簡単な車の掃除の仕方まとめ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2659
  • ありがとう数:0

はじめに

車の掃除のコツをまとめました!

STEP1車の内部

車内掃除のコツ

を教えて下さい。
ちょっとしたことでも構いません。

ドアを開け放って コンプレッサーのエアで
隅々までエアで吹き飛ばしています。

大変素晴らしく綺麗になります。

家庭用の100Vの掃除機を使用すると作業効率がとても良いです。
(尚、作業前は紙パックを交換しておくと吸い取りがぜんぜん違います。)

トランクにガムテープを常備しています。足元の小石から、後部座席の糸くずまで大体とれます。

STEP2車の窓ガラスの掃除

カー用品店などに洗剤なしで拭くだけできれいになるマイクロファイバーなんとかという、
雑巾があります。

窓の内側はこれで拭くとよいです。

台所の食器用洗剤を使っています。

バケツの水に、ほんのちょっと(2~3滴)洗剤を入れ・・・後は普通の雑巾がけの要領で・・・その水にタオル(雑巾)を入れて絞って窓拭きです。

泡も立たない程度のなので、単なる水での雑巾がけと変らない感じですが、意外と効果がありますョ。

ウインドウオッシャーの原液をタオルに含まして拭くと綺麗になります

STEP3車のボディをきれいに!

100均のスプレーボトルに、ウォッシャー液を入れておきます。車体の面積の小さな汚れには、布切れに噴霧してその布で拭いてとります。また、ガン状に調整して、タイヤに吹きつけます。ちょっとして汚れは吹き飛ばし、いつも黒々としたタイヤを維持しています。

ボンネット、屋根には耐久の高いワックスを使い、ドアにはスプレー式の操作性のいいワックスを使っています。

STEP4車の水垢落とし。コンパウンド派とコンパウンド使わない派の回答

やはりコンパウンドが良いですね。コンパウンドを使うと塗装が薄くなる、といって嫌がられる人もおられますが、塗装は紫外線などで表面が酸化して劣化するものです。劣化した塗装を大事にくっつけていても何のメリットもありません。
汚れ易い、汚れが落ちにくい、劣化が進み易い、艶がない、など、デメリットばかりです。
この劣化塗料を落とすのにはやはりコンパウンドです。

市販品の水あか取りは、クリーニング効果だけを取ればどれも大差ありません。その後のワックス効果やその耐久性で差別化を計っているだけです。

コンパウンド使う派の回答↑

コンパウンド使わない派の回答↓

そこでコンパウンドの入っていない水垢落しがありますので、それで水垢を落として、固形ワックスを使用すると手間はかかるのですが、綺麗になりますよ。
ワックスがけを2回するという事になるんですが。
水垢落しに逆にワックス成分が少ないのです。

STEP5黒い車のキズを消す

バフ掛けしてもあまり消えなかったものがガラスコーティングのブリスを使ったところ傷がほとんどわからなくなりました。
特に難しい施工方法も無くとても簡単傷が消え、それ以上につやが出ます。
自分でプロ級のガラスコーティングができバイク、車に愛用しています。

プロが使っている仕上げ剤に超極細コンパウンドがあります。これはお勧めです。住友3M社製ハード・1-Lです。自動車塗料を扱ってる専門店(分からなければ近くの板金塗装屋に聞くといいでしょう)にあります。3000円位です。白色車にも使えますので、これでキズやくすみ、水垢も簡単に取れます。やってみてください。でも毎回となると大変ですのでコーティング加工をお勧めします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ