パートナーを嫌いになった理由から考える 離婚しないための秘訣

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by pixabay
嫌いになった理由を、離婚したひと、離婚したいひと、夫婦仲が良くないというひとに訊いてみました。そこから、ではどうすればいいのかを考えてみました。

我慢し過ぎない

Photo by pixabay

嫌いになるのは、決してひとつの理由ではありません。

許せないこと、頭にきたこと、傷ついたことなど幾つもの原因が積もり積もって嫌いになります。最初は、嫌だなー、でもこんな良いところもあるから許す、くらいの感情で始まっても上手に対処していかないと、ドカンと爆発してしまいます。男性側にしてみれば、そんなに嫌われていたとは知らなかった、なんて不意打ちをくらった形になるケースもしばしば見受けられます。

物分りのいい妻であろうとしたが為の失敗です。早め早めに対処していれば、免れることもあります。伝えたいことは伝えることです。

話すことで離れない

Photo by pixabay

怒って一言も話さなくなったり、顔を合わせなくなったりすることは、余程酷いパートナーでない限り避けたほうがいいですね。大袈裟かもしれませんが、態度が離れていくと、心も離れやすくなります。

一般的に、一緒にお風呂に入ったり、同じ寝室で寝る夫婦は仲が良いようです。

子育て期のズレは必ず解消すること

Photo by pixabay

子育ての考え方で揉めるケースは、よく見られます。

女性側の意見に、辛い時に「みんなやってることだ」と女性なら当たり前という発言をされたことが大きな原因であるというのがあります。子育てに協力することよりも、気持ちを聞いてあげることが大事ですよ♪

男性側の意見として、子どもへの叱りっぷりを見て幻滅し、女性としての魅力を感じなくなったというのがあります。感情的に怒鳴ってばかりでいると、女性として見てもらえなくなりますし、人としての魅力も失うことになってしまいますから気をつけましょう。

まとめ

パートナーを嫌いになる理由は人それぞれですが、離婚をしたくないと考えている方に、参考になれば幸いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ