水分補給にオススメの飲み物!ダメな飲み物!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:19554
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

夏本番!熱中症対策のためにも水分はこまめにとりましょう!

といわれていますが、どんな飲み物がいいのか、どんな飲み物がダメがなのか、QAからチェックしてみました。

オススメの飲み物

水はほとんどが小腸の上皮細胞で吸収されます。

この小腸の上皮細胞にはNa/グルコース共輸送体(SGLT)があります。
ですので、Naとグルコースがあると、その取り込みが起こるのですが
その時できる浸透圧差を利用して大量の水の吸収が起こります。

ですので水だけより、Naとグルコースがあった方が個人差があるのですが
数倍水の吸収率がアップします。

また、浸透圧差を利用するため、濃すぎると逆に水が体外に放出されますので
体のイオン濃度と等しいものが好ましいです。

となるとスポーツ飲料ですね。

スポーツ飲料は、汗と共にNaなどが排出されるから、、、というだけでなく
Naなどがあると上述の通り水分の吸収率が上がるからという理由でも
水分補給に好ましいものです。

ですので、ポカリスエットやアクエリアスですね。

ただ、あまり飲み過ぎるとグルコースやNaのとり過ぎの害になるので
水分供給のすべてをスポーツ飲料に依存するわけではなく、通常の水と合わせて
特に水分を失ったなと感じる際に利用するようにしてください。

オリジナルの飲み物

スポーツドリンクは高くつきますから自分達で作ればいいです。
塩(出来れば天然塩がミネラル補給にいいです。)、
クエン酸(薬局で売っています。)、蜂蜜(若いから砂糖でもいいでしょう。)
これらを味が無いほどの濃さで入れて飲めばいいです。
氷があると美味しく飲めるのですが、
またどの味かを少しリッチにすれば飲みやすいです。

熱中症予防の水分補給

熱中症予防の水分補給
先日、テレビで熱中症予防をやっていました。
参考に見ていたのですが、水分補給のことで質問です。
よく夏の水分補給にはスポーツドリンクやそれを薄めたものが良いと聞きます。
見ていたテレビでは、
500mlの水に梅干1個を混ぜる
500mlの水に塩2つまみとレモン汁小さじ1杯とはちみつ大さじ1杯を混ぜる
薬局で売っている経口補水液
この3種類がオススメということでした。
私は、もともとスポーツドリンクが苦手(味が嫌いです)で酸っぱいものが苦手なので梅干もレモンもダメでした。塩分を摂るのも苦手です。経口補水液もまずかったです。
ただコーヒーや紅茶(共に無糖です)を飲むよりかは良いかと偶然いつものスーパーで見つけた「ハト麦ブレンド茶」というペットボトルのお茶が好みに合い、毎日500mlくらい飲みます。
その成分に500ml中、糖質1.5g、ナトリウム35mg、食塩相当量0.1gとなっています。
これでは夏の水分補給に合わないでしょうか?
ちなみに他には水分としては
朝、カフェオレ1杯と野菜ジュース(果汁100%)100ml
昼、カフェオレ1杯
夜、味噌汁1杯と野菜ジュース(果汁100%)200ml
入浴後、野菜ジュース(果汁100%)100ml
大体平均これくらいです。
カフェオレはもともとコーヒーが好きなのですが、牛乳を取ろうとした結果です。
一日3杯くらい飲むこともあります。
どうでしょうか?
口に合わず「まずっー!」と思いながらも我慢して良いと言われている物を飲んだ方が良いですか?
仕事はデスクワークなので外で汗をかくのは一日せいぜい30分から1時間です。

熱中症になりそうな時でも外で活動しなくてはならない人は
塩分(ナトリウム)が不可欠です。
スポーツドリンクは摂取後も真水より体内に水分をとどめておいてくれるのです。
真水だけでは太ったりしません。

♯1さんのおっしゃるようにそんなに汗をかかない環境では好きなモノ飲んでいて良いと思います。

>500mlの水に梅干1個を混ぜる
梅干しには疲労回復、解熱、抗菌・防腐などの作用があるので、いまの季節にお勧めと言うことではないでしょうか?

>500mlの水に塩2つまみとレモン汁小さじ1杯とはちみつ大さじ1杯を混ぜる
ハチミツには様々なビタミンとミネラルを含んでいますので、疲労回復に良いと思います。
レモンはコラーゲン生成に必要ですので、疲労回復とお肌などの美容に良いです。
こちらは女性向けと言った気がしますが、筋肉はコラーゲンでできていますので疲労回復にもなると思います。

汗をそんなにかかない状況では、普通に食事をされているのならハト麦ブレンド茶で十分ではないでしょうか?

ビールでの水分補給は本当に出来ない?

水を飲むと飲んだ分の40%程度が尿として排泄されるそうです。
一方、ビールをはじめとするアルコール飲料の場合は、アルコールが脳下垂体後葉という部分から放出される抗利尿ホルモンというものを抑制するため、尿の量が増加します。これが利尿作用です。

ビールの場合、1リットル飲むとそれを上回る1.5リットルぐらいの水分が尿として排出されるらしいです。

加えて、アルコールを分解するにあたって大量の水分を使いますし、細胞内外の水分比率が狂い、脱水症状に陥る危険性があるらしいです。

>運動後の一杯の爽快感に後ろめたさを感じさせるこの発言。
一杯なら、そのあとのフォローをしっかりすれば大丈夫でしょう。
ビールだけでの水分補給はできないようです。

まとめ


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ