妊婦さんのつわり 夫側が気をつけたいポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3180
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by pixabay
妊婦さんがつわりの時期、夫側としてはどう接したらいいのでしょうか。

見た目で判断しないであげる

Photo by pixabay
つわりは、なった人にしかわからないので難しいとは思いますが、つわりは、吐いていなくてもとてもキツい人もいます。吐くということだけがツラいのでは無いのですよね。妊婦さんがツラいと感じているのなら、見た目で大丈夫だと判断しないで、優しく見守ってあげてください。

つわりには個人差があることを知る

Photo by pixabay
つわりは、人によっては出産間近まで続く場合もあります。
つわりがあっても仕事を続けられる妊婦さんもいれば、体を起こすことも、眠っている時でさえもツラい妊婦さんもいます。道を歩いていても、ここで吐いたらどうしよう、というような不安を抱えています。
育児書などに書かれてある内容を鵜呑みにしないで、個人差があることを知っておいてあげてください。

夫の接し方で安心感がうまれる

Photo by pixabay
何をフォローしてあげればいいのかを話し合えるといいですね。気遣ってくれているという安心感はありがたいものです。
自宅にいるとストレスでつわりが悪化していても、病院に入院すると症状が楽になったというケースもあるくらいです。安心感により、つわりが多少楽になることもあるのです。

こちらもどうぞ

まとめ

Photo by pixabay
お子さんが産まれたら、母親は今度は睡眠不足が続きます。寝返りをするようになったら今度は、赤ちゃんから目が話せなくなります。というように、母親の喜びもツラさも続いていくのです。
妊娠中から、夫として、又父親としての自覚をもって労りあっていけるといいですね。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ