安さだけで選んだら損をする!?LCCのメリット・デメリットを理解したうえで賢く利用しましょう!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6138
  • ありがとう数:0

はじめに

LCCのメリット・デメリットについて書かれてたQAをあつめました!

LCCを検討されている方、LCCをはじめて利用する方に読んでいただきたいガイドです。

LCCのメリット・デメリット

メリットはやはり「安い」ということでしょうね。
デメリットは
 予約・購入した航空券の変更ができない場合が多い。(欠航時の他社便の振り替えも無し)
 取消料が高い。
 時間が極端に早かったり遅かったり、中途半端な時間が多い
 機内サービスが無い(もしくは少ない、有料)
 手荷物預かりも有料だったりする。
 子供料金が高い(普通運賃の半額としているため)場合がある。
 などなど、、、

LCCって、空港の利用時間でも安い時間で、しかも安く上げるために短時間しか止まって居ません。
そんなに多くの便が出ていない。他の航空会社が使わない不便な時間に出発や到着する事で、安くしています。
なので、あまり自由に選べるものでもありません。

実際に、朝の出発便が早朝で、バスも電車も動いて居ない時間に出発。なんて言うのもあります。
夜の到着も、同じく、バスや電車がぎりぎりや、終了後到着なんていうのもあります。
ぎりぎりの便に乗って、遅れて電車やバスが無くなっても、一切の保証はありません。宿泊の手配や食事の手配、毛布を貸してくれると言うのもありません。
そういうリスクを航空会社が持たない代わりに安くしている。と言う部分も良く理解されて使われてくださいね。

勿論、機材故障や、天候などで、欠航した場合も、宿泊や別の航空会社への振り替えは一切ありません。
その日になければ翌日以降の便に振り替えですが、既に予約を取っている人が優先ですので、空き席が出るまで飛行機には乗れず、乗れない間の滞在費は一切保証なしの自腹。
その代り運賃は安くしましょう。
と言うのがLCCの考え方ですので、その辺をよく理解されて使われてください。

単なる格安航空会社と勘違いして、遅れたために乗り継ぎが出来なかったり、空港で足止めになった時に「ホテル代や食事代を保証しろ!」なんて騒ぐ人が居るのですが、最初の利用案内でその辺はすべて書かれて居る事なので、保証はありません。

LCCとは低原価(低コスト)で低価格の運賃を実現させて、航空機を飛ばす企業のことです。

ではLCC以外の一般的な航空機運行のコストとは何でしょうか?

1. 機材購入費
2. 空港の着陸料
3. ジェット燃料費用
4. パイロット、客室乗務員など運行乗務員の人件費
5. 機内で提供するサービスや食事

主なものだけでもこれだけの直接コストがありますし、間接的なコストとして広告宣伝費、チケット販売代理店(旅行業者)への発券手数料、空港内事務所の家賃、非運行部門(総務、経理、人事など)の本社部門のスタッフ人件費もコストになります。

これら直接・間接のコストを下げて格安運賃を実現するために、LCCはかなり大胆な削減策を実施しています。例えば機材は中古やリースにして初期投資を抑える、狭い座席にして一回の飛行でなるべく多数の旅客を運ぶ、成田や羽田のような着陸料や駐機料の高い空港発着を避ける、あるいは長く駐機させない、折り返し空港では清掃業者でなく乗務員が座席の清掃をする、パイロットなど乗務員は他の航空会社の定年退職者を雇用する、携帯荷物や食事は有料にする、宣伝はネットだけにする、航空会社の公式サイトだけで予約を受けることにして旅行会社を介在させない、空港内事務所は隅っこ、あるいはコンクリート剥き出しでいい・・・。

こんな風にありとあらゆる削減をして運行コストを下げるわけです。また少ない機材で頻繁に飛ばせばコストパフォーマンスが高くなるので利益も出やすくなりますが、その一方、機材故障や天候などで一旦欠航すると代替機材がないだけでなく、他の航空会社に旅客を振り替えることも出来ません。

ですからLCCを利用する人はこれらのリスクをよく理解しておかねばなりませんね。

安い分、何かあったときのデメリットも大きいようです。

LCCの申し込み方

LCCは、ロー・コスト・キャリア の略です。
他の航空会社より安くしているのが強みです。

旅行代理店で販売した場合、旅行代理店は、タダ働きは出来ませんので、手数料をもらわなければなりません。
正規の航空会社の物なら、航空会社より販売手数料がもらえますが、LCCは、「そんな所に払うお金すらもったいないので削りたい。」と言う考えですので、基本的に扱えません。
(扱う場合、チケット代のほかに、取扱手数料の支払いが発生します。)

基本的に、ネット申し込んでクレジットカードやコンビニでの決済。
バウチャーは、自分で印刷か、スマホなどの画面を見せるなどで対応します。

基本はネットでの申し込み!

発券もコスト削減の関係でカットしているんですね。

LCCの荷物料金

LCCでは受託手荷物は基本有料です。
Peachのように1個分が料金に含まれている物もあります。

Air Asia受託手荷物(空港でチェクインする方)
http://www.airasia.com/jp/ja/baggage-info/checked-baggage.page?
Air Asia機内持ち込み手荷物(本当に飛行機内に手で持って入る荷物)
http://www.airasia.com/jp/ja/baggage-info/cabin-baggage.page?
Peach
http://www.flypeach.com/jp/ja-jp/airports/baggage.aspx?utm_source=www_pc_ja-jp&utm_medium=top_mini_banner&utm_term=usual&utm_content=20120907&utm_campaign=baggage
Jetstar受託手荷物
http://www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/checked-baggage
Jetstar機内持込手荷物

サービスが有料の部分が多く、預け荷物がある場合は、荷物の重さに応じて預け料金を支払う方式が多いです(セットになっている場合もありますが)。

荷物にかかる料金も会社によって違うのでチェックしましょう!

LCCの欠航率

1.欠航率が違います。
  LCCは売上げを上げるために1機のフライト回数が多いため
  折り返しの待機時間が短く、トラブル時の予備機もありません。
  スカイマークでは欠航率を下げるため、最終便が電車のなくなる
  2時、3時に羽田に到着することはよくあることですが、
  払い戻しや空港からの交通費はでませんよ。

2.振り替えサービスがありません。
  那覇で台風による欠航があったとします。
  大手は、欠航便の航空券を見せれば、一番早い空席便を無料で手配してくれます。
  LCCは、チケット代金を払い戻して終わりです。
  大手のカウンターに行っても、自社や契約社の振替優先で受付もしてくれません。
  やっと受付してくれても正規運賃を払わないといけません。

これらを考えると実質同じと言えないでしょう。

「欠航率」に関してはPeachはむしろいい方ですが、ジェットスタージャパンとエアアジアジャパン(しいて言えばいまのバニラエア)はやや劣る数字が出ています。
http://www.mlit.go.jp/common/001000193.pdf
この3ページを見てください。ただし、天候要因はどの路線を運航しているかにも左右されるので除外して考えてみます。数字は平成24年度のものです。

JAL(子会社運行のうちJLの便名で運航されるものを含む)0.38%
ANA(子会社運行分を含む)1.08%
日本トランスオーシャン航空(JAL系だがNUの便名)0.39%
スカイマーク    0.35%
AIRDO        0.89%
スカイネットアジア(ソラシドエア)0.25%
スターフライヤー0.79%
Peach Aviation  0.22%
ジェットスタージャパン 1.80%
エアアジアジャパン  0.94%

ただし、これが15分以上の出発遅れを意味する「遅延率」となると、LCC3社は明らかに大手2社に劣ります。(こちらも天候要因除外ベース)
JAL 4.71%
ANA 6.06%
(中略)
Peach 18.41%
ジェットスター 19.07%
エアアジア 33.43%

とにかく価格重視、遅れてもいいから着けばいい、ということであればLCCを選択することも悪くありませんが、ビジネス利用や日程の短い(遅れても笑って済ますような余裕のない)旅行にはまだまだ選ぶのをためらうレベルということです。
悪天候の場合、遅延が発生しそうな段階で早めに便の変更を認めることもある大手2社と、最終的に欠航するまで個別対応することがまずないLCCとの対応の差、というのもあります

欠航率も高くなるリスクはあるようですね。

LCCの座席

ピーチは北海道線を利用したことがあります。
シートは3列3列でエクストラ料金を支払えば少し前が広めの席があったかと思いますが、通常の座席はとてもせまいです。幅はともかく前の座席との間隔が狭いんです。大柄な男性だとひざが前の座席の後ろについてしまいます。なので、窓際に入ってしまうと、トイレにでるのは隣の人にいったん通路に出てもらわないと無理。通路もとにかく狭いです。
なので、搭乗するときもこまかく座席の場所によって入るタイミングをずらせて案内されます。
ピーチは国内線同じ機材を使っているので鹿児島線もたぶん同じかと。

狭いのが我慢できない方には向かないかもしれませんね。

LCCの機内食

LCCってのは「チケット代を安くする代わりに、機内食も含めて、すべてのサービスが有料で、追加料金が必要」です。

んで、機内食ってのは、コンビニ弁当に毛の生えたようなモノですから、アレに追加料金を払うのは馬鹿臭いです。

LCCでの機内食は、基本、列車内で食べる駅弁と同じです。

つまり、事前に買って持ち込む、事前に予約しておく、機内販売されているモノを割高な値段で買う、のどれかです。

当然ですが「機内販売分が売り切れたら、メシ抜き」です。

列車の駅弁と異なるのは「事前予約すると安くなる事がある」ってのと「航空会社によって、食べ物を持ち込めない会社があるので、事前予約するか機内販売を買う以外、何も食べられない事がある」っていう点です。

エアアジアでは、機内への食べ物の持ち込みが禁止されていて、機内食の事前予約で約15%割引になります。

ジェットスターは、予約は無く事前購入で「2食+ドリンク」のセットが3000円で購入できます。

どの航空会社も、予約も事前購入もしない場合、機内販売分は割高になります(販売されずに廃棄される分のコストが価格に上乗せされている為)

ぶっちゃけ「例え3000円払ったとしても、食えるシロモノが出て来るだけでラッキーと思え」です。

あと、事前購入や予約をしないで機内販売分を購入した場合、配膳がかなり遅くなる事があります。

機内食は低温保管されていた物を温めて出す必要があり、上級シートの客から先に、エコノミーでも予約客と事前購入客から先に配膳の準備(料理の温め直し)をして、機内販売分は「最後の最後」に後回しにされます。

場合によっては「搭乗してから機内で機内販売分を注文したら、食事の時間が始まってから2時間後に配膳された」なんて場合もあったようです。

繰り返しますが「LCCには機内食は無いモノと思え」です。

基本手的についていないもの、と思ったほうがようさそうです。

LCCを利用した感想

LCCは、とにかく安く移動できれば良くて、いろんなサービスは要らない、荷物が少ない近場の客はお得になる(機内持ち込みだけなら荷物無料)、自力でやるべきことが多い。
国内線や近隣国など、近距離の移動に向いているものです。

丁寧さ親切さが好きな日本人向きではないのではないかなぁと思っています。欧米発祥のシステムです。
サービスを気にしない人、「分かっていて使う人」なら良いんですけどね。

国内の格安航空会社はスカイマーク、国外でしたらその先駆けとなったサウスウエスト航空を利用したことがあります。あと大手航空会社が設立した子会社の格安航空会社(たとえばUnited Express)も利用した経験があります。

ご質問毎にお答えします。

質問1に対して

正直私の感想は格安航空会社は料金に見合ったそれなりの質なので、格安航空会社を選ぶ基準は飛行機の運賃をとるか、質をとるかというところかと思っています。長距離の移動には格安航空会社のフライトは向いていないと思います。国内だったら羽田と九州間が限界と思いました。国際線だと座席が狭いことが多いので忍耐が必要に思います。また荷物の持ち込みとか融通が利かない部分があります。
荷物も大してなく、移動だけに重きを置いているのであればそれなりにいいのではと思います。
サウスウエスト航空はアメリカの航空会社ですが、西海岸の地域から東海岸の地域へ何時間もかけて飛ぶフライトには不向きです。ただでなくともつかれるのに、格安航空会社だととにかく何でも狭いので疲労感が増します。目安としてせいぜいフライト時間2時間ぐらいが限界かと思います。

質問2に対して

私は欠航の被害を受けた経験はありませんが、たしかにおっしゃっている代替え便が少ないことによる毛欠航や大幅遅れが大手と比べると多いと聞いています。その辺のリスクも料金に見合った質に含まれるのではと思います。また欠航になった時の他社への振り替えや代替えサービス等、大手と比べると融通が利かない面があります。今は倒産してなくなってしまいましたが、アメリカにあったリノ航空という格安航空会社を利用した際、4時間以上遅れたことがありましたがこちらの主張をどんどん言って何とか主張が通り、他社の代替え便に乗った経験はあります。ほかの人に聞いたところかなりラッキーだったみたいでふつうはありえないと言われました。

質問3に対して

スカイマークを使ったことがあります。ただ便の数がJALやANAと比べると圧倒的に少ない印象がありました。旅の都合によって決められたほうがいいと思いますが、予約の仕方等によってはJAL、ANAと料金が変わらないこともあります。
国内便の場合、デフレの影響もあって、場合によってはJAL、ANAの場合がお得なケースもありますのでよく情報を調べられたほうがいいと思います。

最後に私は個人的には多少金額が多い程度であれば格安航空会社を選ばない選択をするのでどちらかというと格安航空会社には否定的な感覚がありますが、選択肢の幅が広がった意味ではよいと思っています。

楽しいフライトをされることをお祈りいたします。

安い分、コストカットやサービスに期待してはいけない。

という部分を理解して利用するべし!という意見が多いようです。

また、長時間よりも短時間での利用をオススメされる方が多いようですね。

LCCで事故があった場合の補償

1.それはあります。
  過去に台湾の航空会社が日本で死亡全損事故を発生させた際に
  日本人への補償が「数百万円」という提示で、それでも台湾人より
  多いという話がありました。
  ちなみにこの場合、補償額は会社の規定のものしか出ません。
  裁判による係争も被害者の国では行えず、航空会社本拠地の
  指定の裁判所になり、法律もその国の法令に従うことになります。

2.前述の通り、物価水準に合わせるように努力しする場合もありますが、
  それが実態に合っているのかは何とも言えません。

3.上限は決まっていません。国によっては自国に乗り入れをする
  条件として賠償金額が決められているケースがあります。
 
JALやANAが無制限になっているのには理由があり、これはアメリカの
航空当局が、アメリカに乗り入れる際には賠償額は無制限にしないと
認めないという方針のためです。アメリカに乗り入れるLCCは上限が
ないということになります。

LCCと言ってもいろいろあります。ジェットスターなどはカンタスがバックに
ついていて、補償は同等と見ていいでしょう。わけのわからないLCCだと
上限が低い可能性がありますね。

また、LCCでも最近は既存の大手航空会社がコードシェアをしている
ケースが出ています。当然ですが、コードシェアの場合はLCCに搭乗を
していてもチケットが大手航空会社のフライトナンバーであれば補償は
大手の内容になり、裁判などもその大手の会社の指定するところと
なります。

1.その会社のある国の相場なのか
2.乗客の国籍によって変動するのか
3.国際民間航空条約(?)で決まっている価格なのか

ピーチ・アビエーションはなぜ国内初?

ビジネスモデルとしてのLCCとしては初という意味で
言われているようですね。日本では従来LCCは
格安航空会社と言われています。料金が格安という
意味であればスカイマークはこれに相当すると
思いますが、LCC=ノンフリル(付帯サービス無し)だと
すると初期のスカイマークはサービス形態はJALやANAと
同じで、工夫によりコストを下げて料金を安く設定してた
ので、ノンフリルLCCではなかったということになります。
現在のスカイマークはLCCと言ってもいいのではないかと
思いますが。

LCCは安いだけではないんですね。

付帯サービスなしというところもポイントです。

まとめ

LCCを利用する上でのリスクを考えた上で、賢く利用しましょう!

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ