日本が誇る聖地「日光」。「外国人おすすめスポット」「名所3時間巡り」「家康の遺骨ミステリー」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

今日は「日光」の日。820年7月26日、弘法大師・空海が二荒山(ふたらさん)を「日光山(にっこうさん)」と改名しました。その後、家康ゆかりの日光東照宮なども作られ、日本有数の聖地・名所となっています。「フランス人が喜ぶスポット」「名所を3時間で周る方法」「眠り猫の秘密」「家康の遺骨ミステリー」などのQAを紹介します

フランス人3人連れて日光を3泊で観光します。おすすめスポットはありますか?

フランス人は何を喜ぶのかな? 日本の文化かな。自然かな。

 文化なら、当然、東照宮。それに続く杉並木。日光江戸村も喜ぶかな。
 自然なら、中禅寺湖、男体山。温泉。野猿。日光猿軍団は面白い。
 温泉は自然であり、文化でもある。混浴の露天風呂なんか、喜ぶかもしれない。

 旅行というのは、便利だからよいというものでもない。長時間、バスが来るのを待つのも、その間にいろいろなことが起きて、それはそれで楽しいもの。何より、不便なところへ行ったんだということを体験できる。
 だからといって、ソーラーカーをレンタルする必要はないけどね。

 十月の末なら、チト遅いが、紅葉が綺麗だろうね。Have a nice day.

一口に「日光」と言ってもかなり広いです。#1さんが言われている様に「奥日光」(中禅寺湖・華厳の滝・戦場ヶ原など)の方にも行かれるようでしたら、レンタカーを借りた方が行動はし易いと思います。又、鬼怒川方面に行くのにも便利です。
ただ、もしも運転に自信がないようならばレンタカーはお勧めできません。というのも「いろは坂」(カーブ連続の上り坂と下り坂)があるからです。又、10月末ですとちょうど紅葉シーズンと重なり、他県からの車が多い時期です。多少不安に思うなら、公共バス使用の方が良いです。ちなみに「奥日光」と言っているのが「いろは坂」を上がった地域で、東照宮があるのは「いろは坂」を上る前の地域です。

日光の観光スポット
東照宮・神橋(恐らく工事中)・霧降の滝・裏見の滝・日光植物園・含満ヶ淵

奥日光
明智平(いろは坂途中、ロープウェーで登る)・華厳の滝・中禅寺湖(遊覧船)・竜頭の滝(個人的に一押し)・戦場ヶ原・湯滝

思い付く所をざっと書きました。大体がガイドブックに載っている所だと思います。3泊するなら、個人的には「日光2泊」「鬼怒川1泊」にします。やっぱり「日光=世界遺産」ですから、せっかく来日するのであれば、東照宮とかはゆっくり見た方が良いと思います。

文化も自然も見所たくさんですね。外国の方はとても喜ぶと思います

東照宮、二荒山神社、輪王寺を3時間ほどで観光したいのですが可能ですか?

充分可能です。
最初は東照宮がベストだと思います。

午前8時に輪王寺の鐘が鳴るので、それと同時に東照宮の門が開きます。
写真を撮る場合は先にささっと撮っちゃって、後から文化財を堪能するのがよろしいかと。
奥宮まで意外と時間がかかりますので、眠り猫から先を行かないのも手です。
9時過ぎる場合は、めちゃくちゃ人増えて混雑します。
東照宮が見所が多い分、一番時間がかかりますよ。

次に輪王寺ですね。
メインは三仏堂になるかと思います。
こっちは誘導されるように拝観するので、それほど時間はかかりません。
押し売りに捕まらなければ、仏像をじっくり観ても時間ロスは無いですよ。

それから二荒山神社。
神苑はそれほど広くないので時間はかかりません。
そして輪王寺大猷院へ向かうのがロスが少ないですよ。

それと滝尾神社や開山堂もとかだと、3時間ではムリです。
順路に加えるとしたら、東照宮仮殿・本宮神社・神橋などが近くにあるので、いくつか可能かもしれません。
御朱印や納経印を戴くなら、いっぱいあるのでお金に余裕を持たせたほうがいいですよ。

個人的には難しいかなと思っていましたが、可能なんですね。

国道4号で東京から日光へ行きます。途中で寄れる、おすすめスポットありますか?

少し道を外れますが、佐野・・ラーメンの町
http://www.geocities.jp/mensplaza21/

宇都宮の手前に大谷資料館と大谷観音
http://www.oya909.co.jp/

宇都宮は餃子の町です。
http://www.gyozakai.com/

日光杉並木は今市あたりから。
http://www.city.nikko.lg.jp/kankou/imaichi/shizen/suginamiki.html

益子・・益子焼
http://www.mashiko-kankou.org/

日光への寄り道スポットでも十二分に楽しめそうですね

東照宮の眠り猫についていろいろ教えてください(言われや、作者について)

眠り猫は左 甚五郎の作といわれていますが、左甚五郎自体が実在したのかどうかも意見があるところのようです。従って作成日もはっきりしていないと思います。徳川家康をまつってあるわけですから江戸時代の初期から中期あたりなのではないでしょうか。
「いわれ」については、ねずみ一匹通さない門番、という解釈もあるようですが、眠り猫の裏側には雀が描かれており、「猫は眠り、その裏では雀が猫も恐れずに遊んでいる」戦国の世が終わって平和な時代が訪れた、という意味だと解釈する事の方が一般的ではないかと思います。

■作者:左甚五郎作...といわれています。
左甚五郎は「飛騨の甚五郎(ひだのじんごろう)」が訛ったものだという説があります。「ひだりじんごろう」ではなく「ひだのじんごろう」。

■作成日 寛永元年~3年(1636~38)くらい。
三代将軍の家光が行った寛永元年(1636年)
大規模な建て替えの「寛永の大造替」(だいぞうたい)では全国から名工を集められています。その際に狩野探幽や左甚五郎などの有名な大工、画家、彫刻家等が日光に集められたとされているのでその頃かな?工事の期間は1年5ヶ月です。


眠り猫が表現しているのは、次のような説があります。
(1)奥社にねずみ一匹通さないように。
(2)禅問答「牡丹花下眠猫児(ぼたんかかすいびょうじ)」を表した。
(2)裏側の雀と対で猫の裏では雀も遊べるという安定と平和を表した。
(3)牡丹と眠る猫で「日の光」を表現した。

(2)が有名ですね。

左甚五郎は実在が不明な人物だったんですね。あれほどの物の作者が不詳というのはとても不思議です

徳川家康のお骨は静岡のお寺と日光、どちらにありますか。東照宮は神社なのでお骨はないですよね?

徳川家康は,没したのち一度 静岡県久能山に葬られ,
その後遺言に従い,日光山に遺骸を移されたようです.

正しいかどうか保証はないですが,こんなページ見つけましたので
ご参考に.
http://www.bashouan.com/pcNikkou_st.htm

>神社にお骨
家康公が神だからでしょうか?
とはいっても,東照宮本社にお骨があるわけではなく,
傍に霊廟を設けて安置しているので,正確には"神社にお骨"ではない
のかもしれません.

おそらく静岡の寺というのは
久能山東照宮 元久能山城のことと思われます。
遺言で家康は
「若いころ過ごした久能山に葬ってほしい」
といいのこし、また
「日光に小さな堂を建てよ。」
とも言い残しました。
なのでまず久能山東照宮(当時はまだ東照社)に祀られ、その一年後完成した日光に棺を移動し改めて祀られました。

神社に骨が埋められているのはおかしいとのことですが、家康は山王一実神道にて権現として祀られたのです。
また、これは土葬などというよりは神を祀るという感じなのでおかしいことは無いと思います。
実際日光に移す正遷宮の儀式の際には家康は神となっていました。

現在のようにお寺と神社がはっきりと分かれたのは、明治維新の神仏判然令が出されて以降のことです。それまでは、多くの神社がお寺と混合していました。例えば、讃岐の金毘羅さんも、鶴ケ岡八幡宮も、諏訪大社もみんな、もとは”お寺”でした。東照宮も、隣接する輪王寺と一体となって日光山と呼ばれるお寺だったのです。

遺骨は一箇所にしかあるはずが無い と言う思い込みです

遺骨は何箇所にも葬られている例は多くあります

その最も有名なのがお釈迦様の骨(仏舎利)です
これは東南アジアはじめ何百箇所にも祀られています

ですから、両方にあっても不思議ではありません

さすがにおいそれと発掘調査もできないので未だ謎のままですね。いつか真実が分かるでしょうか?

朝一番で陽明門の撮影をしたいです。土日どちらが良いですか?

とりあえず、土曜か日曜かというレベルなら、
近所の泊まり客のいない土曜日でしょうか。

http://blog.goo.ne.jp/colkid/c/5b4601d76736aedebe54a0cb26c775ec

このサイトの方も早朝とか人のいない日光の撮影に腐心しています。
どちらかと言えば土曜日に1泊して過す方が多いです。
従って金曜日の夜に現地入りし、土曜日早朝を狙うことをお勧めします。
下記に陽明門の良い画像があります。

http://graphil.blog18.fc2.com/blog-entry-124.html

リンク先の陽明門の画像は素晴らしいですね。また行きたくなりました

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

明智平(いろは坂途中、ロープウェーで登る)・華厳の滝・中禅寺湖(遊覧船)・竜頭の滝(個人的に一押し)・戦場ヶ原・湯滝

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ