ベランダ菜園でアンチエイジング!簡単おいしいミニトマトの育て方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by zaha

ミニトマトは、大玉トマトの何倍ものリコピンを含む、夏にぴったりの健康食材。


リコピンは、βカロチンやビタミンEを上回る抗酸化力を持ち、美白・シミ・シワなどの夏の紫外線ダメージからお肌を守る働きをしてくれます。


そんなミニトマトを採れたての状態で食べられたら、ものすごいアンチエイジング効果がありそうですよね!


でも、家庭で育てるのはちょっと難しそう……というベランダ菜園初心者の方にむけて、『育ててみたい野菜No.1』であるミニトマトの育て方のコツをお教えします。

中間地~寒冷地なら、まだ植え付けの時期に間に合いますよ!


これさえ読めば、この夏はミニトマト食べ放題も夢じゃないかも……?


甘くて育てやすいミニトマト苗

家庭菜園で作るミニトマトは「甘くない」といわれます。


ミニトマトの甘さを決めるのは、品種半分、育て方半分だそうですので、苗を選ぶ際にはまず甘い品種を選びましょう。

初心者でも育てやすく苗が手にいれやすい甘いミニトマトは以下のようなものです。


・千果 …糖度8~10

・アイコ …糖度8

・フルティカ(中玉ミニトマト) …糖度7~8

ミニトマトを育てるのに必要な物

Photo by zaha

ミニトマトを育てるためには、苗以外に以下のものが必要です。


・深めの鉢やプランター

・鉢底石

・鉢底網

・ビニール紐

・支柱 …160cmくらいのもの。

・野菜の土★

・トマト用の肥料や野菜用の肥料★

・食品成分の殺虫スプレー★


★いずれもホームセンターや100均で購入できますが、土や肥料は100均ではなくホームセンターできちんとしたものを購入されることをおすすめします


費用は、ものにもよりますが全部で2000円くらいでしょうか。

一度買えば土以外は使い回しできますから、ぜひ揃えておきましょう。

ミニトマトを甘く育てるコツ

Photo by zaha

・大きな鉢やプランターを使う

…深さ25cmくらいあるものが望ましいです。


・乾燥ぎみに育てる

…水やりは午前中、まだ暑さが厳しくない時間帯に。

土が乾いてから、鉢底から流れ出るまでたっぷりと水を与えましょう。

真夏以外は毎日あげる必要はありません。


・日当たりがよく雨に当たりにくい場所に置く

…東~南向きのベランダだとgood!


・大きくさせすぎない

…まずは一本立て(実のなる主茎が一本)からはじめましょう。

苗の背丈が、実のなる段が下から5段くらい~自分の目の高さくらいになったところで主茎を芯留めします(写真の赤枠参照)。

ミニトマトの育て方

Photo by zaha

1、苗を植え付ける

鉢に鉢底網を敷き、底が隠れるくらいに3cmくらい鉢底石をいれ、土を入れて苗を植え付けます。植え付けて3日くらいはたっぷりと水をやり、直射日光の当たらない場所で管理しましょう。


2、支柱を立てる

花がついたら早い段階で、花がついている方向と反対側に支柱をたてます。茎から10cmくらい離したところに支柱をしっかりと差込み、何箇所かビニール紐で8の字に固定。茎が伸びるたびに行いましょう。


3、受粉させる

花が咲いたら、受粉率を上げるために、朝、茎を軽く叩いて花粉を飛ばしましょう。トントン、と軽く叩くくらいでOK。随時行います。


4、脇芽摘み

こちらも随時行いましょう。脇芽(写真の赤枠部分)が伸びたら、そちらに栄養を持っていかれないよう、早めに摘み取ります。


5、肥料を与える

実がついたら2週間間隔で肥料を与えましょう。与える量は、肥料のパッケージに書かれているものを参考にしてください。またその際、土が減っていたら、肥料と混ぜて追加します。


6、害虫、病気対策

定期的に食品成分の殺虫・病気予防のスプレーをし、黒ずんだり病気になった葉は見つけ次第取りのぞきましょう。食品成分のものは、安全で散布回数に制限がないので、被害が広がる前に散布しておくのがおすすめです。


7、収穫

実が赤くなったら収穫です!朝のうちに収穫するのが美味しいトマトの秘訣。寒冷地の場合で10月くらいまで収穫が可能です。

こちらもおすすめ♪家庭菜園ガイド

まとめ

いかがでしたか?
もし鉢やプランターの大きさで悩んだら、大きいほうを買っておけば間違いなしです。ご自身の手で育てた美味しいミニトマトをいただきましょう(^^)



このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ