聞き上手になる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:300
  • ありがとう数:0

はじめに

聞き上手な人は相談を持ち掛けられることが多く、人からも好かれることが多いですよね。
実は出来る営業パーソン(セールス)も聞き上手な人が多いのです。
お客様が何を悩んでいるのか、何をしたいのかを聞き出して、それを解決する提案を行っているからです。

日常生活でもビジネスでも役に立つ「聞き上手」は、少し気をつけるだけでなれるものです。

STEP1相手に興味を持ちましょう。

今日は顔色がいいな、とか、好きなビールの銘柄はなんだろう、とかなんでもいいから相手に興味を持ってください。

自分に話をしてくれる、ということは、少なくとも相手は自分のことを嫌いな訳ではないのです。
ビジネスの時は好き嫌いは言ってはいけません。ビジネスですからそこはがんばって!

STEP2話を聞きましょう。

話を聞き始めると、所々主語がぬけていたり、状況がわかりずらいところが出てきます!
そういう時に「え?それってあなたが?」とか「それはだれがやったの?!」など尋ねてみます。そうすると相手はあなたが自分の話に興味を持ってくれている、とだんだん思えてきます。

STEP3相づちを打ったり、先を促したりします。

相づち :うんうん。なるほど。そうなんだ。
先を促す:それでどうなったの?
賛同する:そうだよね。私もそう思う。

相手の目を見て、うんうんと首を縦に振りながら話を聞いてあげてください。

STEP4

意見を求められたら「あなたならどうしたいの?」など、まずはオウム返しでいいのです。

相手は自分に話を聞いて欲しく、さらに話しながら考えをまとめていることもよくあります。
自分の意見を述べられるときは短めに述べ、相手に聞き返してあげましょう。

まとめ

自分の話はなるべく控えましょう。

関連するタグ

必要なもの

相手への興味、時間少々

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ