もののけ姫は妖怪?もののけ姫トリビアQA

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

2014年7月4日の金曜日ロードショーで「もののけ姫」が放送されます!

そこでもののけ姫を見る前にしっておきたいトリビアQAをあつめました。

ぜひチェックしてみてください♪

もののけ姫は妖怪?

もののけ姫の作中では、「もののけ」を「生き神」の意味で使っています。

 獣などが千年生きると神に昇格し、その土地を守ったりするという言い伝えがあります。
 この伝説になぞらえ、獣が変化して成った神のことを「もののけ」と称しています。

 なお、もののけ姫は「もののけに育てられた子」ですので人間です。

もののけ姫の続きはある?

続編はないけど、アニメの前に描かれていた、もう一つの『もののけ姫』の本ならあります。
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=18925418

こちらは、もののけ(ワイルドなトトロ)の嫁にされた姫様が、悪霊に取り付かれて戦の鬼となった父殿様を助ける戦国お伽話でした。

もののけ姫の参考風景

もののけ姫の参考風景

この質問は出来れば岩手県の人は知っていると思いますが、知っているのなら答えて下さい。(たぶん知らないだろうけど...)
この前友達から聞いたのですが、もののけ姫の最初の森の中でのハイスピードシーンですが、あの森は岩手県雫石町にある玄武洞(何年か前にほとんど崩れて、全国版でもニュースになった)の近くにある森を参考にして描いたという話を聞いたのですが、本当なのでしょうか?
ちなみにその友達は、誰から聞いたのかは僕が聞かなかったので分かりません。

「もののけ姫」のパンフレットの内容からなのですが…

 アシタカの村のモデルは、白神山地だそうです。
  青森県と秋田県にまたがる多雪地帯で、世界遺産に指定されているそうです。

ちなみに、タタラ場は出雲地方。タタラ場内部は小樽、で、ラストシーン付近の森は、みなさんがすでに書いている屋久島 だそうです。
 

参考になった場所をめぐるのもおもしろそうですね。

もののけ姫に出てくる、工場?のようなところで板を踏んでいる女の人達は何をやっているんですか?

もののけ姫に出てくる工場は古代の製鉄所という設定です。

砂鉄か硫化鉄を原料とし、それを強い火力で溶かして鉄を造るのですが、火力を強くするために「ふいご」という風を送る装置が必要でした。なにしろモーターもエンジンも無かった時代ですから、人間が足で踏んだり手で棒を動かしたりして風を送り込んでいたのです。

参考URL 「ふいご」について
http://www2.memenet.or.jp/kinugawa/huigo/

シシ神様はどうして、鉄砲で撃たれて死んでしまったのでしょうか?

自分の解釈ですが。

夜になると、この《シシ神》が『でいだらぼっち』に変身するのです。

朝になれば、逆になります。

シシ神→生(昼の姿) でいだらぼっち→死(夜の姿)

分かりにくくなってすいません。

本題

シシ神は、死んでいません。
最初に撃たれた時は、まだ《シシ神》でした。
だけど2回目に撃ったときは、《シシ神》が『でいだらぼっち』になる瞬間で不安定だっために、シシ神の首だけが飛ばされてしまいました。

《シシ神》と『でいだらぼっち』は2つで1つみたいなものだから、《シシ神》が死ねば『でいだらぼっち』も死にますが、『でいだらぼっち』が生きているから、《シシ神》も生きています。

でいだらぼっちとシン神は一緒だったんですね・・・・!

「もののけ姫」の主人公ってアシタカじゃないんですか?

もともとは「姫」が主人公だったから。
「もののけ姫」は、宮崎氏が昔(東映動画時代かAプロ時代だったと思います)書き溜めていたイメージボードをもとにして作られました。日本版「美女と野獣」+「どろろ」(?)みたいな話です。山で迷った武士が、大山猫(もののけ)に助けられ、三人の娘のうちの一人を嫁にやると約束。末の"三の姫"がもののけに嫁いで…という内容です。
1983年発行の「宮崎駿イメージボード集」に収録された後、1993年に絵本にもなりました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AE%E3%81%91%E5%A7%AB-%E5%AE%AE%E5%B4%8E-%E9%A7%BF/dp/4198600406/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1236083299&sr=1-2
先にこちらの話を知っていたので、アニメを見てビックリしたものです。

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ