骨盤のゆがみを簡単にチェックする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

スポーツ、仕事、出産、日々の生活のくせ・・・
人は長い年月をかけ、骨盤に歪みを生じさせてしまうものです。

まずはその症状が重くないうちにチェックをし、歪みの存在に気付きましょう。

STEP1

目をつむり、片足立ちをして10秒以上、全くぐらつかずに立ってみて下さい。
10秒立っていられなかった人は、骨盤がゆがんでいるでしょう。

STEP2両手を開いて目をつむります。

そのままで両手を左右同じ高さにしっかり伸ばし、
その状態で右と左の人差し指をくっつけてみてください。
この時、人さし指どうしがすれ違う人は、そのままの形で骨盤がゆがんでいます。

STEP3うつ伏せに寝てみてください。

自分の腰の骨で、一番前に突出している所の下に手を入れます。
床との隙間が左右で異なっている人は、隙間が少ない方の腰の筋肉が緊張し、骨盤が
引っ張られてゆがんでいます。

STEP4イスに腰掛けて脚を組んでください。

これを左右、両方で試してみましょう。
その時、どちらか一方が組みにくかったり、きつく感じたりしませんか?

また、無意識のうちに同じ方向に脚を組んでしまうという方は、体が曲がって骨盤がゆがんで
いる証拠です。

まとめ

当てはまる方は早めに骨盤矯正をし、歪みを解消したほうがいいでしょう。
小さな歪みは長年の生活の蓄積です。その積み重ねの解消には、やはり長い年月がかかります。
早めのチェックで早めに矯正に取り組むことが大事です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ