犬のしつけかたのポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by pixabay
子犬のときに、可愛いからと可愛がっているだけでは成犬になった時に困ってしまいます。
傷ついたり緊張したり喜んだりと、感情も豊富ですので、愛情をもって教育しましょう。

犬の名前

Photo by pixabay
犬の名前をつける際には、呼ばれた方もわかりやすい名前がいいですね。

日頃よく口にする言葉を名前にしてしまうのは、犬が混乱してしまいますから避けたほうがいいですね。

そして、犬の名前を呼んだときに叱ったり嫌なことをするのは避けましょう。【名前=嫌なことが起こる】というイメージになってしまいます。

早く覚えさせたいことば

Photo by pixabay
何かをしつけるときは、「おすわり」からスタートするといいですね。「おすわり」させて、「待て」をさせて褒めてからつぎに移りましょう。

「いけない」「よし」「おすわり」「待て」を覚えさせておくと 、しつけしやすいですね。

集中力は何十分も続きません。集中力がきれたら、教えるのはそこまでにしましょう。

声掛けの注意点

Photo by pixabay
犬に声をかける時に、色んな言い方をすると犬が混乱してしまいますね。

「ダメ」だったり「いけません」だったり「やめなさい」だったり「ストップ」だったりと、ばらばらにならないように気をつけましょう。

特に「だめって言ったでしょ。○○ちゃん、そんなことしたらダメでしょう……」と小言のように長々と言うのは通じないのでやめたほうがいうですね。

まとめ

犬は人間の最良のパートナーです。
上手に飼ってあげましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ