<空の青さ>について詳しくなる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

子供は何でも疑問をもちます。大人にとってどうでもよい事や、くだらいな事、考えもつかないような事など……。 でも、大人はつい忙しさや面倒臭いなど、曖昧にしたり、誤魔化したり、もしくは本当に知らなかったりしますね。 「空はなぜ青いのか?」 本気でお答えしましょう!

STEP1■二種類の太陽光

太陽光は実は、青と赤の二種類です。
太陽光が大気に出会うと、青い光から「散乱」を受けていきます。
ちなみに散乱とは光が大気中のごく小さな物にぶつかって散らばることをいいます。
大気の層は薄いので、青い光の散乱が際立ち、それが目に届いて空が青く見えるのです。

STEP2■夕方になると

ちなみに夕方になって日が傾くと太陽光線がより長い距離の大気の層をくぐってくることになるので、青い光はその早い段階で散乱してしまい、地上にいる人の目に届きません。
しかし赤い太陽光は最後まで散乱しにくいので、地上に届き、夕日や夕焼けは赤く見えるのです。

STEP3■わかりやすい言葉で説明

子どもにとっては難しい内容ですので、わかりやすい言葉で説明しましょう。

まとめ

もし、子供に聞かれたら自慢気に答えてみましょう♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

豆知識

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ