カチューシャ=髪飾りは日本だけ?カチューシャの由来

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:3565
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by OたすK隊
3月26日は「カチューシャの歌の日」です。この歌がきっかけで、カチューシャが流行ったそうです。
そこで髪飾りがカチューシャと呼ばれるようになった経緯や、言葉の由来などが書かれたQAをあつめました。

カチューシャは何語?

カチューシャはロシア語です。女性の名前で、エカテリーナ(Ekaterina) の愛称形です。

トルストイの「復活」の主人公・カチューシャを松井須磨子が演じて人気になりました。(参考URL)

劇中で須磨子が歌った「カチューシャの歌」がヒットし、カチューシャ(須磨子)の髪飾りも若い女性たちが真似て、その髪飾りの名前になりました。

ということで、ロシア人にあの髪飾りを指して「カチューシャ」と言っても通じないと思います。

カチューシャは、ロシア文字で Катюшенька と書き、Ekaterinaは英語形では、
Katherine, Katharine, Catherine, Catharineとなります。

ロシア語がもとだったんですね。

カチューシャ頭が痛くなるもの?

■一般的なカチューシャ
http://item.rakuten.co.jp/lapin-accessoires/h2211501?s-id=sd_browsehist_search
こういうタイプは、ある程度、頭を締め付けることによってカチューシャが
ズレないように安定させているので、頭が痛くなることはあります。
自分の頭の形に合わなかったり、カチューシャ自体が重かったりすると
私の経験上、高い確率で頭が痛くなります。ガンガンに痛くなることも…

■コーム付きカチューシャ
http://item.rakuten.co.jp/camiya777/b10-172/
こういうタイプだと、比較的まだ安定しやすいので、頭の締め付け感も
それほど強くないですが、それでも硬い部分が当たったりして、痛くなる
ことは少なくはないです。


こういう↑タイプと違った、アバンドタイプのカチューシャがあります。
(調べてみて知りましたが、正しくは『カチューム』と言うらしいです)
これなら頭が痛くなる心配も無いですよ。

■カチューシャっぽく見えるカチューム
http://item.rakuten.co.jp/lapin-accessoires/9018/

■リボン風カチューム
http://item.rakuten.co.jp/ristores/090010001/
  
色んな可愛いのがありますから、お気に入りを探してみてください!

締付けるタイプは長時間つけておくと痛いですよね…!
長時間つけてもいたくないタイプを選ぶといいかもしれません。

カチューシャ 男の人がつけると変?

ヘンじゃないです。
デスクワークでない職業のかた、運転手さんとか工場の現場仕事の方々、、、よくしてますよ。ある程度、髪を長くしてカチューシャで上げてしまう方が邪魔になりません。仕事の時、うっとおしくなるのは男でも女でも同じです。

仕事がらカチューシャをつける人もいらっしゃるんですね。
回答数5件寄せられていますが、男の人がつけても変ではない!というご意見の方が多かったです。

カチューシャが流行している?

流行るものの法則は海外のファッションショー⇒海外セレブ⇒日本の若者といった流れなので、日本で爆発的に流行るのには少し時間がかかります。(若年層)

例:ワンピースやシャツ・カットソーの上からベルトでマークする着こなしは2005SSのミラノコレクション・プラダから始まったように思います。今若い子向け雑誌でバンバン掲載されているのも、海外からすれば1年遅れです。

長々とすみません・・・

海外で流行してから日本で流行という流れがあるんですね。
次にブームがくるのはいつなのでしょうか。

カチューシャとヘアバンドは違う?

カチューシャは切れ目があるもので、ヘアバンドは輪になっているものです。輪になっているもので太さがある場合にはターバンと言ったりもします。

境界線が難しいところですね!

ロシア民謡の【カチューシャ】って軍歌ですか?

簡単にウィキペディア日本語版を張っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3_(%E6%AD%8C%E6%9B%B2)

ロシア語版(すなわちイサコフスキー作詞の原歌詞)では、戦場に赴いた恋人に思いをはせる女性の歌となっています。
歌詞の日本語訳はこちらが望ましいものです。
http://www.worldfolksong.com/songbook/others/russia/katyusha.htm
軍歌というよりも、戦争をキーワードとした恋の歌ととらえるべきでしょう。
分かりやすい解説としてはこちらでしょうか。
http://sea.ap.teacup.com/chaika/131.html
第二次世界大戦当時の兵士たちもこの歌を聴いて親しみを感じたので、自然と行進曲になったものかもしれません。
なにしろリズムがフォックストロットですし、行進曲にはおあつらえ向きだったわけです。

なお『カチューシャ』は民謡ではなく歌謡曲であり、2011年の時点ではまだ著作権が消滅していないので、歌詞を許可なくウェブに掲載したり翻訳したりすることは本来違反となっています。

「イタリアでは、軍歌というよりレジスタンス運動のテーマ曲として歌われた」とウィキペディアにありますが、こんな歌です。もちろんイタリア語の歌詞です。
http://www.youtube.com/watch?v=N6HCNwyfvdo

カチューシャとは多連装ロケット砲の事ですか?

BM-13やBM-2-4を指して言いますが、正式名称ではなく西側がそれらを指してカチューシャと呼んでいます、ソ連軍のロケットランチャー全般を指して。

カチューシャと検索したら、兵器とでてきました。

AKB48の「カチューシャ」の意味

カチューシャが髪飾りなのは去年の「ポニーテールとシュシュ」から始まる初夏向けの戦略として、髪に関するキーワードを入れて水着でPVという方向性じゃないかな、

カチューシャといえば思いだすこの曲!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ