クラゲについてなんだかとても詳しくまとめてみた【マニアックガイド】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2330
  • ありがとう数:0

はじめに


お盆過ぎると海水浴で刺されるクラゲ、でも実は年中海にいるんですよ!

水族館でふわふわ泳ぐクラゲを見るのは癒されますね。

実は家の水槽でも飼えるんです。

 

前半は、クラゲに刺された時の処置、どんな刺され方か。

後半は、クラゲの生態に関するQAを中心に集めました。

海で刺されたら!

海でさされた

遠淺の浜辺で海水浴中に線虫のような生物にさされました、2cmほどのみみず腫れが、8かしょできて、傷みと、かゆみが激しくきましたが,何にさされたのでしょうか,教えてください  くらげはいませんでした

みみずばれが複数箇所できたということはくらげに間違いない思います。くらげ本体は見えなくても、何らかの理由でちぎれたくらげの触手は漂って散らばり、触れれば刺胞を発射します。刺されたときにこすらずに注意深く観察すれば、かすかな触手が見られた筈です。

クラゲが見えなくても、クラゲの触手は海を漂ってるので、

そこにちょっとでも人間が触れてしまうと、チクッ!!ぎゃああああ!

刺された後の処置

クラゲに刺された後

今年夏ダイビング中足首をクラゲに刺されてしまいました。刺された時はかなりチクッとして、海からあがってみるとみみずばれのようになっていたので、すぐに酢をかけました。そうしたらかゆみもなくその日のうちに腫れは引き、赤く小さなぷつぷつとしたものに変わりました。
その後はほとんど目立たない状態になっていましたが、二週間後突如ものすごいかゆみが襲い、患部が真っ赤に腫れて、大きなにきびくらいのぶつぶつが沢山現れている状態になりました。
刺された直後はかゆみも患部も目立たないのに、二週間もたってこんなに痒くなる、ということがあるのでしょうか?またその場合、皮膚科などに行ったほうがよいのでしょうか?現在もかゆみと戦っていますが、跡が残ると嫌だなあと思っています。

確証はありませんがクラゲの毒成分でアレルギーを起こしたのではないでしょうか。

私は夏にタチの悪い蚊に刺された事があり(いわゆるブヨかな?)かゆみ止めなどを塗って一時はひいたものの完全に治る様子がないまま冬を迎え、ある時みるみるひどく膿んでしまいました。
市販薬などを塗って、そのうち治まるだろうと思っていてもひどくなる一方。
気づいた時には直径4~5cmほどに広がって少し腫れてもいました。

皮膚科に通って投薬や注射などをして1~2週間ほどで治りました。
あのときの痒さは忘れられないほどです。
早く皮膚科を受診された方がいいですよ。

クラゲに刺されたら?

昨日海でクラゲに刺されてしまい、海水ですすいだりしたのですが、まるで水疱瘡のように赤く発疹のように腫れ上がってしまいました。刺されたときはちくちくしたのですが、今は痒くてたまりません。
 何かいい方法ありませんか。医者に行く暇が無いので薬局で手に入る薬でいいものがあったら教えて下さい。

刺された直後ならば 酢をかけておくというのが応急処置になります。これは 海外のビーチなど行くと 入れ物があってそこに酢がおいてあったりします。クラゲに刺されるとクラゲを食べたことによってショックがおき、大変なことになることがありますから 時間がないとのことですが 必ず病院へ行ってくださいね

まず痛みや痒みがかなり出ますから
「リドカイン」「ジブカイン」などの局所麻酔剤が入ったもの。
それから炎症が起こりますから
「ステロイド」「抗ヒスタミン」なども入った物がよいでしょう。

オイラックスPZやムヒアルファがこれにあたりますが、患部を見せて薬局で相談され、ひどい場合は「抗生物質外用剤」が必要になる事もありますから、その場合は素直に皮膚科の診察を受けてください。

同じような経験をしたことがあります。
みみずばれみたいになりました。
結局ほっておいても直らず市販の薬は効かなかったので皮膚科にいきました。
病院の薬だと治りました。
が、跡が残りました。
早めに病院にいったほうがいいです。
時間がなくてもそれを優先すべきです。


刺されたらすぐ病院に行きましょう!

くらげという生き物について

くらげについて

皆さん今年は海に行かれましたか?私は海開きの日に早速行ってきました。そして、くらげについて疑問をもったのですが、この時期、まだ、きれいな海にはくらげっていませんよね。そして、都市部の港湾に近づくにつれて、くらげが増えます。くらげって汚い海に繁殖するものなのでしょうか?そして、くらげってどうやって繁殖するのですか?卵ですか?分裂ですか?教えてください。

> くらげってどうやって繁殖するのですか?卵ですか?分裂ですか?基本的には「卵」ですよ。「基本的には」って書いたのは、卵ひとつから一匹(で良いのか?)生まれてくるわけじゃないから。受精卵から「幼生」になって、そのうち 帽子を重ねたような 感じで分裂して複数のクラゲになります。

>くらげって汚い海に繁殖するもの~について。大抵のクラゲはプランクトンを食べてます。一部、小魚を食べたり、光合成を行うバクテリアを体内に飼って栄養をもらう変わり種もいます。さて、プランクトンが一杯増えすぎると赤潮ですよね。プランクトンは地上から河川や排水などをとおして流れ込む窒素分やリン分などを食べています。つまり都市部の港湾のような排水が一杯流れ込んで囲まれている地形の海は、プランクトンが大量発生します。あとはお判りですね。プランクトンを食べるのは魚も同じですが、クラゲと違うところは、プランクトンの毒ではクラゲは死なないこと、あんまり酸素を必要としない事です。

暑くなると海水浴で人間とクラゲが接する機会が増えるので刺されて目立つということもあるかな?発電所や工場の取水管を詰まらせる水クラゲなんかは、やっぱり気温とプランクトンの量が影響してるようです。

クラゲというのは刺胞動物のある時期の名称のことを指しているんです。刺胞動物のライフサイクルは受精卵>プラヌラ幼生>ポリプ成体>クラゲ成体の繰り返しです。中には幼生から直接クラゲに変態するものもいますが、一般的にはポリプ成体が変態してクラゲとなります。したがって、一つの受精卵が一体のクラゲに成長するのではないので、クラゲが卵から生じるわけでも、一体のクラゲがニ体のクラゲに分裂して増えるわけでもないんですね。ちなみに、クラゲが独占的なのが鉢虫類でポリプが独占的なのがヒドロ虫類になります。だから、ヒドラのようにクラゲのステージがないものいます。

ミズクラゲの場合はポリプ成体が横軸に分割してストロビラとなります。ストロビラはエフィラというクラゲの赤ちゃんが何重にも重なったものだと思い浮かべて下さい。それが一枚づつはがれて、エフィラとなり、それが成長してクラゲになります。

他にもタマウミヒドラの仲間はポリプにクラゲの赤ちゃんを溜める嚢があってあたかも、産卵のようにクラゲを海水中に放出するものや、ポリプの芽帯から直接、クラゲが形成されるものもいまいす。どちらにせよ、ポリプから何度も無性生殖的にクラゲが生じるので、クラゲの直接の親は卵ではなくポリプになりますね。

お盆過ぎに目立つのは皆さんのおっしゃるようにエサとなるプランクトンが増えるからです。お盆過ぎというとまだ夏のイメージがありますが、夏至からはだいぶ経っているので表層域の海水温度は低下します。それより下層域ではまだ暖かいままなので、温暖で栄養塩の豊富な下層域の海水と表層域の海水との間で対流が起き、プランクトンのエサとなる栄養塩が表層まで上昇してきます。これによってプランクトンが大発生するんですね。表層は熱し易く冷め易く、下層は熱しにくく冷めにくいため、こういう状況が生じるわけです。

光るクラゲを見に水族館に行こう

きれいに光る深海生物教えてください

深海の生物にはきれいな光を発するものが多いですよね。

特にネオンのように七色に光るクラゲの映像をちらっと見てから
あれは何だったのか気になっています。
(調べましたがカブトクラゲというやつでしょうか、はっきり
わからないのですが・・・)

クラゲに限らず、
そういう生物の画像や動画が見られるところがあったら教えてください。

フウセンクラゲやカブトクラゲなどの有櫛動物で、一般に膠胞がある触手をもち、プラヌラをつくらないことなどが、腔腸動物の鉢虫類と異なります。光って見える部分は体側に8列ある櫛板列で、この櫛板列を動かして泳いでいます。有櫛動物もしくはクシクラゲ類で検索して下さい。有櫛動物を飼育・展示している水族館が国内にもあるので、実物を見に行くのも良いかもしれません。新江ノ島水族館サンシャイン水族館茨城県大洗水族館鶴岡市立加茂水族館越前松島水族館名古屋港水族館など


海月の幻想的な光をみると癒されますね

マミズクラゲの飼い方

マミズクラゲの飼い方について

昨日、知人からマミズクラゲ(0.7mm~2cm程のものを8匹)を頂きました。
で、貰ったはいいのですが熱帯魚どころか生きもの自体飼ったことないのでとりあえず直径15cm程の丸い花瓶にカルキ抜きをした水を張りそこに飼っています。濾過機もエアポンプも入れてません。
餌はとりあえずカミハタの「クラゲのエサ」を買ってきて与えてみました(と、言うかペットショップの店員さんに聞いたところ「冷凍のブラインシュリンプは食べないでしょうね~」とのこと)。
しかしよく考えてみたところ「オキアミって海水の生きものじゃね?」と与えてから気付いてしまい…。
そこでいくつか質問なんですが、
・餌はこのままオキアミが主原料のものを与えていいのか
・水槽を新たに買って濾過機やエアポンプを入れたほうがいいのか
・水はただカルキを抜いただけの水道水でいいのか
・その他必要なもの(ライト、比重計、水質調整剤的なもの、水草その他諸々…)

また、寿命や繁殖方法などもご存知でしたらぜひ教えていただきたいです。
(カテゴリ違いだったらごめんなさい)

餌に関しては水洗いした孵化直後のブラインシュリンプを与えるのが無難でしょうね。イトミミズや赤虫なども食べるようですが小さいものに限るでしょう。「クラゲのエサ」は真性クラゲ類向けに調合されていると思います。ヒドロクラゲであるマミズクラゲには適していないかもしれません。そこはカミハタに問い合わせてみてください。フィルターはあったほうがいいですが、真性クラゲ、ヒドロクラゲともに激しい水流は毒です。また、傘の中に泡が入ると死にます。そのあたりは工夫が必要です。カルキを抜いた水道水以上のものを用意するのは困難なので事実上それで飼育するしかないかと思います。ライトは鑑賞上あったほうがいいと思いますがほかは不要です。まあポリプの付着場所としての水草や枯葉などがあればいいとは思います。繁殖については雌雄異体なのでオスメスがそろっていなければ不可能です。成体の繁殖はあまり簡単ではないようです。ポリプの状態だと発芽して結構増えるらしいですが。


ふわふわかわいいマミズクラゲは飼育できます

サカサクラゲの飼い方

サカサクラゲの飼い方

高校生です。
サカサクラゲを買いました。

買った場所では人工海水のプチマリン交換水を勧められて(同シリーズのクラゲだったから?)
買ったのですが。水槽(1.7L)で飼う予定なのですが、一ヶ月ごと1200円は少々高校生には(;^_^Aまあバイトしているので出せなくはないのですが、ヤフオクなどで違う人工海水(よくわからないのですが自分で薄めるタイプ?)がすごく安く売っていてもしそれでも大丈夫ならそれにしたいです。
おすすめとかありましたら教えてほしいです。

あと ブラインシュリンプはどのくらいの量をどのくらいの与えれば良いですか?あと孵化のこつがありましたら教えてほしいです。


他に飼うコツがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

クラゲは水分が90%異常なのでそんなに餌は上げなくて良いと思います。そうですね、スポイト1回分くらいかな。そんなにいらないかな?

水質、水温に気おつけることですね。水質はほんとに大切、定期的に水交換。

孵化のコツは卵のはいった容器を常にバブリングすることですね。あと水温は暖かいほどよい。とは言っても~28度くらいですね。30度を超えると死んでしまいます

よく水槽の下でさかさまになってる愛らしいくらげ

まとめ

Photo by tragos


日本の海辺でも時々打ち上げられているきれいなギンカクラゲ

こんな綺麗なクラゲもいます!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ