老後の暮らしはどうすればいい!?今から老後について考えてみよう!6月5日「老後の日」~今日は何の日~

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1116
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by PhotoAC

超高齢化社会を迎えようとしている日本。老後にまつわるQAを集めてみましたが、圧倒的に老後の不安・心配のお悩みが多かったですね。

老後の暮らし

老後は誰しも最後は一人になるのです。 私も今は夫婦二人暮らしですが、いずれ一人になるので、私は掃除、洗濯等妻に頼らずとも一人で全て出来る様に、以前からやってます。 一人になると時間が長く感じられるので、映画が好きなので洋画のDVDをそのときの為に買い揃えてます。 現在200本ですが未だ買い揃えます。後は過去に読んだ小説を又読もうと思い捨てずに置いてます。 人によっては、人と接して無いと不安と言う方も居ますが、その点、私は一人でも平気なので大丈夫です。 それに、充分とは言えなくても、そこそこの貯金をしてれば大丈夫だと思います。 老後の生活を私は子供に頼ろうとは毛頭も御座いません。 貴方も趣味等を通じて親しい友人を作る事です。

確かに、結婚していても、子どもがいても最後は一人になるという覚悟は必要ですね。

老後の蓄えって?

安心して暮らすのはステキな事ですが、安心する為に暮らすのは間違ってますよ、
それなりに遊んで、それなりに貯金して人生を楽しみたいですね
人に迷惑かけずに自分の収入と貯蓄だけでどうにか暮らせて行けるお金があれば
それ以上に貯蓄を考える必要は無いと思います。
死んだ後、子供にお金を残してもろくな事が無いですよ

若くて元気なうちしか出来ない事の方が山ほどあるというのも正論ですね。確かに。

ただ老後の心配もキリがありません。

老後の住まい

老後の住まい

まだ先の話ですが、身寄りが誰も居ないと仮定しての質問です。
漠然とした考えなので箇条書きにします。
○老後一人の住まいを購入するにはマンションか一戸建てどちらが良いのでしょうか?(希望としては庭付き一戸建て)
○新築か中古どちらが良いのでしょうか?
○一戸建て、マンションのどちらを選んだにしろ死んだ後、その家はどうなるのでしょうか?
○老人一人の購入、入居は可能なのでしょうか?
老人ホームで暮らす事は考えていません。
詳しい方がおられましたら教えて下さい。

人生、何があるかわからず、想定通りにはいかないので、その行程を楽しみながら進めていかれてはと思います。

資産価値と生活のしやすさ、どんな生き方をするかで決まってくることのようです。

子どもがいない夫婦の老後

老後の不安・・・(子供なし夫婦)

こんばんわ。40代の子供のいない夫婦です。
健康上や色んな問題があり子供は持てませんでした。
今や”子供のいない夫婦”の方は世の中多いでしょうが
私達のように「1人っ子同士」の場合
老後 頼れる方が居ませんしお墓の問題もあります。
時々「今は若いから まだ良いけど年を取って病気などで
動けなくなったらどうなるのかなー?」などと
色々考えて不安になり夜も眠れなくなる時があります。
自分達が老後を向かえる頃には親も年配の親類も
誰も生存してないでしょうし・・。

預貯金を必死でするとか?養子縁組も検討するとか?

何か今から立てておくべき対策などあるでしょうか?
また同じような立場の方も居ましたら意見も聞きたいです。
宜しくお願い申し上げます。

まず“子供さんがいらっしゃらない為老後が心配”との事ですが、上手くソーシャルサービスを利用なさる事で、満足とはいかぬとも解決できるかと思います。

 むしろ老後に対し、子供達が世話する事を前提に、現在せっせと子供さんへ奉仕、投資なさっておられる御夫婦の方が、思い通りにいかずあわてるケースがあります。又、身体不自由になった後、の一人暮らしは、周囲(御近所・遠縁)に犠牲を強いる事になる為、あまりお勧めしません。
 
 実は数年在宅医療に携わり、同居世帯の老後生活や独居生活の困難を多く目にしております。
 老後にはセカンドライフとして、住み替えなどで工夫しながら老後の安定を考えた方が良いと考えるようになりました。
 

「備えあれば憂いなし」という言葉しか浮かんできません。

快適な老後 介護付き病院・施設について

老後について

こんばんは。
介護が必要になったら、介護付き病院に入るのが良いのでしょうか?
近所の方が、介護付き老人ホームに入居なさったのですが、食事が腐りかけていたり、いじめがあったりして、帰ってこられました。グループホームとは、介護付きでしょうか?
これからは、高齢化社会で、さまざまな形態が出てくると思いますが、快適な老後を送るには、どのようにすれば良いのでしょうか。
現状で、近畿圏で、良い介護付きの病院・施設をご存知の方、お教えいただけませんでしょうか?宜しくお願い致します。

差し迫って今必要なのではなく、老後のことについて事前勉強ということであれば、
大きくわけて2種類
・在宅で介護保険を使い、ヘルパー派遣や訪問看護を受ける
・施設入所を考える
ですが、施設は身体状況によって入所出来る範囲が有ります。
つまり、これからどうなるかわからない時にはしぼりきれないのです。

事前勉強、参考になります。

離婚→老後

生活費も大事ですが、早めに新たな人生を歩むことを優先されることを勧めます。あなたはもう50歳代とのことですが、あなたの魅力度によるのですが、別の男性との再婚も考えられます。高齢の男性で相手を探している人は、女性よりずっと多いですよ。

これも切実なお悩みです。

老後の楽しみ方

老後の楽しみ

老後の楽しみってどんなことがあるでしょう。私は今のところ、近いところの日帰り温泉めぐりですが、一回行けばあきそうです。
町内会の役員をやるのも、責任を取りたくないし、のんびりしたいしというところです。
私の父は、絵画教室に行っていましたが、私はあまりやりたくありません。展覧会などにも行きましたが、皆上手ですが、先生の批評を聞いていると、なかなか上手な人でも大変です。
家内の父はテレビばかりで、それも困ると思います。読書もフィクションは、どうでも良いと都合のよいことばかり書いていると思います。
外国旅行は良いと思いますが、お金がかかるのが難点です。
皆様、老後の楽しみって何でしょう。教えてください。

趣味を持つのなら一人で黙々とするものよりは人と一緒に楽しむ方が絶対いいなぁと考えています。音楽やスポーツはコミュニケーションが存在する趣味ですよね。私は遊び程度ですがテニスをしますので、同好の人とのんびり楽しみたいと思っています。

ここからはお悩みよりも楽しみ方に焦点を当てて見ていきます!

老後の田舎暮らし

老後の田舎暮らし

老後(老後に限らなくても良いです)に田舎暮らしをする事によるメリットって何かありますか?
どんなことでも結構ですので教えて下さい。

 実際に田舎での物件などを斡旋していますので、都会からのIターン組の話を聞いています。
 メリットは「本当の生活が出来る」処です。
朝明るくなって目覚め、昼間身体を動かして労働し、夜暗くなったら眠る。食卓は半自給自足。贅沢を言わずにいれば何にもいらない。
 確かに車は必需品でしょう。都会でバス・電車に乗るのと同じです。
 病院はありますよ^^;選べないだけです。悪い医者に当たるトラブルも少ないですけど。コンビニもあります。大型のショッピングセンターもあります。ネット社会の今は買い物等にも不自由はしません。日帰り温泉施設もあります。
 デメリットは世間が狭い。隣組や町内会が煩わしいと思う人には不向きです。草むしりをさぼっただけで「あーだこーだ」言われます。私は以前にキレて「昭和天皇も『雑草と言う名の草はない』と言ったそうですね」と言い返したら、それきりあきれて誰も草をむしれ!とは言わなくなりましたね。その代わりにシルバー人材センターにお願いしてますけど・・・。田舎暮らしは雑草と虫と先住民との戦いです。それも暖かいなあと感じるくらいに慣れてきたら、ここほど天国はないでしょう。
 住めば都です。
 また、空気が臭くないのが一番です。そりゃあ、田舎の香水の匂いはありますけど^^;深呼吸が出来るのがうれしいですよ。星も綺麗だし。

 コツは元気なうちに引っ越して来ることですね。それから趣味を持っていること。田舎に来てからの夢を大きく持ちすぎないこと。第二の人生だ等と気負いすぎると疲れますよ。

田舎暮らしには向き不向きもあると思いますが、「本当の生活ができる」というのは力強い言葉ですね!

老後 海外での生活は?

老後の生活

よく、老後の蓄えが心配だと言う人がいらっしゃいますが、どうしてだろうと思います。
物価が20分の1くらいの外国に行けば、ある程度の蓄えと年金だけで十分生きていけると思うんですけど。
自分は、老後は海外に引っ越したいと思ってます。
皆さんそのように考えないのでしょうか。

年を取ってから海外へ行くと、言葉の問題、生活習慣の問題、気候が合わない等があります。家族やそれまでの友人、知人と離れるし、アルバイトやボランティア活動なども行った先で新たに築きあげなければならないですよね。現在でも、東京の近郊では、地方在住の高齢者が子どものいる都会に引っ越してきて、うまく適応できないという問題が起こっています。いまは平気のつもりでも、年を取ると適応力が落ちるのが普通です。

また、物価が安い海外というのはだいたい発展途上国なので、医療、福祉、治安がよくないことが予想され、高齢者には住みにくいでしょう。

さらに、今後若者が減り、日本経済が衰退すれば円の価値は下がりますから、円建ての年金で海外で優雅に暮らせるという保証はありません。いま物価が安い国も、高度成長をとげて物価が高くなっているかもしれません。

いますでに高齢者の方が海外移住を考えるのはいいと思いますが、数十年後にそれをあてにするのは賢明ではないと思いますね。

若い頃に住んでいた所に再びというなら問題ないかも知れませんが、初めての土地にはリスクも多そうですね。日本の生活は快適すぎますし。

老後とは何歳から?

老後とは

世間一般に老後の生活を送っているというと、何歳くらいからの人の事を
言いますか?
先日わたしの母(60歳)が、「楽しく老後を送ってらっしゃる」と
近所の人に言われ、とても傷ついていました。
子供がまだ家にいるかいないか、仕事をしているかいないかにも、
よりますか? 
今後の参考の為にも、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

仕事を辞め、子供も巣立ったあたりからですかね?
60歳で仕事がなくて子供も就職して家から出てたら老後かもしれませんね。

仕事があれば現役だし、子供が家にいれば家事という意味では現役ですから☆

子どもが巣立って、仕事を退職していたら、老後と言われてもそんなに不自然ではないかも知れませんが、今の60代はとても老人とは言えないですね。

まとめ


必要なもの

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ