東京近郊におでかけするなら 「休日おでかけパス」で得する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2
  • ありがとう数:0

はじめに

GWは、近場でお出かけなら、JR東日本が発行する「休日おでかけパス」がおすすめです。

「休日おでかけパス」とは

Photo by JR東日本

ゴールデンウィーク、東京近郊におでかけするなら、利用すると便利なのが「休日おでかけパス」です。


エリア内なら乗り放題。乗り降りが1日自由にできるきっぷです。


参考:

http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?txt_keyword=%8bx%93%fa%82%a8%82%c5%82%a9%82%af%83p%83X&mode=keyw&SearchFlag=1&GoodsCd=2093

きっぷ詳細


価格

大人2,670円

子供1,330円


利用期間

平成26年4月5日からの土休日および
4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日


つまり、ゴールデンウィーク中など、休日に「使える」きっぷです。


購入できる場所

エリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザなど

エリアは……

Photo by JR東日本

エリアは画像のとおり。


東京の都心部をはじめ、成田や我孫子、北は小山、大宮、川越、西は小田原までがエリア内です。


また、特急券、グリーン券を購入すると新幹線にも乗ることができます。

どれくらいお得?

東京駅⇔成田を計算してみると、

ICきっぷ利用で通常は1,144円。往復だと2,288円。それ以外に違う駅まで行けば簡単にもとが取れる計算になります。

まとめ

ちょっと遠出のおでかけに使えるきっぷです。近場でおでかけする人は検討してみてはどうでしょうか。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集

ピックアップ

ページ先頭へ