人を褒められないのは心の狭さ?褒め上手になって人間関係を良好にする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by イラスト(C) シンフィールド/みじんこ奥サン
誰でも人間関係は良好にしたいと思うもの。そして人間関係を良好にするのに相手を認め褒めることは大事なことですね。皆さんの人間関係は良好ですか? 今日の「美女のモト」は"人を褒められない"という女性からのお悩みを取り上げます。 人間関係をスムーズにする上で大事だと分かっていながら、なかなか同僚を褒められないお悩み女子に、今日のスペシャリストからはどんな回答が寄せられるのでしょうか? 働く女子応援アプリ「美女のモト」がQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、「人を褒められないんです…!」という質問をピックアップ。ワーク・ライフバランスコンサルタント 風間正彦さんからのアドバイスと合わせてお届けします。

【お悩み】人間関係をスムーズにしたいのに、人を褒められないんです…!

人を褒められないんです・・・!

自分の心の狭さだと思いますが、人間関係をスムーズにする上で多分大事だと思うことが出来てないので、どうしたらいいか教えてください!

私は他人をあまり褒めることができない人間です。
なぜかなーと思って考えたところ、人を褒めるのは自分が下だと認めたみたいで、悔しいんです。あまり仲良くない人とか、同僚でライバル心のある人とか、可愛い服を着てきてるなーかわいいなって思っても、負けたくなくて褒めることができません。心では、「すごく可愛い!いいな!素敵!」とは思っていますが、一方で「悔しい!私より可愛い・・・」って思ってしまって・・・。

さらによく考えると、好きな先輩や、後輩や心を許した仲良しの人は素直に思ったとおり褒めることはできます。あまり仲良くない先輩とか、仕事だけの同僚とか、距離を置いてる人を褒められないんですね。「悔しい」とか「がんばりすぎ」とか、意地悪なほうに心がシフトします。

みんなのことを褒める必要は無いと思いますが、私の場合、人によってあまりにも気持ちがちがうのでちょっと心が狭いのかなって思いはじめました。

仕事で意地悪されたとか、そういう人には褒めなくていい気もしますが・・・「可愛い」と思った気持ちは本物なので、きっとそれを伝えたら仕事でもいい人間関係が築けけそうですよね。こんなことで悩む自分が面倒くさいです。

あまり好きじゃない人には擦り寄るみたいで、ちょっと嫌なんですが・・・褒めること自体はいいことですよね。悪い気もしないと思いますし、私も苦手な人に褒められると「あれ?」と思って、ちょっと好きになったりします。

素直に褒めるには、どうしたらいいでしょうか。因みに、自分も褒められたい人です。

【専門家からのアドバイス】ワーク・ライフバランスコンサルタント 風間正彦さんはこう考える!

Photo by 株式会社ワーク ・ライフバランス
褒めるを言い換えて考えましょう

既に様々な方から、素晴らしいアドバイスを頂いているようですので、どれだけ参考になるのか?分かりませんが、気付いた点をアドバイスさせて頂きます。

まず、誰も褒めることができないのなら大変心配ですが、好きな先輩や、後輩や心を許した仲良しの人は素直に思ったとおり褒めることができるのであれば、心が狭いわけではありません!誰でも、褒めたい人と褒めたくない人はいますから、安心して下さい。

仕事上の人間関係を良くするには、仕事で関係することを褒めること

そもそも仕事上の人間関係を良くしたいのであれば、洋服などを褒めるのではなく『仕事で関係すること』を褒めることをお勧めします。そしてその時、相手を褒めるとは考えず、『褒める=認める(承認する)』と言い換えてみてはいかがですか?褒めるのではなく、ただ単に『事実を伝える』と考えるんです。

例えばライバルが“提案書を1時間が作成できた”時、『すごーい!、提案書1時間でできたんですね!』と言おうとすると、『私より早く作れるんだ…』と嫌な気持ちがするかもしれませんが、ただ認めるだけにして『○○さんは提案書1時間で作れるんですね!』という事実を認めるだけ、その事実を相手に伝えるだけ。

褒める=認める(承認する)、すると相手は褒められたと感じる

こうすると、褒めていませんが相手は褒められたと感じるものです。もちろん笑顔で伝えることは必要ですが(笑) ついでに『どんなコツがあるんですか?』など付け加えれば、相手のノウハウも聞けてお得です(笑)

“褒める”のと“おだてる”もまた違います、好きではない相手になればなるほど、ついつい“おだてる”ような気持になり、より一層褒められなくなると思います。是非、『褒めるを言い換えて考える』を実践してみて下さい。

風間正彦さん ワーク・ライフバランスコンサルタント。
小室淑恵氏が代表を勤める株式会社ワーク・ライフバランスにてコンサルタントとして活躍中。一般的にワーク・ライフバランスが実現しづらいと考えられている飲食業に経営者としても携わった経験を活かし、ワークライフバランス導入のための敷居の下げ方まで配慮した提案には定評がある。
http://www.work-life-b.com/consultants/kazama.html

【おわりに】

いかがでしたか?

やはり人を褒めるという行動は、人間関係を良好にさせるとても有効な手段でしたね。誰でも褒められると嫌な気はしません。ということは相手も褒められると嬉しいということです。人を褒めるという行動は、とてもポジティブで相手にも良い影響を与えますね。良い人間関係ができていれば仕事をスムーズに運ぶこともできます。是非ポジティブな行動で仲間と良好な関係を築きたいですね。(美女のモト編集部)


あわせて読みたい

まとめ

Photo by 美女のモト編集部
毎日更新!!働く女子応援アプリ 「美女のモト」 http://apps.okwave.jp/bijonomoto/ 日本初、最大級のQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、仕事と結婚、恋愛、人間関係など多くの女性が抱える悩みを、専門家のアドバイスやユーザーから寄せられた解決方法などを交えて紹介する読み物アプリです。 >>アプリのダウンロードはこちら iOS版:http://bit.ly/1gvxSNj Android版:http://bit.ly/1cCvhkR その他のオフィスライフガイドもまとめてチェック! OKGuide特集:イマドキ女子のお悩み 解決!「美女のモト」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ