スマホで赤ちゃんを何倍も可愛く撮影するコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by PAKUTASO(パクタソ)
子どもが生まれると、「ニコッと笑った」「寝返りした」「つかまり立ちした」など、毎日の“小さな成長”にカメラを向ける機会がぐっと増えますよね。 でも、よく見るとどれも同じアングルの写真ばかり…。それどころか、ちょっとピンぼけして赤ちゃんの表情がうまく見えないこともあるのではないでしょうか? そこで今回は、スマホを使って赤ちゃんを何倍も可愛く撮影するコツをご紹介します!

STEP1白い洋服やタオルを使う

小さな子どものトレードマークといえば、うるんとして澄んだ瞳ですよね。でも、いざシャッターを切ってみると、その魅力が失われてしまいがち…。そんなときは「白い洋服」を着させたり、「白いタオル」「布」を使って、できるだけ多くの光を入れてあげましょう。日中の太陽光を利用すると、キラキラとした瞳を写真に収めることができるはずですよ。

STEP2赤ちゃんが「全体の1/3」を占める構図で撮影する

子どもの成長を記録するには、全身を撮影するのもありですが、いつも頭からつま先までの構図ではつまりませんよね。そんなときは、全体の1/3くらい赤ちゃんが占めるまでぐっと寄ってみましょう。たったこれだけで、センスの良い写真に仕上がるはずです。さらに、赤ちゃんと同じ目線でカメラを構えたり、ちょっと下から撮ると、表情豊かな写真が撮れますよ。

STEP3動き回る子どもは「連写」にお任せ!

「ハイチーズ!」とカメラを向けても、じっとしていられないのが子どもですよね。仕方なく動き回る様子を撮影したけど、やっぱり出来はイマイチ…。そんなときは、「連写」機能を使って、10~20枚まとめて撮影してみましょう。明るさを調節しながら撮影すれば、お気に入りの1枚が見つかるはずですよ。ちなみにデジタルズームを使うと、どうしても画質が粗くなってしまうのでおすすめできません。できるだけ子どもに近づいて撮影してくださいね。

まとめ

ちょっとしたコツを抑えるだけで、自分でもビックリしてしまうほど“プロ並み”の写真に仕上がります。あなたもスマホを使って早速挑戦してみてはいかがですか?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ