お中元はいつ誰に何を贈る?知っておくべき「お中元のマナー」

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by photoAC

今年もお中元商戦のニュースを目にする時期になってきました。
「お中元」という言葉は馴染みがあっても、いざ自分が贈るとなると具体的な品物選びやマナーについては、よくわからないという人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は最低限知っておきたい「お中元のマナー」についてご紹介します。

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期については、東日本では7月初旬~15日頃、西日本では8月初旬~15日頃とされています。しかし最近では、全国的に7月の中旬までに贈るのが一般的になりつつあるようです。

お中元を贈る人、喜ばれる品

お中元は感謝の気持ちを伝える贈り物なので、贈る相手についてこれといった決まりはありません。お世話になっている方へお贈りしましょう。一般的には離れて暮す両親や親戚、会社の上司などにお贈りすることが多いようです。


ただし、お中元をお贈りしたらお歳暮もというのがマナーです。また、毎年続けてお贈りする場合が多いので、今後も長くお付き合いをする方にお贈りするのが、お相手もご自身も負担にならずよいでしょう。

お礼状

お中元をもらった場合、基本的にお返しは必要ありませんが、できるだけ早めにお礼の気持ちを伝えるようにします。電話やメールでも構いませんが、より丁寧にしたい場合は手紙で出される事をおすすめします。

喪中の場合

お正月などのお祝い事と違い日頃の感謝の気持ちを表すものなので、自分と相手のどちらが喪中であっても、贈ることに問題はありません。


ただし四十九日前など、ご不幸からあまり時間が経っていなく気になる場合は、少し時期をずらして「暑中お見舞い」「残暑お見舞い」などとして贈る気配りをしましょう。

お中元を辞退したい場合

お中元は本来はお返しをしないものですが、伝統的な方法としては頂いた品物の「倍返し」をしてやんわりと辞退したい旨を伝えるという意思表示の仕方もあります。また、頂いたものの包装を解かずにお礼状と共に送り返すという方法もあるようですが、いづれにしても単に品物だけを送り返すのは失礼です。

ご好意で頂いたものをお断りするという行為はデリケートなもの。お断りする場合も、必ずお礼状を出しましょう。お礼状に頂いた事に対してのお礼はきちんと述べつつ、来年以降は辞退したい旨を丁重にお伝えするのがよいでしょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ