リンゴで胃がん予防する方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by アンナ
胃がん予防にリンゴが良いです。

STEP1●癌ができる理由

誰でも一日に5000個のがん細胞ができているそうです。
それを免疫細胞がやっつけてくれているのですが、免疫細胞の働きは、加齢などによって低下します。
残ったがん細胞が正常な細胞を攻撃し、徐々に大きくなります。

STEP2●リンゴががん細胞を自殺させる?

三重大学名誉教授樋廻博重の研究によると、リンゴに含まれるプロシアニジンにより、アポトーシス=自殺が起こり、胃がんの細胞の増殖が抑制されたそうです。
※プロシアニジンを加えると、胃がん細胞のDNAが小さな細胞になり、細胞増殖ができず死んでしまうそうです。

STEP3●加熱して効果アップ

富山大学名誉教授田澤賢治らの研究によると、リンゴを121度で30分加熱すると、抗酸化力が9倍になったそうです。
すりおろしたリンゴを電子レンジで加熱するだけでも、抗酸化力は高まると考えられるそうです。

STEP4●すってチンソーダの作り方

リンゴをすって、レンジで3分ほどあたためて、ソーダ水で割るだけ。
※炭酸ガスが胃の粘膜を刺激し、消化がよくなると考えられます。

まとめ

●まとめ 胃がん予防にリンゴ(プロシアニジン)をすりおろして加熱させる ※ピロリ菌で胃がんリスク高い

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ