お子さんの花粉症の症状を和らげるコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by 桃井 木の子
低年齢で花粉症になってしまったお子さんをもつお母さんのために、少しでも和らげてあげられる方法をお教えします。

STEP1お風呂の入り方

Photo by 桃井 木の子
入浴中がとてもツラくなります。普通なら、湯船に浸かっていると身体がぽかぽかと温まってきて気持ちのいいものですが、花粉症になっていると強烈に目が痒くなる場合があります。そんな時は、とにかく瞼を冷やしましょう。湯船に浸かりながらも、瞼の上には冷やしたタオルを載せて、瞼を冷やしましょう。タオルがぬるくなれば、何度でも冷たいタオルと交換してあげましょう。

STEP2マスクや眼鏡

Photo by 桃井 木の子
外出する時には、マスクや眼鏡や帽子で花粉が顔に付着するのをガードしましょう。つけるとつけないのとでは、だいぶ違うようです。花粉対策の眼鏡も売られていますから、利用するといいでしょう。
寝ている時にも注意が必要です。朝目が覚めると、目ヤニがベッタリと糊状にくっついて瞼が開かないほどにひどい時があります。びっくりしますが、お母さんは慌てないでぬるま湯で拭ってあげてましょう。
花粉症のお子さんは鼻が詰まりますので、口を開けて寝ます。ですから、喉がカラカラになり風邪などにかかりやすくなってしまいます。お子さんが嫌がらなければ、マスクをしたまま寝るのもひとつの方法です。

STEP3他にできること

Photo by 桃井 木の子
小学高学年くらいで自分で眼科に通えるようでしたら、痒くてたまらない時に行きつけの眼科で目を洗ってもらうといいでしょう。眼科によっては、洗いに来るだけでもいらっしゃいと言ってくれるところがありますから、そういう眼科を見つけておくといいでしょう。

痒いとイライラしますし、薬を飲ませているようなら眠くてボーーっとすることもあります。ですから、お母さんはなるべく穏やかにいてあげてください。一緒にツライ季節を乗り越えてあげましょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ