にふさわしいかどうか、参考にしたりはしましたね。

デパートの店員もそうなんですが、お客様の靴をみます。
靴は消耗品だし手入れをしなかったりザツに扱う場合も多いですが、靴にまできちんと気を配っている人はお金がありセンスもありお金の使いどころを心得ているとみなされるらしいです。

■「自分の持ち物はきちんと手入れする」「汚れたらすぐに気づく」という二点でも人間性は分かりそうですね

靴を間違えて履いて行かれた方いますか。靴は戻ってきましたか?

間違えた経験者の家族です。

法事の席でのことです。
普段、なかなか集らない親族が一堂に会したので、父はへべれけに酔っ払っていました。
玄関の電気が薄暗かったことも、原因の一つでした。

家に帰って、自宅の玄関で。
灯の真下で気づいた。
靴の色が、自分の物と違うことに。
「兄貴の靴や」と言うが早いか、父はその靴を履いたまま、歩いて返しに行きました。
兄弟、ほとんど同じ背丈。当然、靴の大きさも似たり寄ったりで、黒と焦げ茶は薄暗い灯の下では見分けがつかず…。
返しに行ったら、兄貴もまだ飲んでいたそうで。本人が気づかぬうちに、ささっと自分のを履いて帰ってきました。

飲み会の席では、ご注意をってやつです。

間違えた当人は、「恥ずかしい」と何度も連発していました。

間違えて人の靴を履いて出てきてしまった方です。

恐らくまったく同じデザインの靴同士だったと思うのですが、見た感じ私の(と同じ)靴なのに、履き心地が微妙に違いました。
履き心地の違いに気づいたのは少し歩いてから(多分100mくらい)で、最初はまったく気づきませんでした。

で、やっぱな~んか変…?と思ったのでよく見てみたら、汚れ方や古さが違うかなーって気がしたので戻ってみると、ありました、懐かしい(w)自分の靴が。やっぱり同じ形でもはっきり自分のだってわかりました。

まぁ時間にして5~10分って所でしょうね。

一日経っても帰ってこないってことは、諦めた方がいい気もしますが…
でもまた行く教室でしょうから、もしかしたら間違えた人がまた履いて来てくれるかも??

…しかし、自分の靴じゃないと変な感じしないかなぁ、私はそこが不思議です。

私は銭湯で間違われました、その時は運動靴を履いて行ったのですが、帰ろうとして下駄箱を見ると「無い!!」と言った感じで焦りました、下駄箱の1つ上の段を見てみると履いてきた運動靴と同じ物がありましたが明らかに自分のより汚くてサイズが2センチ大きい物でした「まさかこれと間違えたのか?」と思ってその靴の持ち主を捜しましたがどうやら居ないようでした。

結構高いジョギングシューズで気に入っていただけに残念だったのですがあきらめました、それにしても世の中こんなにも鈍い人がいるのかと思いました、2センチも小さければたぶん履けないだろうなと思ったのですが、間違った彼の汚い靴を見るとかかとをつぶしてスリッパのようにして履いていたので自分の間違われた靴も「かかとをつぶされて無理に履かれているのだろう」と納得しました

探さなかったので戻ってはきませんでした

その時の気持ちはとても腹が立ちましたが反面これほど鈍い人もいるのかとか、何か意図があったのか色々考えましたが上記のような推測に至りました

間違われた靴は間違われた日に靴を履き替えて銭湯まで戻り銭湯の店員にことの顛末を話し預けました


これが私の体験ですが、この時以来よい靴を銭湯などに履いていくのをやめました

■冠婚葬祭は同じような靴を履いてくる人が多いのでとくに危険ですね

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ