油断大敵!運転中の紫外線対策。うっかり見逃しがちな車の中でも紫外線から肌を守る方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by イラスト(C) シンフィールド/よぷのん
顔は忘れずがっちりガードしていても、つい忘れがちなのが車の中での紫外線対策。運転者だけでなく助手席に座っていても、腕や顔には紫外線が当たっています。意外と忘れがちですが、怠ると大変なことに…。皆さんは対策出来てますか? 今日の「美女のモト」はそんな運転中の紫外線対策についてのお話です。 相談者の女性からは、「日焼け止めだと痒くなってしまうので手袋を使おうかなと思っているのですが、手袋使うと変ですか?」と投稿が寄せられました。そんなお悩みに、今日のスペシャリストからはどんな回答が寄せられるのでしょうか? 働く女子応援アプリ「美女のモト」がQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた「運転中の紫外線対策」というお悩みをピックアップ。美容家 深澤亜希さんからのアドバイスと合わせてお届けします。

【お悩み】運転中の紫外線対策。日焼け止めは痒くなってしまうのですが、手袋を使うと変ですか?

運転中の紫外線対策

といっても手のことなんですが、
車で通勤・通学されてる方、手の甲日焼けしますよね?
日焼け止めをお使いになりますか、
それとも手袋?

日焼け止めだと痒くなってしまうので
手袋を使おうかなと思っているのですが
手袋使うと変でしょうか。

【専門家からのアドバイス】美容家・深澤亜希さんはこう考える!

Photo by 深澤亜希オフィシャルサイト
運転中は手袋や薄手の羽織物で上半身をガードして!

車内にいてもとっても焼けやすいので、手は手袋をしてUVケアするのはおすすめ

運転中は、車内にいてもとっても焼けやすいので、手は手袋をしてUVケアするのはおすすめです。また運転中は、腕部分やデコルテも焼けやすいので1枚薄手のものを羽織ったり、デコルテ部分は薄手のスカーフなどで隠してガードすると良いでしょう。その時に、サングラスなどもそうなのですが、アイテムを選ぶ時はきちんとUVカット加工されているものを選ぶことが重要です。

運転(とくに長距離)は、いくら車内にいても思いのほか焼けてしまうので、油断せずにしっかりUVケアすることが必須です。

深澤亜希さん
美容家。書籍の執筆、女性誌などへの執筆・出演、美容コンテンツのプロデュース、TVへの出演など幅広く活躍。著書に「白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美白ルール40」(三空出版)。
http://ameblo.jp/aki-fukasawa/

数年後の肌の為に、今できる紫外線対策を!

いかがでしたか?

車の中でのUVケアに手袋やストール等の羽織ものは有効な手段でしたね。他にも目から紫外線を守るサングラスや車の窓に貼るUVシートも効果的な対策です。紫外線は確実に肌の老化を早めます。将来シミだらけの肌にならない為に、今できる紫外線対策で大切な肌を守りたいですね。


(美女のモト編集部:H)

あわせて読みたい

まとめ

Photo by 美女のモト編集部
毎日更新!!働く女子応援アプリ 「美女のモト」 http://apps.okwave.jp/bijonomoto/ 日本初、最大級のQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、仕事と結婚、恋愛、人間関係など多くの女性が抱える悩みを、専門家のアドバイスやユーザーから寄せられた解決方法などを交えて紹介する読み物アプリです。 >>アプリのダウンロードはこちら iOS版:http://bit.ly/1gvxSNj Android版:http://bit.ly/1cCvhkR その他の美容ガイドもまとめてチェック!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ