妊娠中はコーヒーを飲んではダメ?少しくらいならOK?妊娠中に気をつけたいカフェイン摂取について

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:10552
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by まとめちゃん

「妊娠中はコーヒーを飲んではいけない」と聞きますが…カフェインを含んだ飲み物はすべて避けるべきなのでしょうか?

「妊婦はコーヒーを飲んではいけない」は本当?

妊婦はコーヒーを飲むべからず?

大のコーヒー好きです。妊娠初期ですが毎日午前中にコーヒーを1杯だけ飲んでいますが、毎日飲むのは良くないとか?我慢するべき?

QAサイトOKWaveにこんな質問が寄せられていました。

妊娠中のカフェインの過剰摂取の影響とは?

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインを過剰摂取すると、

  • 早産・流産・低体重児のリスクが高まる
  • 尿に排出されるカルシウムの量を増やしてしまう
  • 鉄分の吸収を妨げる

という調査報告もあります。

それもあって、妊娠中のカフェイン摂取について心配する方が多いようです。


ですが、いずれも「過剰摂取」した場合の悪影響なので、量を調整して飲む分には問題ないという説が一般的です。鉄分の吸収を妨げることに関しては、食事の前後一時間はカフェイン摂取を避けるようにすれば防げるようです。

この間母親学級に参加した際、カフェインには摂取した鉄分を壊してしまう作用があると聞きました。妊娠中はカルシウムや鉄分を積極的に摂取すると思いますが、そのときにカフェインも一緒に摂ると、体内で鉄分が破壊され、吸収されないまま排出されてしまうそうです。
ですが、少量のカフェイン自体には特筆すべき毒性があるわけではなく、精神安定ななども効果もあるので、食事の前後一時間程度はカフェインを摂らない、という程度でよろしいと教えられましたよ。

コーヒーは何杯までならOK?

「コーヒー1杯(150ml)あたりのカフェインはおよそ100mg」です。


カフェインに関しては日本の厚生労働省は特に発表していませんが、海外ではカフェイン摂取量の目安を発表している国もあります。

イギリスでは1日200mgまで
カナダでは1日300mgまで
アメリカでは1日300mgまで
「妊娠中にコーヒーを飲んではいけない」って本当なの?(M3Q)

1日あたりコーヒー2~3杯程度であれば問題なさそうです。

コーヒー以外にも気をつけるべき飲み物

カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。

紅茶や緑茶、コーラ、チョコレートにもカフェインは含まれますので、注意が必要です。

コーヒー(インスタント)1杯   65 mg
コーヒー(エスプレッソ)1杯40ml 77 mg
コーヒー(ノンカフェイン)1杯 1 mg
コーヒー(スターバックスラッテ)150ml50 mg
コーヒー(カップチーノ)150ml 50 mg

紅茶1杯   30 mg
番茶1杯   15 mg
せん茶1杯  30 mg
玄米茶1杯  15 mg
ほうじ茶1杯 30 mg
ウーロン茶1杯 30 mg
抹茶1杯   48 mg
玉露1杯   180 mg
麦茶1杯   0 mg

コカ・コーラ1缶 34 mg
コカ・コーラ(ダイエット)1缶 45 mg
リプトンアイスティー330ml 9 mg
カフェイン入りソフトドリンク280ml 35 mg

板チョコレート50g 20 mg
ホットココア1杯 50 mg

普段飲むドリンクにどれくらいカフェインが入ってるか(らばQ)

まとめ

1日2~3杯くらいまで、食事の前後1時間は避けるという飲み方であれば、あまり神経質になる必要はなさそうです。

ただ、それでも心配という方は、カフェインレスコーヒーやお茶をおすすめします。

ストレスを溜めずに健やかな妊娠ライフをお送りください!


こちらの記事もあわせてどうぞ

まとめ


このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ