最も危険なダイエット「断食」の落とし穴と適切なダイエット方法の極意

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4799
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 美女のモト編集部
数あるダイエットの方法の中でも、即効性があって数日で”痩せたつもり”の錯覚に陥る断食というダイエット方法。試した事がある方も多いと思いますが、なぜかダイエット前より太りやすい体質になり大きくリバウンドしませんでしたか?

それにはちゃんと理由がありました。

働く女子応援アプリ「美女のモト」がQ&Aサイト『OKWave』に寄せられたお悩みから、一週間断食をしましたというお悩みをピックアップ。管理栄養士・前田あきこさんからのアドバイスと合わせてお届けします。

専門家から見ても、決しておすすめできるようなダイエットではないようですよ。

イラスト(C) シンフィールド/よぷのん

一週間断食しました。

よろしくお願いします。

私は身長158cm体重53キロでふっくらした体型です。
一週間断食して5キロ痩せて、48キロになり、お腹はペッタンコになったんですが、目標は45キロです。

でも、そろそろ体調、体力もあるので、食事を始めようと思うのですが、(今のところ体調に問題はありません。)45キロまでに持っていくには、何を食べればいいでしょうか?
本当にすぐに筋肉のつく体質で、48キロ位で運動を始めると細くなりません。

一度でいいから、華奢になってみたいです。

どなたか教えてください。

【お悩み】一週間断食をしました。一度でいいから華奢な体になってみたいです。

断食でやせた分は何を食べても(どんなに低カロリーでも)すぐ2-3kgは戻ると思っててくださいね。
極端な話、今は胃腸の中が空っぽ=食べると便として溜まる+軽い脱水状態で「見かけ上やせてる」だけです。。腸内細菌等もあるのでまったく腸内に何もない状態は保てません。

無理なダイエットは骨までやせます=つまり、骨折しやすくなりますよ。

1kgやせるにはおおよそ7800カロリーが必要なんですからね。おまけにビタミンやミネラルのバランスも必要です。食事制限だけでやせると代謝も悪くなって、だんだんやせにくくなってきます。

本来、158cmで48kgはすでに「やせ」の部類に入ることを自覚してください。
月に1-2kgペースでゆっくりしないとリバウンドが怖いですよ。
←某ダイエット食品等で痩せても1年後もやせた状態を保てる人は少ないそうです。

お勧めは糖尿病食の料理本です。栄養のバランスは取れてかつ低カロリー。

【みんなの回答】断食で痩せた分は必ず2~3kg戻ります。また、無理なダイエットは骨まで痩せてしまい危険です…。

Photo by 美女のモト編集部
【専門家からのアドバイス】管理栄養士・前田あきこさんはこう考える!

個人的に自己流の断食をするのは論外。

 通常の体重は、飲食したものやそれに伴う排泄物、代謝産物も含めた重量を計っています。一時的に欠食が続くと、食事を抜いた分だけ腸の内容物と体水分が主に減少するため、体重が軽くなりお腹まわりが細くなったようにあらわれます。

 自己流の断食をおこなうと、体内の栄養状態は確保されていないため、表面的に体調がよいと感じていても、潜在的には体内の機能が低下しまっています。

 初期では脱水とエネルギー源の確保のため、タンパク質の異化傾向となり、肌や筋肉などの組織が削がれて身体がやつれてきます。ここでは体脂肪は消費されません。

 にわかに体重が減ったとか身体が細くなったとかぬか喜びをして、食事を含めて生活を戻し始めれば、腸の内容物が増えた分だけ体重量を感じ、水分を取り戻そうと細胞は必死にとり込み、今までよりもやつれている身体はさらにエネルギーの使い方が下手になっているために余剰分が体脂肪に蓄積されやすくなります。

 リバウンドを予防しながら適切に断食という手法を選ぶ場合に大切なことは、内臓を休ませる程度の食事調整以上に、断食ともいえるほどの食事制限をする際には、必ず、栄養状態が管理できる医療機関の専門家にサポートをうけながら取り組むことです。

また、ダイエット中に運動をして、ある程度の筋肉がつくことによる体重の停滞がおこるということは、今のライフステージにおいては、その体重が適正であるか身体が吟味している時期ともいえます。

 がんばって取り組んでいる人ほど心が折れやすくなる時期ですが、踏ん張って同じ強度のダイエットを続けることが大切。すると、身体のほうで、無理や問題がなさそうだと判断されますので、そのときにはまた体重やボディラインに変化が訪れますよ。

筋肉を太くせずに、軽量で細い引き締まった筋肉を求めるのであれば、正しい姿勢でのランニングが最も効果的
 一般的な運動をし続けてるだけで、アスリートのような筋肉隆々の身体になってしまうというのはありません。崩れた姿勢で走り続けると、偏った一部の筋肉にのみ負担がいってしまい、そこだけ有酸素運動ではなく筋力トレーニングをしているような筋肉の刺激をうけてしまいます。この一部分の筋肉の張りをうけとめて筋肉がついたかのように感じる女性は多いようです。

しなやかな筋肉をつけるには、背筋を伸ばして、関節を大きく動かしながら、子鹿のように華麗にランニングすることをオススメします。

前田あきこさん
管理栄養士/パーソナルコンディショニングコーチ
女性ライフクリニック新宿 ダイエットカウンセリング担当 。『わかる、カラダ、かわる。』をテーマに、QOLを向上させる心と体との付き合い方を伝えるカウンセラー。五輪選手やトップアスリートの栄養管理とボ ディコントロールを手がけた経験もある。http://time-line.jp/wp/SPECIALIST/akikomaeda

まとめ

Photo by 美女のモト編集部
毎日更新!!働く女子応援アプリ
「美女のモト」
http://apps.okwave.jp/bijonomoto/

日本初、最大級のQ&Aサイト『OKWave』に寄せられた、仕事と結婚、恋愛、人間関係など多くの女性が抱える悩みを、専門家のアドバイスやユーザーから寄せられた解決方法などを交えて紹介する読み物アプリです。

>>アプリのダウンロードはこちら
iOS版:http://bit.ly/1gvxSNj
Android版:http://bit.ly/1cCvhkR

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ