「かまってちゃん」認定されないためにできるコト

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2767
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by PAKUTASO(パクタソ)
あなたの周りには、一緒にいると心身疲れてしまう“かまってちゃん”はいませんか? 
普通の子だと思ってまともに向き合っていたら、あまりにもネガティブすぎてウンザリ。なんだか励ましているこっちまで気が滅入ってしまうことがありますよね。

でも、うっかり変な発言をすると、あなたも「かまってちゃん」だと思われてしまう可能性が…!

そこで今回は、「かまってちゃん」認定されないためにできるコトをご紹介! 1つでも心当たりのある方は、既に友人たちから敬遠されているかもしれませんよ。

STEP1すぐに「死にたい」と言わない!

仕事で小さなミスをして上司に叱られたり、恋人とケンカをしたり…。ちょっと嫌なことがあっただけで「あーもう死にたい!」「こんなの耐えられないわ」なんて発言を繰り返していると、いつのまにか友人たちに相手にされなくなってしまいますよ。軽い気持ちでつい口にしてしまう方はご注意を…!

STEP2ネガティブ自慢しすぎない!

「私なんて、こんなことがあって最悪だったんだから!」と、女子会では自慢話よりもネガティブな話題の方が盛り上がりがち! でも、正直なところ反応に困ってしまうネタがあるのも事実です。友人に会うたびに不幸話を聞かせていると、「フォローするのに疲れる」「ウザイ」と思われてしまいますよ。もっとポジティブな話題を共有してみてはいかがですか?

STEP3SNSで「寂しいよ~」「誰か暇じゃない?」と発言しない!

誰が見ているか分からないSNSで「今日は仕事が早く終わったのに、1人で寂しい…」「誰か暇な人いないの?」なんて発言をしていると、「友達いないの?」「リアルな友人には相手にされていないんだろうな」と思われてしまいますよ。どうしても寂しいときは、SNSを使って呼びかけるのではなく、特定の相手にダイレクトメッセージを送った方がよいかも!?

まとめ

このほか体調が悪いことを過剰アピールしたり、すぐに泣く癖のある方は要注意! ちょっとでも「私のことかも…」と思った方は、今すぐ行動を改めた方がよさそうですよ。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ