教育費はイクジイから?非課税で教育資金を受け取る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成

新しい制度が導入され祖父、祖母から教育資金を贈与すると1500万円までが非課税に。今の時代、教育資金は親からではなく祖父・祖母からが鉄則のようです。

教育資金は親からではなく祖父・祖母から?

Photo by 国税庁

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間の期間中に、教育資金を祖父母からもらうと贈与税が免除される制度があるのを知っていますか?


国税庁の「祖父母などから教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度のあらまし」概要のページに掲載されている内容で、この制度を利用すると教育資金の贈与税が免除されます。

概要

期間 

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間 

対象者

30歳未満の個人 

内容

教育資金に充てるため、直系尊属(祖父母など)から信託受益権を付与された場合、書面による贈与により取得した金銭を銀行等に預入をした場合 書面による贈与により取得した金銭等で証券会社等で有価証券を購入した場合 1,500万円までの金額に相当する部分の価額については、金融機関等の営業所等を経由して教育資金非課税申告書を提出することにより贈与税が非課税となります。

つまり、分かりやすく言うと、子供から見ておじいさん、おばあさんから教育資金をもらうと、最大1,500万円までが非課税になるということです。

教育費の定義は……

Photo by 足成

教育費の定義はPDFページに書いてあります。


  • 学校等に対して直接支払われる金銭(入学金、授業料、入園料、保育料、学用品の購入費など) 
  • 学校等以外に対して直接支払われる金銭(学習塾、そろばん、水泳、野球)への対価

とあり、対象は幅広いのも特徴です。非課税で贈与税を払わなくても教育費を受け取れるので、教育にお金をかけたい人はこの制度を利用してみるのもいいかもしれません。

通常だと……

通常だと110万円までは贈与税がかからないので、こんな方法を利用する手もあります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

ピックアップ

ページ先頭へ