今話題の「塩レモン」の作り方と注意点

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:24040
  • ありがとう数:0

はじめに

今「塩レモン」が注目をあつめているそうです!

塩レモンの作り方、作るときの疑問や、注意点がどが書かれたQAをあつめました!作る際の参考にしてみてください♪

塩レモンの作り方

塩レモン?レモン塩?の作り方

レモン塩の作り方で、
水気を良く切ってから容器に入れるって書いてあるんですが、
水気を良く切るってどれぐらい切るんですか?
ペーパーでしっかり拭くぐらいですか?
それとも洗って切ってざるにおいておくぐらいですか?

それから、はかりを持ってないんですが、
レモン3個に対しどれぐらい塩入れたらいいですか?
普通の大きさのレモン3個入りを昨日買って来てます。

レモンは1個150g~170g位でした。

水気はペーパーで拭いた方が丁寧かもしれませんね。
あまり神経質にならなくても良いと思いますよ。切っているうちにレモンの水分で濡れますので。

塩の重さは、約10%とのことですが、いろんなレシピを見ても3個(500g)に対して1カップ(あら塩180g又は食塩240g)だったり、なんと50%で作っている人もいるようです。

レモンを濃く、気長にしっかり水気を出していくなら、私なら10%で作ると思います。

3個のレモンだと塩大さじ山盛り3杯くらいでしょう。
塩→レモン→塩→レモン→塩(最後が塩)なので、足りなければ追加して良いと思います。

私も今、作っています。切って、塩をふるだけですよ。作業とても簡単。
金属の蓋ではない瓶を使うこと。漬ける前に瓶を消毒すること位だと思います。

ただ、いろいろなサイトを見ていますが、これが正解と言うのがない
ようですね。

私も作っている過程をレポートしています。良かったらご覧下さい。
http://i-am.hungry.jp/?p=7551

・レモンを切って、塩をふるだけ!

・レモン→塩→レモン→塩の順番で!

・塩の量はお好みでOK!


塩漬けレモンの保存期間

塩漬けレモンの保存期間

モロッコなどでよく使われている塩漬けレモン(プリザーブドレモン、レモンコンフィとも呼びますね)を一年ほど前に作り、途中、一度使用しておいしくいただきましたが、その後ずっと冷蔵庫に入れっぱなしになっていました。

久々によく見てみたら液体がやや茶色っぽくなっており、においをかいでみたところ、やや発酵した香りがしましたが、まだ食べることは可能なのでしょうか?
塩漬けレモンの保存期間はどれくらいなのでしょうか。
ご存知の方、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

こんにちわ。

もともと発酵塩蔵食品です。梅干、らっきょう、味噌、魚醤などと
同じで1年は、余裕です。長期に寝かせた塩漬けレモンの色は
やや琥珀色になります。

ただし、塩分濃度が最低10~15%以上あることが条件なので作った時のレシピを確認して。
塩分濃度が少なければ1年もすれば溶けてしまって影形もなくなりますから
原型がしっかりあるなら、大丈夫です。
カビなどが表面に浮いてないことを確認して下さい。

結構長持ちするようです。

レモンの皮について気をつけたい点!

農産物流通業です(生協です)。
栽培管理や残留農薬検査など品質管理の仕事をしています。

レモンの皮で特段効果が期待できそうな成分もないので
「美容のため」に無理して食べる必要もないと思いますよ。
ビタミンCとシトラールが期待されますけど、
他にもっと含む食べ物もあり、効果のほどもわかりませんので、
レモンの皮から『わざわざ』摂取する必要はないです。
食べたいと思えば食べればいい程度が精神的にもいいですよ。

輸入レモンでポストハーヴェスト(収穫後農薬散布)の
処理がされたものは日本では食品添加物にあたりますので、
店頭POPあるいは包材の表示でその旨を知らせなければなりません。
例えば「TBZ使用」とか「OPP使用」などです。
何も書かれていなければ、建前上は収穫後の農薬散布はありません。

まぁ、安心できるのは国産レモンでしょうね。
この時期は店頭にないかも知れません。
7月の終わり頃からハウスレモンがようやく出始めます。

外国産でしたら、しっかり原産地など店頭表示を行っているところで、
添加物(ポストハーヴェスト)表示がないレモンを買いましょう。

輸入品のレモンよりも国産品のレモンを使うようにしましょう!

塩レモンをアレンジ!

材料は
ダイコン、株、白菜かな。
根菜は、太さ1mm角、長さ任意くらいに切断。できなければ1mm程度の薄切りにして食べられる大きさに切断。台所用品売り場に100-1000円くらいで道具が売っているはず。
葉は食べられる大きさに切断。

塩、2-5%(材料の重さに対して)を振りかけて、(薄切りにしたときには隙間にいれるように)
塩がちょっと溶けるくらいに食用酢を振り掛けて
適当な重石を載せておく。
(DIY店で漬物バケツ10リットル500-1000円、金と保管場所と持ち上げる体力があれば漬物よう重石・なければ、清涼飲料水売り場で3リットルのペットボトル、中身を飲んでから水をいれて重石にする)

一-2日でしなってきたら、水を捨てて
砂糖5-10%(塩漬け製品に対して)
好みで、味の素(含、鰹節やにだし液乾燥物調味料等)0.1%
レモン、半端で残っているもの全部。酸味が足らなかったらば酢を足す
ちょっと合えて、皿に盛り食べる。甘味が足らないときには砂糖を振り掛けてください。
ご飯をたべないで、こちらを食べるつもりならば、すぐになくなるでしょう。材料があまったときには、レモンなして作ってください。酢と塩さえあけば食べられないことはないですので
以上は、ユズの代用品としてレモンを使う場合です

ちょっとアレンジして別の味を楽しむのもアリですね♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ