はじめてのゴルフ!用語編5【ゴルフクラブ仕様の用語】

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1367
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by rensenblink
まったくの未経験からゴルフを始める方々のために、
それぞれのカテゴリごとに、一からゴルフをご案内します。

ゴルフのクラブを買う時や、レッスンなどの会話に
クラブそのものの仕様に関する専門用語がよく使われます。

意味がわかる方が、自分に合ったクラブ選びもやりやすく、
上達も早くなります。


★毎週月曜日に新着記事を更新予定!★

【関連リンク】
▼その他の「用語編」記事はこちら
http://okguide.okwave.jp/features/golf#cate03

STEP1【フェースの角度を表わす「ロフト角」】</b>

Photo by rensenblink
ヘッドに関する仕様の用語はとても沢山ありますが、
もっともよく使われるのは「ロフト角」だと思います。

これは、クラブを自然に接地させた時に、
フェースがどのくらい斜めになっているかを表すもので、
数字が大きいほど上を向いています。

フェースが上を向くほど、
打ったボールは高く上がりやすくなり、
その分飛距離は少なくなる傾向にあります。

遠くに飛ばしたいドライバーなどのウッドはロフト角が小さく、
グリーンの近くでなるべく飛距離を小さくしたいウェッジなどは
ロフト角が大きくなっています。

STEP2【アイアンヘッドの形状】</b>

Photo by rensenblink
アイアンのヘッドは各メーカーが色々工夫していて、
様々なデザインがありますが、
大きくは2種類に分かれます。

ボールを捕らえる芯の部分を大きくするために、
フェースの裏面の周囲に厚みを持たせて、
中心部分を窪ませたものを「キャビティ・タイプ」、
こういった処理をしていないものを「マッスル・タイプ」とか
「ブレード・タイプ」といいます。

「キャビティ」は芯が大きいのでミスショットを減らす効果があり、
初心者や中級者に好まれます。

また「マッスル」は芯が小さい代わりに、
強いボールが打てるので、プロや上級者が好んで使う傾向にあります。

STEP3【ボールの掴まりをよくする「グースネック」】</b>

Photo by rensenblink
アイアンのフェース部分は、
クラブによってシャフトの位置より
後ろにセットされているものがあります。

どのくらい後ろになっているかを表すのが
「オフセット」です。

これは、よりボールをしっかりと捕まえて、
ボールがスライス(右利きの場合右に曲がる)しにくいように
設計されたものです。

「オフセット」が大きなクラブは、
「グースネック(雁の首)」と呼ばれています。

しっかりとボールを掴まえられる上級者は、
逆に掴まりすぎて左に曲がらないように、
「オフセット」の小さなクラブを選ぶことが多いようです。

STEP4【ヘッドが大きいほどフェース向きは変わりにくい】</b>

Photo by rensenblink
クラブのヘッドは、
大きくなるほどフェースの向きが変化しにくいという特性があります。

フェースの向きが変わりにくければ、
間違ってボールを曲げてしまうことも少なくなります。

初心者や中級者は、フェースの向きがぶれにくく、
ボールに当てやすそうな見た目の安心感もあって、
ヘッドの大きなクラブが使いやすいようです。

プロや上級者になると、
意図的にフェースの向きを微妙に変えたいので、
あまり大きなヘッドは逆に使いにくくなります。

ヘッドの大きさの違いはパターなどには顕著に現れています。

STEP5【シャフトの仕様は打ちやすさに直結】</b>

Photo by rensenblink
シャフトの重さや硬さが、
その人ごとに合っているかが、
最も使いやすさに影響があるといえます。

ですから、クラブのシャフトには
人それぞれ自分に合ったものを選べるように、
とても多くの種類があります。

重いシャフトは硬く、軽いシャフトは柔らかい傾向にあります。

各メーカーごとに基準はまちまちですが、
概ね、重い順に「X(エクストラ)」「S(スティッフ=硬い)」
「R(レギュラー)」「A(アベレージ=平均的)」
「L(リンバー=しなやか、またはレディース)」という目安の文字が
シャフトに書かれています。

軽いほうが飛距離が出やすく、重いほうが方向性が安定する傾向にあります。

女性用の場合はほとんどR、A、Lですが、
最近ではより細かく性能が分かれていて、
数字で自分に合った仕様が選べるようになってきています。

まとめ

Photo by rensenblink
クラブの性能の違いは、
打ちやすさやボールの飛び方に大きく影響します。

自分の体力や打ち方に合ったクラブを選ぶことは、
上達も早くなり、楽しくラウンドするために重要なポイントです。

【関連リンク】
▼その他の「用語編」記事はこちら
http://okguide.okwave.jp/features/golf#cate03

(Photo by freepic & rensenblink)

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ