円満退社のための心得

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by isily
転職や退職を決めたら、会社に辞めることを伝えなければいけません。
でも、後味も悪い辞め方はしたくありません。
円満に退職するためには、どのようにしたら良いのでしょうか。

STEP1円満退社は、次の仕事のためにも大切です

Photo by isily
どんなに環境が悪くても、どんなに人間関係が悪くても、前の会社を悪く言う人は新しい職場でも敬遠されがちです。
また、退職や転職の手続きで人事部や上司同士が連絡を取り合うこともあるので、けんか腰で辞めてしまうと、前の会社から悪く言われてしまい、新しい職場で立場が悪くなるという可能性もあります。

「立つ鳥後を濁さず」でマナーや規定を守り、円満に退職することが大事なのです。

STEP2退職までに色々と準備をする

Photo by isily
まず、一番大切なのが退職までのスケジュールを確認することです。
大切な仕事を任されているのに、中途半端なところで抜けてしまえば迷惑がかかります。そのため、仕事のスケジュールなども考慮して、やめる時期を決めます。
転職活動や生活費などについても、きちんと計算する必要があります。
雇用保険があるから、と期待してはいけません。給付は退職後すぐに受けられないため、当てにするのであれば、きちんと調べておくことが必要です。

次に会社の規約や退職に関する法律、マナーなどを調べましょう。
退職の意志は、会社を辞める1ヶ月前までに伝えるのがマナーですよ。

STEP3上司への伝え方

Photo by isily
仲の良い上司でもそうですが、そうでない場合は余計に言い出しづらいですよね。
でも、そこはぐっとこらえて、仕事の合間などを見計らって、「相談がある」など、できるだけ他の人がいない場所で会社を辞めたいことを切り出しましょう。

退職理由は、会社への不満などは隠して、どうしてもやりたい仕事がある、勉強しなおしたいことがあるなど、素直に伝えて、考え抜いた末に辞めることを決めたという感じで伝えましょう。
嘘をついて、転職手続きの時などにばれてしまうとトラブルの元になるので気をつけましょう。

上司によっては辞めさせないために色々と言ってくるかもしれませんが、ここは事前に勉強しておいた規約や法律を披露して、上司のタイプに合わせてうまく乗り切りましょう。

STEP4引継ぎや手続きはスムーズに済ませましょう

Photo by isily
退職日が決まったら、様々な手続きや引継ぎを済ませなければなりません。

退職届けなどは、会社の決まった書式などがあれば、必ずその書式を使いましょう。
仕事の引継ぎや自分が保管しているデータや書類などの処理は上司や同僚と相談しましょう。
有給消化などがある場合、休みに入る前にきちんと引継ぎしておく必要があります。
必要に応じて業務マニュアルを作るなどして、後任が混乱しないようにしておきましょう。

会社から貸与されていたものはきちんと返却し、ロッカーや机に私物を残さないようにします。返却時にはきれいに掃除しておきましょう。

健康保健や年金、雇用保険、税金などの手続きを済ませ、お世話になった方たちにきちんと挨拶して退職するようにしましょう。
笑顔で見送ってもらえるように最後まできちんとすることが大事です。

まとめ

Illust by フリー素材イラストサイト「イラストAC」より

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ