P2Pソフトや無料音楽DLツールは使うだけでもNG?著作権について強くなれるガイド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:7468
  • ありがとう数:0

はじめに

今日は著作権制度の日です。
1988年の7月22日に著作権法が制定された日だそうです。

P2Pソフトを使用して逮捕者がでた事件もありました。

他にも、音楽の無料ダウンロード、市販DVDのコピーガードに関する話、

パソコンのソフトに関する話、テレビ番組や芸能人に関する話などのQAをまとめました。

PSPソフトで逮捕者

torrentで逮捕者

torrentで動画などをダウンロードした人が逮捕されているみたいですが
警察がいきなり家に来て逮捕されるのでしょうか?
それともプロバイダーから警告が来るのでしょうか?
もしくは著作権をもっている会社から訴えられるのでしょうか?
自分が調べた限り、プロバイダーから警告がくるみたいで
いきなり警察がきたりしないみたいなのですが
誰かわかるかた教えてください

警察が逮捕するには確実に証拠が必要ですからかなり手間がかかります。

だからP2Pに限らず、著作権侵害の場合は一般的には著作権者もしくは顧問弁護士を通じて「警告」が行われます。(著作権を主張してもそれが「当事者」であることが証明できなければ削除等に応じる必要がないため通常は顧問弁護士がきちんと証拠を押さえて当事者の代理人として警告してきます)

またプロバイダから「著作権侵害の疑い」として連絡が来るケースもあると思います。

それでコトが済んでしまう場合がありますが、悪質だったり「見せしめ」としていきなり警察に証拠を差し出して逮捕してもらうケースもあると思いますよ。

この場合は著作権者がというよりも警察主導でP2P摘発のために著作権者やプロバイダに協力を要請していることが多いと思います。


P2Pソフト利用者で、日本でも逮捕者が出ました。

音楽が無料でDL出来るアプリは著作権侵害?

犯罪ではないの?音楽を無料でダウンロードできるアプリ。

犯罪ではないの?音楽を無料でダウンロードできるアプリ。

みなさん、こんにちは。Xperiaを使っていますが、相談があります。

同じくXperiaを使っている友達が『MP3 Music Download』ってアプリをアンドロイドマーケットからインストールして使っています。なんと無料で音楽がダウンロードできるアプリで、実際にダウンロードしています。

私も使おうかと思っているのですが、これって犯罪では無いのでしょうか?友達がいうには『アンドロイドマーケットはアンドロイド公式のサイトだから、そこにあったアプリだから大丈夫』との事。

大丈夫でしょうか?

非合法な音楽をダウンロードする行為は日本において違法です。
一般にCDになってるような曲を無料でダウンロードする行為を言います。

ただ、ダウンロードするツールに関しては、合法なデータも扱えます。
非合法な行為をするのはツールではなく人間なんです。
って理論だと、ダウンロードツール自体に違法性は、認められなかったりします。
あと、日本以外では合法な国も有りますし、国内法では禁止出来ません。
iPhone だと厳格にかんりされてるので、こう言うのは上がってこないんですが…
Android はその点は管理されていないので、ある程度何でも落とす事ができます。

なので、ツール自体は合法、ダウンロード行為は違法。
もし違法に収集したデータ持ってると逮捕されても文句言えない状況と言う事です。

インストールして、最初に起動した際に、違法コピーなどについての注意書きが表示されます。注意書きを読んで、了解したユーザーだけが使える事になっているアプリです。了解しなければ使えない。だから、アプリに問題があるのではなく、友達に問題があるようですね。あなたの友達は著作権違法の犯罪行為を行っている可能性が高い人です。> 友達がいうには『アンドロイドマーケットはアンドロイド公式のサイトだから、そこにあったアプリだから大丈夫』との事。・大きな勘違いです。アンドロイドマーケットは、2500円程度の所場代を支払えば、誰でもアプリを登録できるマーケットです。

ダウンロードができるからといって、必ずしも合法とは限らない・・・

音楽はお金を支払って購入しましょう。

市販やレンタルのDVDをコピーは違法

レンタルDVDを違法コピーした場合の罰則は?

コピーガードされたレンタルDVDを一泊二日で借りてコピーしてあとで見る場合、違法ですよね。
そこまでは判りますが罰則は現実問題どうなんでしょうか。

逮捕されますか、家宅捜索されますか?

罰金だけなら金で済むことなのでいいのですが
逮捕や家宅捜索されたら押入れに大量のAVビデオが入っており妻に見つかるとタダでは済まないのでそこが一番困るのです。

捕まったらすぐ罪を認めたら罰金だけで済みそうですか?

コピーする回数は年間5~6枚です。
何かのきっかけで朝早く「警察ですが・・わかってるだろうな」って逮捕されますか?

DVDに刑罰に関する警告が書かれていようとも変わりありません。
たしかに原則としてはDVDコピーにも罰則があります。DVDのみならず無断複製は原則中の原則では複製権侵害であり、著作権侵害には罰則があります。だから警告に刑罰があると書かれていても間違いではありません。

しかし、例外のない規則はないというように無断で複製できる例外があります。それが個人複製です。更にその例外として技術的保護手段を回避した場合は個人複製が認められないので特に10月からはDVDリッピングが違法になっています。

この個人的なDVDリッピングですが、個人的であれば罰則は適用されません。著作権法第119条より私的使用を目的とした場合は刑罰から除外されています。だから刑事罰はありませんし、個人的である限り捕まることは絶対にありません。それを理由に家宅捜索もできません。販売目的と疑いをかけられたら危ういですが。

DVDには「マクロビジョン」と「CSS」と呼ばれるコピーガードがあり、この2つがコピーできないようになっています。著作権法では技術的保護手段の回避が違法になっていることから、10月1日以前までは「マクロビジョン」が技術的保護手段の対象になっていました。それが改正法では「CSS」も加わったことで実質的にパソコンでのコピーが不可能になったのです。10月1日までは正しいコピー方法であれば「CSS」のみの解除でコピーできたということで問題ありませんでしたが、間違ったコピー方法だと「マクロビジョン」も回避してコピーしている人が多いはずです。しかし私的コピーで逮捕されたなんてことは聞いたことがありません。それに技術的保護手段の回避は違法ですが罰則はありません。


コピーガードがかかっているものをコピーすると著作権侵害になります。

罰則はないようですが、販売目的であるとの疑いを掛けられると大変!

ソフトウェアの著作権

もらったソフトウエアーを販売するのは著作権侵害か?

Microsoft社の「Microsoft Office Professional 2010」をもらったのですが、既にもっていたので
ネットオークションに出品したところ「本出品は、Microsoft様より、権利者の著作権等の権利侵害物である旨の通知を受けました。すみやかに本出品をお取り消しの上、今後Microsoft社製のOEM向け商品は出品しないようお願いいたします。尚、改善が見られない場合は、Yahoo!オークション運営にID停止措置の申し入れを行い、過去の出品に対して調査を実施し、出品者登録名義人および決済口座名義人に対し、損害賠償責任が発生する場合もありますので、ご了承ください」との指摘を
うけました。
上記は本当にそうですか?

まず確認です。「もらった」とのことですが、未開封の状態ですか?
開封済みだったら、すでに誰かがインストールした可能性が高いですよね。つまり中古品ということになります。

ちょっと難しい話ですが、流通品には消尽という概念があります。商品を購入する際にお金を払ったのだから販売元はその商品についての権利を行使し、権利を使い尽くしたとみなされます。以降はもはや販売元がその商品の処分について口を出すことは許されず、商品を購入した人が、その商品の処分を決める権限を持ちます。そうしないと取引の安全を保証できないからです。

でも著作物に関しては消尽しないという考え方があります。昔、ゲームソフトの中古品を業者が販売していいかどうか(著作権侵害になるかどうか)という裁判があり、最高裁はゲームソフトの中古品についても著作権が消尽する、つまり中古品に著作権者が著作権を主張することは認めない、という判断を示しました。このケースでは専用機のゲームソフトで、CD-ROMのコピーができなかったはずです。つまり完全にCD-ROMの所有者=使用者という関係になっていたはずで、CD-ROMを所有していないのに使用できる状況はなかったと思います。

しかしOfficeのようなソフトウェアはどうでしょうね。誰かが購入してインストールした後、CD-ROMを他に売り渡すことを認められてしまったら、たった一枚のCD-ROMで何人もの人がインストールできてしまいますね。通常、著作権者は一枚のCD-ROMからインストールするのは一回のみ(PC一台のみ)と想定して価格付けをしているはずです。なのに、一枚で複数のPCにインストールすることを許されてしまったら、権利に対する対価を回収しきれません。

だからOfficeのような著作物に関しては消尽しない、という判断になる可能性も高いと思います。つまり著作権侵害になる可能性が高いということです。

”OEM向け商品”と指摘されています。

OEM商品つまり、Office単体の商品ではなく、パソコンとセットになって
いるOffice製品ということですよね。

この場合は、もらう前もともと所有していた人でも他のパソコンにインス
トールすることはできません。
インストールできたとしても、ライセンス違反となります。


ライセンス違反、という著作権侵害

放映された番組の内容をオークションに出してはだめ

著作権

オークションにて特定の歌手(本田美奈子やおにゃんこなど)の地上波で放送された映像を集めてメディアに複製し出品してる方がいるのですがこれは著作権には反していないのですか?
ちょっと購入しようか考えていたので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

放送した物については放送局に権利がありますので、もちろん著作権法違反です。

著作権もですけど、その芸能人の肖像権も侵害してます。

テレビ番組などの映像を二次配布するのは著作権法違反・・・!

芸能人の肖像権も侵害してしまう・・・

海賊版について

海賊版DVDの購入所持について

正規メーカーのコピーDVDを販売しているネットショップを見てみると、『個人で楽しむ場合は問題ありません。』という説明文が記載されています。しかし、リッピング法改正が施行され、ニュースで度々見る、業者の摘発・・・しかし、ナゼか購入者サイドの摘発をニュースで見たことがありません。
実際、購入者は罰せられないという法テラスの意見も目を通しましたが、『いや、購入者も罰せられますから』。と言った意見も多く、どちらが正しいのかわかりません。現行法ではDVDの購入所持者も罰せられるのでしょうか?教えてください。

簡単には、その海賊版が海外サイトからの輸入になる場合は、関税法と関税定率法によるか、著作権者や著作隣接権者による侵害認定による差止請求により、税関での没収・廃棄等が行われます。
また著作権法113条1項1号で、国内での頒布を目的に輸入すると侵害と見なされ懲役や罰金があります。

以下は輸入ではない国内の場合:

ご質問者が、海賊版(侵害品)と知って(「情を知って」という)、頒布したり、頒布を目的に所持したり、頒布すると言って所持したりするのは著作権法113条1項2号で侵害とされます。
しかし、「私的使用を目的に、海賊版を購入し所持していること」は著作権法では侵害としていません。
その意味で、「購入者は罰せられない」とは言えます。

一方で、購入することが侵害を幇助すると認められれば、著作権法ではなく、民法上の不法行為として差止請求や損害賠償請求される可能性も出てきます。その意味では購入者も責められる可能性があります。
また、参考までですが、著作権法では、私的使用目的なら、違法複製物を複製したり、友人から借りた違法複製物を同じ目的で複製しても、それだけでは侵害になりません。(ただし、ダウンロードについては別です。)


最初から正規版を買いましょう!

まとめ


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ