すっきりと効果的な昼寝をする方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

昼食をとった後、昼下がりのゆったりとした時間、よく眠くなりますよね。 最近は、昼寝を推奨する会社も増えてきました。 起きた後にボーっとしてしまったり、かえって疲れているような気がすることがないよう 効果的に昼寝をし、のちの活動にいい影響を与えたいですね。

STEP1☆昼寝は「午後2時、20分間」がベスト!

人間の眠気のピークは、午後の2時から4時、と言われているそう。
ここに照準を合わせ、かつ深い眠りの波に入る前の、30分以内がベスト。

30分以上寝てしまうと、目覚めてからしばらくボーっとしてしまう「睡眠慣性」という現象が起きてしまいます。

とはいえ、午後2時に寝るというのがそもそも無理、という場合は
昼休みの食事直後、残りの昼休みを昼寝に充ててもOKです。

STEP2☆目を閉じるだけでも効果あり

すぐに寝付けない、20分で目を覚ます自信がない
という方は、まず目を閉じて休息することから始めましょう。

睡眠できなくとも目を閉じるだけで、睡眠と同様の休息効果の7割方を得られるといわれています。

STEP3☆昼寝の効果

午後の眠気を解消し、うっかりミスの減少や、作業効率のアップを望めます。
また、ストレスを軽減し、血圧を下げ、脳卒中や生活習慣病の予防にもつながります。

まとめ

①午後3時以降の昼寝は逆効果。 午後3時以降に昼寝をしてしまうと、夜の睡眠に悪影響を与えるので、眠りの質が悪くなり、寝不足を助長しかねません。夜の睡眠は重要なものなので、昼寝によって夜の睡眠を邪魔することのないように注意してください。 ②30分以上の昼寝は目覚めを悪くする。 眠りには周期があり、深い眠りの時に目覚めると頭がボーッとする睡眠慣性が起こり、作業能率が低下します。入眠後30分を過ぎると深い眠りの周期に入るので、これ以降に目覚めると睡眠慣性が大きくなります。睡眠慣性が大きくなることは、単に作業能率を低下させるだけでなく、再入眠しやすくなるので、運転中などは居眠り事故につながり大変危険です

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ