5月病を6月まで長引かせない!5月病をうまく乗り切るコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 足成
新入社員として入社後、慌ただしい4月を乗り越え、ゴールデンウィークが去ったとき、多くの人たちが陥るのが「5月病」


4月の意欲的な入社当初の姿とは一変して、途端に無気力やうつ状態になり、仕事の能率が下がってしまいます。5月病は一時的なもので、たいていの場合すぐに乗り越えられるものですが、人によっては6月、7月まで長引くケースもあります。 精神的ツラさにプラスして、仕事の能率も上がらない状態が2~3ヶ月も続くのであれば、これほどきついことはないですよね。


そこで、上手に5月病を乗り越えるためのコツを紹介します。

5月病って何?

5月病になりやすい人は、真面目で、何ごとに対しても繊細に 物事に気を配ることのできる几帳面な人だといわれています。


5月病は、今までと違う環境に入ったときに起きるものです。一般的に、新入社員にだけ起きると思われているところがありますが、部署が変わった社員などにも起こり得ることです。


新入社員であれば、これまで学生時代に経験したことのない上司や顧客とのコミュニケーションに戸惑いを感じることも多いでしょう。自分のキャパシティを越えた要求にプレッシャーを感じるのです。部署異動の場合も、新しい部署の組織構成や人間関係を把握するのに苦労したり、新しい上司とうまが合わなかったりという問題が起こり得ます。


5月病が高じると、出社拒否やうつ病といった状態になることもあるようです。

5月病を乗り越えるための第一のコツ

5月病を乗り越えるための基本は、まず「頑張りすぎない」ことが大事です。社会人になれば学生時代より要求されることも増え、そのレベルも高まります。そんなプレッシャーの中で、突き進むスピードを少し弱める。そして、ちょっと他のところに意識を向けてみるのです。


コツは、周囲とのコミュニケーションを有効活用すること。自分が今感じている不満や不安を仲間に話すだけで、自分がいかにギリギリの精神状態であるかがわかることもあります。そうして自分を客観的に知ることができる効果は大きいです。
心ある仲間なら「無理し過ぎだよ」「ちょっと危険だから休むべきだよ」などとねぎらいの声をかけてくれることもあるでしょう。

5月病を乗り越えるための生活改善点

5月病を乗り越えるために、仲間との語らいで精神的な栄養を補給したら、次にすることは生活を見直すこと。もしかしたら、普段お酒に頼っている人もいるかもしれません。一人で悶々としている気持ちを、帰宅後にアルコールで紛らわす。そんな毎日を過ごしてきた人も、5月からはちょっと変えてみませんか? アルコールは逆にストレスを強めてしまう作用もあるからです。

食事では疲労回復や免疫力を上げる食材を

たまった疲れを解消できる食材を積極的に取り入れて、心機一転、健康的な生活をスタートさせるのもおすすめです。ポイントは、ご飯などの主食をしっかり摂った上で、ビタミンB1とB2の豊富な魚、肉、卵などの動物性たんぱく質を意識的に摂取することです。 動物性たんぱく質にはアミノ酸が豊富に含まれており、疲労改善や免疫力を上げる効果があるといわれているからです。


睡眠で体と脳に十分な休息を

十分な睡眠も5月病対策には欠かせません。脳に十分な休息を与えるだけでも、うつの気分が解消されることもあります。もし4月からの新環境で睡眠不足が続いているのなら、一度たっぷりと眠ってみること をおすすめします。睡眠は、脳だけでなく、体や心にもいい影響を及ぼします。


「眠っても疲れが取れない…」という方はこちらのガイドもご参考に!

ポイント

人に相談して、よく寝て、よく食べてと、健康な生活を意識的に行うようにするだけで、5月病なんてすっとんでしまいます! 

また、 実際に5月病を乗り切った人たちは、「わからないことや疑問が生じた際には、まわりの人にすぐに聞くようにした」「周りのレベルの高さについていけるように努力をして、人よりたくさんの仕事をこなすようにした」など、自分から積極的に動いていることが多いようです。


いったん休息したら、これまで以上に意欲的にスタートダッシュをはかる。これで5月病など蹴散らしてしまえそうです。



このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ