「ご査収」の正しい意味と使い方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:11901
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by PAKUTASO

ビジネスメールで意外によく使われる「ご査収」という言葉。
特に新入社員の方は、社会人になって初めて目にする言葉かもしれませんね。
ご査収の意味と、どういう場合に使えるのか改めて確認してみましょう。

「ご査収」の読みと意味

読み:「ごさしゅう」

意味:

金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること。
(デジタル大辞泉)

「ご査収ください」は、どういう場合に使えるか

相手に対して、何かを渡した際に「きちんと確認して下さいね」と丁寧にお願いする際に使います。

ビジネスの場面では

  • メールで添付ファイルを送る時
  • Faxで書類を送る時

などが多いでしょう。


使い方例

「添付ファイルにて、お見積書をお送りさせていただきます。よろしくご査収くださいませ」
「契約書をお送りしました。ご査収のほど、よろしくお願いいたします」

添付ファイルや、送る書類もない場合には使いません。

「ご査収ください」にはどう返信するのがよいか

「ご査収ください」とファイルや書類などを受け取ったら

「拝受いたしました」
「確かに受け取りました」

などのように返信し、きちんと確認しましたよ、ということを相手に伝えましょう。

必ず使うべき言葉なのか?

無理に使わなくても、シンプルに
「添付ファイルのご確認、よろしくお願い致します」
「書類のご確認をお願い致します。」
でも問題無いとは思います。

ただ「ご査収ください」いう言葉は、ビジネスの場では目にする事が多いので、正しく覚えておくと良いと思います。

まとめ

正しい言葉を正しい場面で使うということは、お互い気持ちよく仕事していく上でもとても大切ですね。

参考サイト:OKWave「ご査収の使い方について」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ