シーラカンスから飼える古代魚の飼育法まで、古代魚の謎に迫るマニアックガイド

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3668
  • ありがとう数:0

はじめに


シーラカンスはなぜ生きた化石と呼ばれるのか、

古代魚だけど大きめの水槽があれば家で古代の魚が楽しめるガーやアロワナ。

古代魚のQAをまとめました。

古代魚のロマンに迫る!

シーラカンスはなぜ「生きる化石」?

シーラカンスはなぜ「生きる化石」?

シーラカンスはどんな特徴をもって「生ける化石」と言われているのですか?もしかして「総鱗類」と呼ばれていることと深い関係がありますか?肺魚と枝分かれしたようですが、それとの顕著な違いと共通点はいったい?よろしくお願いします。

恐竜らとともに白亜紀末の大絶滅で絶滅したと思われていました。それが実は生息していて、化石との間で、姿形の差がみつからなかったことから「生きた化石」と呼ばれるようになったそうです。

完全な肺魚になれなかった魚,これが「生きている化石」シーラカンス

ここまで、簡単な説明です。


以下、専門的で難しい説明がはじまります。

1) 多くの化石種が知られているが8千万年前を境に化石が途絶え、1938年まで現生種が発見されなかったこと、および 2) 化石種と現生種の間で形態的な差異がほとんど見られない

「総鱗類」は(1)肉鰭を持ち,鰭の付け根に骨があり,これで海底などを歩くことが出来ます。(2)肺を持ち完全な鰾を持ちません。進化した現世魚類は肺が鰾に進化しました。(3)歯板を持ちます。(4)内鼻腔を持ちます。現世肺魚はさらに外鼻腔も持ちます。

シーラカンスの最大の特徴は,鰭(ひれ)の形態で,手足のような形態をしていて鰭の付け根に骨があることです。また,鰾は完全ではありません。肺に脂肪が満たされたようなものです。肺から鰾への進化の途上と考えられています。さらに現在では形態的な面だけでなく生理的にも研究が進みまして,低酸素状態でも生息が可能なようです。これはかっての低酸素の地球環境を生き延びてきたためと考えられています。

シーラカンスの謎

シーラカンスの寿命について

シーラカンスの寿命について調べていますが、全くでてきません。どなたか詳しい方、教えてください。お願いします。

シーラカンスの寿命は、今のところ(正確には)わかっていません。魚の年齢は、ウロコ、耳石(耳の中にあってバランスをとる石)などの成長輪(木の年輪のような成長のあと)をもとに推定します。

シーラカンスの場合は、まだ生態がよくわからないことや、ウロコどうしでも成長輪の数がちがっていたりするために、推定することが難しく不確実だと言われています。

。今までに捕らえられたシーラカンスのうち、最大のものは体調約2メートル、うろこの成長輪から観て、11歳くらいだと考えられています。(上野輝彌 国立科学博物館教授)

シーラカンスのことを調べるなら、「シーラカンス」だけではなく「Latimeria」(属名)で検索すると、数多くヒットします。

ゴンベッサよ、永遠に幻の化石魚シーラカンス物語著者:末広陽子|出版社:小学館|発行年月:1988年 11月サイズ:単行本|ISBN:4092900813

もっとシーラカンスについてマニアックに知りたかったら、

「Latimeria」で検索してみよう!

ゴンベッサよ永遠に―幻の化石魚シーラカンス物語

この本は気になりますね。

オークションに出るのを待つか・・・

他の生きた化石は?

生きた化石とは

長年の疑問です。

どのようなものを生きた化石というのでしょうか?
また、オウムガイやカブトエビなどは知っているのですが、他に生きた化石とよばれる動物はありますか?

動物ではシーラカンス、オウムガイ、ネオセラトダス、オキナエビスガイ、ピラルク、カブトエビ、ラブカ、タカアシガニ、ギンザメ、オオサンショウウオ、イグアナ、ライチョウ

植物では、メタセコイア、ソテツ、ゼニゴケ、イチョウなど


ネオセラトダスはオーストラリアハイギョ(オーストラリア肺魚)ですね。

ハイギョのなかでも古代的な姿をしており、古代魚好きにはたまりません。

シーラカンスは飼えるのか

シーラカンスを捕獲して飼うことは可能ですか?

シーラカンスを捕獲することは禁止されているのでしょうか?
禁止されていてもたまたま網にかかる場合があると思います。
その場合、家で飼ったり、水族館に寄付して飼ってもらうことは可能ですか?

よろしくお願いします。

ワシントン条約の絶滅危惧種に指定されていますから、輸入国の許可が必要で、めったに許可されません。また、飼育が難しい魚で、飼育記録は数日程度と記憶しています。

シーラカンスは割りと深海にすんでますのでアンモニア濃度なんかの関係で3日と生かしておくのは難しいらしいです。インドなんかではたまに網にかかるらしいですよ。食べても美味しくないそうです。


深海に棲んでいるので、家の水槽では飼えません。

家で古代魚が飼いたい?

STEP5から家で飼える古代魚を紹介しますね!

バタフライフィッシュ

バタフライフィッシュ(古代魚)

先日、ネット上でバタフライフィッシュを見てから一目惚れしました。
調べてみたのですが、あまり情報がありませんでした。
初心者にも飼い易いと書いてあったのですが本当なのでしょうか?
また、水温などの詳細も知りたいです。
他の魚との混泳は可能なのでしょうか?
できるとしたらどんな魚が良いのでしょうか?
例えば、下の方を泳ぐコリドラスなど。

ご教授願います。

水温も23℃~29℃は経験済みですが、これといって目立った問題は起きませんでした。食性は、昆虫や魚を好んでよく食べます。


「パントドン」で検索してみてもいいですね。

不思議な形のパントドン、胸鰭が大きくて蝶々みたいなので

バタフライフィッシュと呼ばれています。

ポリプテルス・セネガルスの飼育

ポリプ(セネ)の終生飼育を考えるならば単独飼育が望ましいですね。セネは水槽飼育で成魚サイズで30センチ未満です、できれば他の魚種を入れるよりもセネのペア飼育のほうが妥当かと。

将来大型水槽が用意できて大型魚と同居させるとすればアロワナ、ガーあたりの同居は可能です。ただし、幼魚期のアロワナ、ガーとの同居は止めたほうが無難です、ポリプの餌となるので要注意。

ポリプは仔魚~幼魚期はポリプ同士でも共食いすることがたたありますので注意してください。尚、ポリプはポリプ同士の同居で2~3尾ぐらいですと、けっこう小競り合いがあるので。

ポリプテルス、と付く魚は他にもいて、

面白い名前が付いているものが多いです。例えば、

ポリプテルス・エンドリケリー
ポリプテルス・ビキールビキール

ポリプテルス・デルヘッジ

ポリプテルス・モケレンベンベ(グリーンザイール)

ポリプテルス・ウィークシー

など、まだまだ他にもいます。

人気のアロワナ

アロワナは成長が早く、大きく育ちますので、最初から大き目の水槽で飼育するのが無難です。ある程度大きく育ったアロワナを別の水槽に移すのにはそれなりのリスクが伴うからです。魚に精神的なダメージを与えてしまいますし、網ですくう際にはしばしば鱗がはがれてしまうなど、魚体に傷をつけてしまう可能性が高いからです。

アロワナは普通に飼育していれば、何十年と付き合える

最初から大きな水槽を用意して、大事に飼えば何十年も生きてくれるアロワナ

シルバーアロワナの飼育

Photo by 中野愛魚園

水槽について

ガラス水槽は1200x45x60センチが限界だそうで、アロワナのような大型魚の場合、割れる可能性があるそうです。基本的にはアクリル水槽は海水魚を飼うのに適しているそうなのですが、大型魚の場合はアクリルを薦めるそうです。

水をあまり入れすぎない事です。アロワナは時々水面に飛び上がろうとするのですが、その勢いでフタが空いてアロワナが飛び出してしまいます。ですから水の量は上から10センチ位の水位くらいにしておきます。また、フタには必ずちょっと重い目の重りをしておきましょう。


ろ過装置

ろ過につきましては、肉食魚飼育には可能な限り高性能のろ過が望ましいので、水槽適応サイズ以上の物を設置可能な外部フィルターをお勧めします。また、この場合2台以上のフィルターを組み合わせて使用することで、故障やフィルターの掃除直後の浄化作用の低下を防ぐことが可能です。


寿命

シルバーアロワナの寿命は5年位

ブラックアロワナの飼育

Photo by 熱帯魚図鑑


幼魚の飼い方

幼魚期に関して言えば、30度前後の高めの水温での飼育をお勧めします。魚の新陳代謝を促したり、病気の予防効果も期待できます。

壁面沿いに多少バリスネリアなどの水草が植えられていれば衝突時のクッションの役目を果たすという良い面もあるのですが。また、底砂が入っていない場合は照明が底に反射してブラックアロワナが落ち着けないというデメリットもあることは頭に入れておいて下さい。

ブラックアロワナはちょっとした振動や、突然の照明の点灯などに驚きやすい性質なので、よくガラスの壁面などに激突したりします。

幼魚のときは、非常にデリケートなので、買ってから、まず落ち着かせる工夫が必要です。PHを気にするよりも、最初の水合わせを時間をかけて行って下さい。

幼魚の隠れ家(シェルター)としても水草は有効です。水槽を置く部屋にも、きを使って下さい。あまり人の出入りが多かったり、扉の振動や、車の音なんかにも敏感です。20cmを越えるくらいまでは、なるべく気を使ってやって下さい。なにせ彼は、しゃべれないもので...

水質管理

弱酸性の軟水を維持することを心掛け、換水時も全水量の5分の1程度を週に2~3回に分けて換えることをお勧めします。1度の換水量を多くしてしまうと拒食やストレスの原因となり、最悪の場合は死に至ることもあります。

PHの調整はピートモスなどでも行えますが、今は各社から信頼できるPH調整剤が多数出ていますので

濾材に関しては、ブラック・アロワナが大型の肉食魚で、水の汚れ方も半端ではないことから、十分に吟味して選びたいアイテムのひとつです。一般的なセラミック製のものなどで問題はありませんが、濾材の目詰まりを起こしにくいように大き目のリング状になっているものがお勧め

水質管理の面から言うと流木の下は水の流れが悪くなり、餌の食べ残しなどが原因で細菌の温床となりかねません。また、水槽の高さが60cm以上あれば別ですが、45cm程度の高さでは、何かのはずみでアロワナが暴れたときに流木の角などで魚体を傷つけ、それが原因で細菌感染症などにかかる危険性もあります。


水温管理

水温に関しては26~32度の範囲

餌の種類

餌については、メダカ、金魚、タナゴ、エビ、コオロギ、ムカデ、ピンクマウス、カエル、人口飼料などをバランス良く与えて下さい。ピンクマウスやムカデなどに関しては、最近では熱帯魚や爬虫類を扱っているショップで冷凍物が出回っていますから入手は難しくない

いずれの餌に関しても単食だけは避けて下さい。万が一、餌に飽きが来たとき突然餌を替えてもほとんど食べることはなく、最悪の場合はそのまま餓死する危険もあります。


混泳について

アロワナ同士の混泳は最も危険です。また、幼魚のうちは大丈夫だろうと小さめの魚と組み合わせると、その小魚を食べることはないにしても、デリケートなアロワナの幼魚は落ち着けずに精神的にまいってしまいます。

ガーパイクの飼い方。スポッテッドガー(スポテッドガー)


餌について

スポッテッドガーのエサについて

スポッテッドガーをあさってに飼う予定なのですが
エサは、生き餌ではかわいそうなので、クリル意外で生き餌では
ない、エサを教えてください。

人工の餌には結局なれてくれませんでした。

テトラ社 アロワナキョーリン社 カーニバルなどが非常に食いつきよいです。ただ・・・・生餌がかわいそう、の段階でガーは厳しくないですか?むしろ生餌じゃないガーはかわいそうとは思いませんか?

冷凍餌としては、 コオロギ ミルワーム 赤虫 ミジンコ ディスカスハンバーグ

捕食行動によってストレスを解消している部分もあると思いますので、生き餌を与えないとストレスがたまってかわいそうです。

生餌をやる気がないなら、飼わないでください。長生きしません。

スポガーは、ガー系の中では小型の部類ですがそれでも40~60cm位の大きさにはなります。私が飼っていたスポガーは約10cm程のが2ヶ月ほどで30cmを超えました。ガー系やアロワナ系の大型魚は成長が早いので、成長期は餌をふんだんに与えていると、1日で数センチ単位で大きくなったのが分かるほどです。

水槽、水の温度、水質管理

ジャンプする事が多いので水槽のフタは完璧にしておかないと飛び出してしまいます

スポガーと言えど結構大きくなります。水槽は大丈夫ですか?飼えなくなったからといって放流するのだけは絶対におやめください。最低でも1200x45x60くらいはいるかと思います。

温度は20度ぐらいが最適ですね、あとガーは水面で息をしたりするので空間をあけた方がいいです。寒さに強いですが15度以下になると危険


背骨曲がりに注意

エサですが、よく食べるから・・・と、クリルしか与えていないと同じくへの字になることがありますね

体が硬くターンなどできない

早く大きくなったら困るから・・・と、成長期にエサを抑えたり、いつまでも狭い環境で飼育すると、真っ直ぐなはずのガーが、への字型になってしまうことがあります。

まとめ


特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ