夫婦円満の秘訣

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by pixabay
夫婦円満の秘訣があれば知りたい!と切に願う方もいることでしょう。 そこで、夫婦円満の秘訣を考えてみましょう。

料理を褒める

Photo by pixabay
伊達政宗がこう言った、という話があります。
「朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし」。

妻は、毎日の食事の支度には気を遣うものです。
夫の好きなものを作ってあげたい。
夫の健康に良いものを作ってあげたい。
妻が美味しいと感じるものを、夫にも美味しいと感じてもらえたら嬉しい。
量や品数が少ないと、かわいそうかしら。
あんまり食費を使って家計を圧迫したくない。かと言って貧相なおかずは良くないし……。
などなど、様々な思いの中で作ります。

ですから、嫌な言い方や、なんの気遣いもない言い方をされることが多いと、だんだんと作る意欲が削がれてしまいます。
「おいしい」「ごちそうさま」「この味付けは好き」「これをまた作って」「前に作ってくれた○○が美味しかったからまた作って」……などなど、妻がやる気になる言い方は沢山ありますので、夫はどんどん言ってあげてください。

そして妻は、夫が食べ残しても怒らないで、これは嫌いみたいだから控えよう、次はこうしてみよう♪という風に向上心をもって料理ができるといいですね。

嫌なところも言い方次第

Photo by pixabay
違う生い立ちの2人が一緒に過ごすとなると、お互いに嫌な癖が見えてきます。
直して欲しいところがあったら、嫌な言い方をしないで楽しく優しく伝えられるといいですね。言い方1つで、「直さないと」と思うのか、「ふんっ偉そうに言ってムカつく」と思うのかが違ってきます。

努力と忍耐

Photo by pixabay
太宰治は、手紙にこう書いていたそうです。
「結婚は、家庭は、努力であると思ひます」。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO70100540Z10C14A4CR8000/
『日本経済新聞 』

かのチェーホフも言っております。
「結婚生活で1番大切なのは忍耐である」。

夫だけ、あるいは妻だけが努力や我慢をしていてはいけませんよね。夫婦共にお互いの弱点を補いながら努力していかなくてはいけませんね。

こちらもどうぞ

まとめ

夫婦だからこそ、思い遣りの心で接していけるといいですね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ